スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンハッタンの夜景、あちこち。
【夜景その1】

マンハッタンを外側から眺める、というと真っ先に浮かぶハミルトンパーク。
今回こそ!と思ったのですが、ネットで検索かけても行きかたがイマイチ分からない。
そこで既に行ってるmさんに聞いてみると、
すごく良かったんでもう一回行ってもいいよーと言う。
わ~い、願ってもない展開だ笑!

ポートオーソリティ前にバンみたいな小さいバスがいっぱい停まっていて、そのうちのどれかに乗るらしい。
どこかの誰かのサイトで“fuji”と書いてあるバスに乗っていく・・みたいなことが載っていて、
見渡すと確かに車体の横ボディにそう書いてあるバンもいた。
でもそれがどこ行きなのかは、見た目では全然分からないので、
やみくもに“fuji”バスに乗れ!ってことでもなさそうだ。
で、mさんが「これこれ」と言って乗り込んだバンも、そこらに停まってるやつと見分けがつかず、、
乗客がいっぱいになると、すぐに出発。
・・・一人だったら、こんなの絶対乗れないね。。アバウトすぎる笑。

リンカーントンネルを渡り、右方向へそれるとすぐにガソリンスタンドが(右手に)見えてくる。
そして住宅街に入って少しすると、ドーンとマンハッタンが・・というのは、どこかで読んでいた通り。
いいタイミングで運転手さんに停めて~、と言えばOK。
そうか乗ってしまえば簡単だ。でも、次回また同じバスに乗れるかと聞かれたら自信がない笑。


NY20050120013[1]

バスを降りた瞬間が一番感動した。
ほんと鳥肌が立つというか、涙がじわっと出た。
休日でもこんなにきれいなんだから、オフィスビルの灯りがもっと多い平日に来たらさぞかし素晴らしいだろうな。
これが目一杯広角寄り。
こんな夜景を前にすると、もっとパノラマで撮りたい、もっとうまく撮りたいとないものねだりに笑。

NY20050120042[1]

ちょっと望遠寄り。
あーーほんとに来てよかった。mさんありがと!
さんざん撮影会をしたあと、高台の真下に見える船着場からマンハッタンに帰れそうじゃない?!
ってことで、ちょっと暗い急階段を下り(少々怖い)ハドソン川まで歩く。
(上から見ると遠そうだけど、そうでもなかった)
遅い時間はこちら側からの乗客が少ないようで、船内貸切状態。
風が冷たかったけど、迫りくるビル群を眺めながらマンハッタンに無事帰還。
降りたところにミッドタウン行のバスが待っていて、それに乗りmさんは42st@8Av.、
私はMACY'S前で降ろしてもらった。(料金は船の分と込みになってるのかな?)
この動線すばらしいよー。NYで無駄のない動きができた時って、妙に嬉しいんだよな~


【夜景その2】

11月1日から、20年ぶりに営業再開したロックフェラーセンターの展望台“TOP OF THE ROCK”
天気悪かったらやだなーと思って、ネットでの事前購入はなし。
サンクスギビングデーの前日。街はホリディシーズンの観光客が一気に増えてたので混み混み覚悟で行ったけど、
チケット売り場での行列もなく、約30分後の入場券を購入。

NY20050120114[1]

エンパイア側。
エンパイアに登ったら、エンパイアは見えないからね・・って点で大変満足笑。
やっぱりクライスラーとの2ショットは涙ものですね。

NY20050120142[1]

セントラルパーク側。
予想通りというか、確実に真っ暗なんで、、パークの形が分からない。
大体あの辺にあるのね~って感じ笑。
その代わり、ずーーと向こう(ハドソン川)にキラキラ緑のブリッジが♪
これ、今回NJに行く時に初めて渡ったジョージワシントンブリッジじゃないの?もしかして。
あそこ渡ったんだよなーと、一人悦に入る。

で、一つまた失敗。
私が夜景を撮ったとこは、アクリル板でぐるっと囲まれてたんだけど、
もう一階上が本当の?展望台だったらしい・・・はは。
先に行かれたsさんのレポートで、
へぇー囲いがないのね~と確認していたにも関わらず。
こんなボケた人はいないと思いますが、エレベーターを降りてもう一階エスカレーターで上がったとこが最上階です。


