スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『J.CREW』が撤退
よく行くショッピングセンターに『J.CREW』が入っていて、
何度か見てるうちに、あらっ♪なんか好きかもーーと思い始めて(名前は知っていたけど、買ったことはなかった)、
次のバーゲン時には買ちゃおうかな~と楽しみしていた今冬。(プロパーではなかなか^^;)
で、行ってみるとなんだか妙・・
このあたりのブランドになるとそうそう値引きしないよねと考えるのが普通だけど、かなりうはうは^^な感じ。。
それにNew Arrivalのコーナーもないし。。
おかしいなーと思ってサイト見たら、2月末に日本から撤退するそう。
なんだ、そういうことだったのね!・・と、久々にたんまり買い込みました。

あと、調べてて知ったんだけどNYが発祥なのですねー。
1989年、South Street Seaportに初の路面店が出来たんだそうです。
アメリカンカジュアルってものすごく好きってわけでもないけど、
『J.CREW』のようなシンプルで大人っぽい香りがするアメカジはOK。
ここの服は、着たら品よく見えそう~って感じと笑、大人のラブリーさがある服もあったりするとこも好き。

アバクロなんかは着られる年じゃないし、着られる年だとしてもあんまりかな~~って感じだけど、
アバクロお姉さんブランドの「RUEHL No.925」は大好きっ!!
RUEHLは、NYという街がコンセプトなので(“NYC”という文字もよく入る)それが好きってこともあるけど。

で、オバマ大統領の就任式の時に、娘さんが着てたのも『J.CREW』だそう。
と思ったら、娘さんだけじゃなく、母でありファーストレディでもあるミシェル・オバマさんも着られてるようで、
TV出演の時にはいていたスカートは即時完売とのこと。
ブランドでも一桁違うようなものを着ていると思いきや、意外と庶民的~♪

090207J-CREW[1]

んなわけで。
今回一番のお気に入りがこれ。
ダウンを着だしてから、もーその軽さ暖かさにはまって冬はほぼダウン着ているわたくしですが、(中は薄着でいられるのがなによりいいですね。着膨れするのはイヤだし、かといって寒いのはもっとイヤ笑)
こういう袖なしのが1着欲しかったんです。

ピンクしか残ってなかったってこともあるけど、
ピンクLOVEなので問題なし笑♪
店のおねーさんが着てた紺なんかは他の服に合わせやすいけど、きっと早々売り切れたんだろうし。
裏側がボアになっていて、暖かさ2割UP!ってな感じもよいです。

ちなみに、昨年末から順次閉店していたもようで、
残すは、横浜ランドマーク、アクアシティお台場、ららぽーと豊洲、ららぽーと柏の葉
の4店舗となっているようです(2月22日終了)。

今後日本で買えないのは残念だけど、海外に行った時に“必ず覗く店”が増えたので楽しみ!
スポンサーサイト

NYの冬~Tiffany
tf1224[1]

5年ほど前の今ごろ、
新聞に掲載された“ティファニーの広告”です。(たぶん日経)

新聞などとってなかったし、たまたま見つけたんだと思うけど、一目見て心奪われ大事に切り抜いた記憶があります。
写真のように鮮やかではないけれど新聞紙ならではの質感が雰囲気に合っていて、
全面まるまるというのもかなりのインパクトでした。
今でもNYのクリスマスというと、この情景を思い浮かべます。





かの有名な小説のせいもあると思うけど、
やっぱりNYの5番街にあるティファニーは、特別な感じがします。
そこになきゃダメというか。(同じ意味で、アッパーウエストにはゼイバーズ
これもアッパーイーストじゃダメなのよね~。なんとなく分かる人には分かるかな?)

初めてティファニーの店内に入ったのが確か2度目のNY(2002’)で、
ガラスケースが手垢で相当汚れていたのが印象深く笑・・他はイマイチ覚えていないのだけど。
でも建物の佇まいはとても好き。(特にホリデーシーズンがいい)
季節によって変わるショーウィンドウのディスプレイも、行くたびに楽しみ。

下は2005’ホリデーシーズンに撮ったもの。
この年のテーマは、タータンチェックだったんですね。

NY2005_tf02[1]

まだ自分のものを買ったことはないけど、
今後何か記念になるような装飾品が欲しくなった日(そんな日があるのか分からないけど)には、
NYのティファニー本店で買おうと決めてます。(買おう、じゃなくて買っていただこう。か笑?)
数ヶ月前に突然この考えが浮かび、何故か確固たる気持ちに変わりました。

・・なんなんでしょ笑。



Bitten~Sarah Jessica Parker
先日NYに行った友人にお願いして、念願だったTシャツを買ってきていただきました♪
まじうれしい・・。

自分でも今年こそ3年ぶりのNYに行って「そこでそんなに時間を使うか普通!」ってくらい、
安くて可愛い服を見倒したかったんですけど、やっぱり年内はぜんぜん無理そう。。
センチュリー21、Daffy'sなどのディスカウントショップはもちろん、マンハッタンの各エリアにあるH&Mに
片っ端から入ってみたりと(店舗によって少しずつ品揃えが違う気がするのは気のせいか)、
“掘り出し物あるかも系”にとっても弱いわたし笑。
だけどこういう店って、何時間も夢中になって結局大した収穫もないことも多々。
(お?これは!!ってものに会うこともあるけど、時間対価を考えたら基本はギャンブル)
我ながらアホだな~~と思うけど、やめられないことってありますよね笑。

昨年nさんがいち早くNYで買ってきて、いいないいな~と騒いでたやつ。
一番欲しかったデザインです!
しかしNYに関してだけは、私はどんだけベタなロゴTでもウェルカムだな。むしろそれが欲しい。
NYCとかね、最高だ~笑。


bitten.jpgサイズはS。
アメリカだし日本のMくらいでしょ~と思ったら、かなり細身です。
胸からウエストあたりはまあなんとか見苦しくない程度のピチピチ感だけど、懸念していた肩が・・やっぱりでした。
いかにもここが肩ですっっ!!て言ってる感じ涙。(骨太でどちらかというとハンガータイプなもので)
他のトップスもわりと肩回りが内に入っているような感じのデザインが多かったそう。
サラの体型に合わせてなのか?と思ったけど、この写真見るとかなりきておられますよ。。(筋肉はうらやましい)
あ、でも襟は首周りにぴたっとフィットするように作られていて、スポーツTシャツとは違うおされさが感じられてよいですね。




bitten02.jpg
『Bitten』のコンセプトの一つが、20ドル以下で買える服だそうで、Tシャツも1000円弱程度でとっても嬉しいんだけど。。
「SEX AND THE CITY」のイメージを期待していくと、どうなんでしょう。
(もちろん違うことは重々分かってるけど)

ってことで、次回はここも検証してくるつもり。
(また時間が~笑。つーか、次回っていつだ~笑)





NYを想う日
DSCN0839.JPGあの9.11から5年の月日が流れた。
今日は色んなところで関連ニュースが報道されていたと思うけど、
NYタイムズに載っていたある写真(※More Photos > "Ground zero at sunset on Aug. 16, 2006")に見入ってしまう。




私が初めてグラウンドゼロを訪れたのは翌年の3月。
当時現場近く(展望台)まで行くには、まずWTCとは駅をはさんで反対側にあるサウスシーポートで整理券を貰う必要があった。
終日気温零下という激寒の日で、ブルブル震えながら何十分も歩いたことを思い出す。
今なら地下鉄をうまく乗り継いで、なるべく無駄に歩かないようにと考えるが、(それでなくても、マンハッタンは歩きすぎてしまうので)
あの時は2度目のNY、しかも12年ぶりという状況だったので、どこへ行くにも失敗だらけだった。
(以下回想交じり~
地下鉄も12年前は怖くて乗れなかったから、この時がお初。ローカルのつもりが幾度なくエクスプレスに乗っている自分、
そして100丁目からどんどん上に行ってる?!と気付いた時のいいようのない焦りと不安・・
「こ・・これどっちかな(Lc or Exp)??えーいもう分かんないから乗ってしまえーー」なんてことを2度3度となく、、それでも間違えまくった。あの恥ずかしく悔しい経験があるから、地下鉄を縦横無尽に乗りつくせた日には(あくまで自分なりに)無上の喜びを感じる私。笑)