【夜景その3】

最終日の夜。
一人ご飯して、ホテルに帰るだけじゃつまんないな・・
女ひとり軽く音楽聴きながら、またはいい景色を見ながら一杯飲めるバーはないだろうか(できたら緊張せずに笑)?
まず、近くにあったウェスティンホテルに行ってみる。
うーん、お一人様には敷居が高いか。

この日はマイナス気温近く、歩いているだけで顔が凍りそう。早くホテルに帰りたい・・いや少しだけ飲みたい・・
あっ!!!そうだあそこがあるじゃない♪と浮かんだのが、
MARRIOTT MARQUISの『THE VIEW』

よくガイドブックに載っているし、夜景スポットでもある。
3階に受付のようなところがありそこから専用エレベーターで上がるのだが、この日はサンクスギビングデー、、
まあ仕方ないなーと思いつつ長い行列に並ぶ。
でも回転が速いようで、そんなに待たずに入れた。

NY200520083[1]NY200520086[1]


客席がゆっく~りと回転し、約1時間かけて一周(360度)します。
なのでまちがっても、タイムズスクエア側の席に変えてくれ。などと言ってはいけません。(←やりました笑)


NY200520088[1]


エンパイアとクライスラーが一緒に視界に入ってる時間は、意外と短い。

NY200520085[1]

「SWEET MARGARITA」
味も香りも濃いストロベリー~~って感じで、すごく美味しかった!!
さらにグラスのふちにストロベリーシュガーがコーティングされていて、これが一口飲むごとにスィート♪♪
(甘いカクテルはあまり好きでないし、期待もしてなかったんだけどこれはヒット!)
今回は色々あったな~笑。なんて振り返りながら、一人まったり。
一周したところでちょうど飲み終えたら、いい感じにほんのりでした。

夜景自体はそんなにたいしたことないけど、一人でも楽しいし手持ち無沙汰じゃないのがいいですね。
観光客だらけなのは当然のこととして、隣の席でシェイクを飲んでるお子様がいるのもご愛嬌。
なかなかよかったです。


NY200520084[1]

*『THE VIEW』*

New York Marriott Marquis
1535 Broadway 10036 (45th & 46 St.)


スポンサーサイト

オーバーブッキングにて・・
再びマンハッタンに戻ってきました。

空港に着いたのが約一時間半前のAM9:30。
まずチェックインの場所を間違えて並ぶ。
ここじゃないよ、と係員に言われて、上のインターナショナルと書いてあるほうへ。
人がいっぱいたけど、日本人スタッフが見当たらないのが少しおかしいかなと思う。
(コンチのカウンターは日本人だらけのはずなのに)
とりあえず、TO“NARITA”?と近くの係員に聞くと、?という顔をした。
再度TO“TOKYO”?と聞くと「そうだ」と言う。うーーん、いいのかな?!列も全然進まないし。

やっと順番が回ってきて、Eチケットの控えを渡す。
コンピューターをたたく係りの顔つきと、「Tomorrow」という言葉にやっと事態が悪化していたことに気づく。

いや、実際はTomorrowどころか、コンチは金曜までフライトがなかった。 _| ̄|○
目の前真っ暗・・・・・いや、ちょっと待って!9:30には着いてたし、
そりゃちょっと階を間違えたけど、係りの人が東京行って言ったし!
と英語で言おうとするけど、全く出てこない。うううっ(涙)・・
とりあえず、日本語出来る人お願いします!!と言って電話をつないでもらう。
こういうことしてる間にもどんどん時間が過ぎていく。やばいっ~~~(というかここでもなかったみたいね。。)
しかし、時すでに遅し。
事情を話すと、空いてる時は対処できるが今日はサンクスギビングのからみと、前後にフライトがないため異常に混んでいて、一席もないとのこと。500%無理と言い切られてしまった。
9時の時点でもうオーバーブッキングしていたとも言ってたな・・

はぁ~~。。。力が抜けていく。
しかも明日ならまだしも、金曜まで飛ばないなんて・・・明日から会社なのに・・
英語が出来ないって情けない・・
ほんと疲れてると注意力が散漫になってダメダメ・・
電光掲示板にもTO“NARITAがないなーと思ってたし、いろんな「おかしいな?」
があったにもかかわらず、だ。
いつもなら、聞いたり確かめたりするのに・・
荷物が多すぎて、フットワークが極端に悪いってこともあった。
でも、乗れなかったらそんな言い訳も意味ないしなー。

混雑を予想しきれなかったのは、甘かった。でも日本語スタッフの話の雰囲気では、
一時間前でもギリギリ乗せてたみたいだから、英語が出来ないことからくる
コミュニケーション不足=時間のロスが、決定打になってしまった。
私みたいなやつは、やっぱり出発3時間前が鉄則だな。いい教訓になりました。

500%無理、どこか経由便でも無理(いちおう何時間かかってもいいから、今日のフライトでと泣きついた)、
すべて無理。ということで、腹をくくりました。

ただ一番心配だったのが、ホテルがどこも満室では?ということ。
今日は知人のアパートがOKで助かったが、明日次のゲストがくるので出なければいけないのだ。
ミッドタウンはいっぱいだろうと、まずワンハンドレッドに電話。
こちらも案の定いっぱい・・。でも事情を話すと、客室数の多い、コンフォートイン、
La Quinta Inn、デイズインなどのほうが空いてる確率が高いということ、
英語が話せないなら、アムネットかHISでお願いしてみれば?とのアドバイスをいただきました。有難い!
これで無事予約ができました。宿無しになるのでは?という恐怖がなくなったら、少し元気になった気も。
しかし、うわさ通りワンハンドレッドは素晴らしいですね。
もし、何かわからないことがあったらまた電話してくださいね。とまで言ってくださった。
いつか泊まりたいと言いつつ全然行けてないもんなー。ほんといつか泊まらなくては。

La Quintaは、ツアー旅行から脱出して初めて自分で手配して宿泊した思い出深いホテル。
ここがきっかけで、その後コリアンタウン界隈に泊まるようになった。
こんなピンチの時に部屋が空いてるなんて、(しかも通常レートで!)縁かな~とも思う。

アパートを借りている知人は、心配して何度も連絡をくださった上、"もうけもの”と思って、楽しんで・・と励ましてくれた。有難い。
こういう時、人の温かさをじみじみ感じる。

会社には、もうひたすら謝るしかないかな。。
Mさんnさん、とは一緒の帰国のはずだったのに、あー残念。

帰りたくないけど・・
最終日。

ユニオンスクエア→ローワーイースト→チャイナタウン→ノリータ→ミートパッキング
→メイシーズ→ゼイバーズ→荷物置き&洗濯のためいったん戻る→買ったばかりのRUEHLの
ジャケットを着てないことに気づき(ひぇ~~)、またチャイナタウンへ。(すでに16:30、早い!)
朝、シティベーカリーで?それともお昼を食べたPho Viet Huongで脱いだのかな??
もう疲れ果てて頭がぜんぜん回らない。しかもカードの支払いもまだ終わってないのにー。
N線に飛び乗り、地下鉄の中で冷静に冷静に・・考えたらやっぱりPho Viet以外にないと確信。
ビンゴ!ありましたっっ♪たすかったぁ・・
帰りがてらタイムズスクエアによって、部屋に戻りコインランドリーへ。
で、また夜ごはんを食べにグランドセントラルまで。

まだ行きたいところが数ヶ所あったんだけど、
忘れ物事件で、もうギブアップ。これにて終了(笑)。
いつも時間を無駄にするくらいの過ごし方をしようと思ってるのにな~。
やっぱり無理だわ。

画像 071.jpg

画像 071.jpg

5番街のキラキラには間に合わなかったけど・・
やっぱりNYにメイシーズあり!と言わせるショーウィンドウ。
ホリディシーズンムードをちょっぴり味わうことができました。
来た甲斐があったよ~♪(詳細は後ほど)