展望台に立った時、ぽっかりとなかった。見上げたらそこにあったであろう巨大なタワー。
ぽっかりと開いた大きな穴に現実感があるかと言われればなかったが、側面に立つビルの壁のえぐられた跡や、展望台の真ん中に設置してあった「盛られた砂(砂塵や残骸)」を見たときにあぁ・・と思った。
タワーが崩壊するなんて現実はとてつもなさすぎて、きっと普通の想像力では追いつかないのだろう。
あれから、堰を切ったように何度もNYに行ったけど、やっぱりあのテロがきっかけになったとしか言いようがない。
あんなに憧れていたNYに一度行ったきり、その後何十年もその想いを放置していた。
多分行こうと思えばいつでも行けるとタカをくくっていたんだろう。(行けなかったくせに)
でもあの夜、タワーが崩壊するまでの一連の映像を見て、心がしんしんとするまで色んなことを考えた。
本気で行きたいところには自分から行かなくちゃ。と思った。
(向こうからは来てくれない、当たり前だけど)
あの事件は世界中の人それぞれに何かを考えさせるきっかけになったと思う。
私もそう、だからずっと忘れることができない。

先日「ユナイテッド93」も観てきたけど、感想はとりとめがなくなってきたので途中で書くのをやめた。
当分行きたくても行けないし、最近またNYへの恋心がつのってるしでよけいとりとめがなくなるのかも。

あーあ、今日はもう最後までとりとめなく終わろう・・。

9・12 追記

そういえば昨夜『完全映像化独占放送筑紫哲也・安住紳一郎NYテロ5年目の真実』という番組を見ていて、
テロ直前に“ビンラディンがアメリカを攻撃することを決意した”というような題名のメモが、FBIからブッシュ大統領に提出されたというくだりがあった。
それに対して、アメリカ政府関係者が

「大統領はそのメモに全く関心をしめさなかった、イラクのこと、○○のこと(ここは失念)、スターウォーズのことは話し合ったのだが、、あの時あのメモについてちゃんと話し合っていれば・・・(もしかして防げたかも)」

と悔しそうに語っていた。
・・・・・スターウォーズ?
なんだなんだ、お国の一大事がすぐそこに迫っているというのに、スターウォーズのことをホワイトハウスで議論してたって??
はああ~びっくりだ。
SWファンとしては、SWは国政も左右するのかやっぱすごいわ(*^^*)。なんて気持ちもなきにしもあらずけど、ねぇ・・・イラクとかの問題と同列って・・。
聞き間違い?それともあのシリアスな特番の中で、あえてアメリカンジョーク(普通にしゃべってたけど)だったのか?

一度やってみたかった
ライブ中継。
マンハッタンの朝7:30(東京は夜9:30頃)。

携帯で
「雪は残ってる?」「ほとんど残ってない」
「で、ボストンから結局何で来たの?」「んーと深夜バス、50ドルくらいだった」
「今日は何すんの?」「SUPREMEとUNIONとSTUSSYに行く」
(それっていつもと一緒じゃん( - -) それにめちゃくちゃ寒いよー!と言ってるわりに薄着・・・。)
「あ、今黒人の女の人とすれ違ったね」
などと、さんざん話した後、

live.jpg

「あ、そーだ。なんかやってみてよ!えーとえーと。。まるとか!!」




こんな時『まる』しか思いつかない私って・・でもこれしか思い浮かばなかったのよね^^;すまない。。
今までTQのライブカメラを見ては一回やってみたいねーなんて話はしてたけど、実際やってみたら、むちゃくちゃ楽しい!
『世界の窓』 最高~♪♪
(ここFRIDAY'S(CAM4)前なら、携帯ない時は公衆電話でもいけますね)

| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。