今日の夕方から結構な雨になってしまったけど、毎日ほぼ快晴でお天気に恵まれたのもなにより。
明日帰国します。

明日から
LY 057.jpg1年ぶりのNYです。

今日は東京もマフラーなしでは寒かった~。
NYは、明日明後日はちょっと暖かそうだけど、週末からは10℃前後の模様。
同時期に行くメンバーからすると、晴れは確実でしょう笑。
と思うけど、、
せめて凍えないくらいの寒さだといいなあ。



しかし、ここんとこずっと円高を享受してきたので、
(昨年はこんなこと書いてるし⇒“少しでも円高の時に両替するのは気持ちいい”。)
なんかやるせない感じ笑。この分だと120円台行くかもなー、あーあ。

美味しいもの食べてリフレッシュしてくるぞ~♪
行ってきます!

ふたたびNY
昨年と同じく、11月中旬のNY便を予約した。
これまたいつもと同じく格安航空券だけど、今回はNW指定。

しかし、なんと2日後に10月1日からノースのNY直行便が無期限で運休するとのニュース
これまでは、航空会社未定でどこのマイルでもいいや~とのんきに構えてた私も、
NWのマイルがやっと使える程度にたまりつつあるので、今回はなんとしてもNWなのだ笑!

次の日旅行会社から連絡が入り、
「そういうことになりまして・・行きはデトロイト経由でNY着が17:00以降、
帰りもえらい早い時間(○時って言われたけど忘れた)にNYを発ちデトロイト経由で、、成田着は・・」
もういいっ!!そんなタルイ旅はいやじゃ~
でもほんとは滞在期間が長ければ、ほんのちょっとだけデトロイトで降りてみてもいいかなー♪と思ったのも事実。
だって、デトロイトなんて行ったことないし、出られないにしろ空港にいるだけで楽しいもんね。
ラスベガスに行った時の経由地、デンバーなんてお土産や覗いてるだけで楽しかったし、
たまたま入ったチャイナの店もすごく美味しかったし♪後から考えるといい思い出になっている。

でもな~、会社員の休暇は短い・・
NWのマイルが100%つくコンチネンタル(CO)も、行き帰りともナイスな時間帯じゃないんだけど、
1時間でも長くNYに居たいので、NWをキャンセルしCOに変更。
米系のなかでも雰囲気が日本便に近いというか、親近感があるのと、
エコノミーでも多少座席が広いのがいい。

DSCN2005.JPG昨年の11月、帰りのニューアーク。
フードコートは広くて綺麗です。
この時は出発まで3時間以上あり、ここでお茶したり本を読んだりして時間を潰せたのでよかった。
ニュージャージー州なので、タックスがマンハッタンよりちょっと安いのも嬉しい。(メトロポリタン美術館のストアで買い物もできたし)



エアーは抑えてとりあえずほっとしたものの、ホテルがこれまた高い!
(9月もだけど、11月も引き続きのもよう。。)
NYに続けて行き出したのが、ちょうど9.11のあった翌年の3月からで、
最初の頃は100ドルくらいのそこそこ快適なバジェットホテルが選び放題だった。
だけど、昨年あたりからじょじょに値上がりしたまま下がらなくなり・・
(これまでは繁忙期にぐんと上がっても、オフには大体戻してたのに。。)
以前の価格水準に完全に戻ったような気がする。

9.11から、昨日でちょうど4年。
あの日、いつものように自宅でTVを観ていた。
突然画面の上のほうに速報が流れた。それからビルが崩壊するまでの間の映像と時間、
TVを囲む風景(当時の家具の配置さえも)は一枚の絵のように記憶され、
その空間の中でソファに座ったまま動けずにいる私を、もう一人の自分が見ているような
不思議な感覚に襲われた。
この光景は今でも鮮明に思い出すことができる。
世界には信じられない事件がたくさんあるけど、自分にとって9.11は生涯忘れられない
ほどの衝撃を受けた。こんなことが“現実”に起こるんだと。
2002年3月に現場を訪れた時のことは、いつかまとめてみたいと思っているものの
まだ手をつけていない。

NYが完全に復活したのだとしたら、心から嬉しいし喜ぶべきだけど、
今後ホテル選びのほうは大変だなー。(高級ホテルの場合はそれほど変化なさそうですが)

| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。