スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHIBUYA bed
yさんに連れられて、
渋谷の隠れ家的バーbedに行ってきました。
バーといっても、おいしいものを食べさせてくれるレストランでもあり
ただしメニューはないので、要望を伝えつつおまかせ。
お酒は、ワインに精通しておられるバーテンダー・宮地氏セレクトのものをいただけるという。

なんか楽しそう!と思いながらも自分には敷居が高そう。
おされなバーなんて、(自腹で)何年も行ってませんことよ笑。
てなわけで。いつものごとくyさんにまる投げ~。。お世話になります^^;

とても素敵なお店でしたので、忘れないうちに、備忘録を。
(エレガントな宮地氏と、お話するとほっとする癒し系シェフ・太郎さん。
お二人の二人三脚でやっておられます)


1012_bed01.jpg
1012_bed02.jpg

全席カウンターですが、ゆったりしていて寛げます。
さりげなく会話をはさむお二人(オープンキッチンなのでシェフも目の前)に
ワインのこと料理のことを聞きながらのお食事。

シャンパーニュのあてに、
サーモン、セミドライトマト、ラディッシュ、柿のピクルスの小皿。
このシャンパーニュは、これまで造り手が大手には卸してこなかったものそうで、
小規模の造り手さんのシャンパーニュってなかなか飲む機会もないし、新鮮。
しかし、モノホンはうまいな笑。(泡飲むっていたら、最近ほぼカヴァだしなー)



1012_bed03.jpg

フォカッチャ生地の自家製パン。
イチジク、レーズン入りなど色々バリエーションがあり、
お皿が空になると次々足してくれるので、炭水化物ラバーとしては、
わんこ蕎麦のように食べてしまいます・・。

1012_bed04.jpg

というのも、、みんな
このバターのせい笑!

ほのかに見える黒い粒々はなんとトリュフ♪むふ。
バターの程よい塩気とトリュフの香りが~~むは~しあわせ。


1012_bed05.jpg

1杯目の赤。ラングドック・ルーション産。
リーデルの大きなグラスで。やっぱ香りが良くわかりますねー。(欲しいっ笑)
アロマっぽいような、とっても穏やかな香りでしかも飲みやすい。

1012_bed08.jpg1012_bed06.jpg

1杯目は、シャトー・デ・トゥール
ローヌ産。

こちらは先ほどのとは全然違って、プラムのような果実の凝縮した甘く華やかな香り。
・・どちらかというとこっちが好き笑。もともとローヌのワインが好きなんです。


1012_bed07.jpg
1012_bed09.jpg

合わせたお料理は二種。

上は、霞ヶ浦産の鶏をルクル鍋で野菜と一緒に蒸し煮にしたもの。
茨城だと久慈の鶏が全国的に有名ですが、霞ヶ浦にもいいのがいたんですね笑。
わりと地元から近いので、日常買えたらいいなあこれ。
野菜は、青大根(ま緑色)と、芽キャベツみたいなのがおいしかったですかね。
スープを吸うのがいいのかも。

パスタは、丹波の猪とプルロット(フランスの平茸)を使ったもの。
猪は頬にかけての脂ののった部位を使っているそう。
プルロットも日本の平茸と違って、キュっとした弾力と香りも良くておいしい!
猪の脂が思ったほどくどくなかったせいか、濃厚な旨みだけが印象に残って・・
本日の一番はこれでした♪
パスタは家でもよく作るので、最近はパスタランチのような家でも作れそうな(笑)ものは
外で食べなくなりましたが、こういうザ・プロのパスタは食べる価値が十二分にあるなと
思いました。
(真似したいけど、おいそれとは出来ないってやつ)

1012_bed10.jpg

デザートは、ガトーショコラ。
今まで食べた中では、濃厚さは中くらい舌触りがなめらかで軽いタイプ。


お料理もワインもおいしかった。
渋谷の喧騒から壁ひとつ隔てた空間がなんだか落ち着けて、居心地がよかったな~。

------------------------------------------------------------------------------------

そして、ありがたややまがた笑
お土産までいただいちゃいました♪


1012_bed13.jpg

yさんから、山形の名産品。
原材料は、米麹、芥子、麻の実、生絞り醤油、三温糖とあります。
ご飯にのせて食べたら、やばかったです・・・
米麹の調味料ってお初でしたが、おいしいです。
甘くて辛くて、麻の実がいい感じにきいてます。
なんだろ。もろみに似てますね、もろみ大好きなんで。。


1012_bed11.jpg1012_bed12.jpg

(表)と(裏)

これは、ご一緒したNY帰りのMさんより♪
トレジョのエコバック、久々にキターーーと思ったのがこれ。
今までも布のやつとか可愛いなと思ったことがあったけど、でもトレジョって西海岸だしなー笑。
と買うまでには至らず。
しかし、これは!!NY好きとしてはツボ以外のなにものでもありません。
なんとしてでも手にいれねば笑。

そんなんで、何かと忙しいMさんに(申し訳ない^^;)頼んでお土産にしていただきました。
ほんとにどうもありがとう~♪
でも、重いもの入れたら切れそうで使えないね。。どうしましょ笑。


スポンサーサイト

今年の誕生日
誕生日といっても、四捨五入するとひえ~ってなもんで、、あまり考えたくはないのですが笑、
今年もやってきてしまいました。
いや、でも、
こうしてとりあえず健康でおいしいお酒が飲めて(いつも飲みすぎだ)食べ物もおいしく、
(自分で言うのもなんだけど)割と波乱万丈な転んでばかりの人生だけど^^;・・
無事に40数年生きてこられたことに感謝。
それから、大好きなバレエに感謝。

あんど、毎度誕生日ディナーに連れて行ってくれる某くんに笑、日々の感謝を。

というわけで、
貧血で検診にひっかかってしまい、最近肉食獣と化している私は
誕生日ディナーはおされなレストランよりも、肉!!肉を食らうのだ~~と、
浜松町『正泰苑』へ。(町屋が本店です)
いつも予約でいっぱいなので、当日飛び込みどうかなーと思ってたら、
休日だったせいか、17:30からの2時間ならOKとのこと。ラッキー♪

1010_shotai01.jpg

1010_shotai02.jpg1010_shotai03.jpg
1010_shotai05.jpg

連れが、生レバー大好きな人で、どこへ行ってもまず生中じゃなくて生レバ笑。
私は見るだけで、もうノーサンキューなんですが・・今回は貧血という負い目があるので
(いつもいつも、嫌いなの知っててお約束のように「おいしいから!!」勧めて・・もとい強制してくるヤツ笑)
1切れの4分の1、食べてみました。
というより飲んだんですけど、、喉を通りすぎる時はあれ?匂いもないし大丈夫かなと思ったら
胃からあの血の匂いが逆流してきましたよ!!!好きな人は匂いなんて全然ないよ~とか言うけど絶対ウソ笑!
やっぱ嫌いっっ

あと前菜として、ナムル盛り合わせ。
焼肉以外の人気メニューだという、海老とうずらの卵の素揚げ。(エスニック風の甘いソースがかかってます)


1010_shotai04.jpg

大好物のタン塩、ゲタもおいしいねー。骨の間の脂がのったとこだったかな。
手前が、この店の名物、生でも食べられるロース肉。
中にしてみましたがほどよい脂の乗り具合で、とろけました。。(上もあり)
↓こんな風に軽~くあぶって(ほどんどレア)ネギを巻いていただきます。
目をつぶって、しみじみ肉のうまさを堪能。

1010_shotai06.jpg

このあと、ホルモン、カルビ、ブラウンマッシュルームや栗、銀杏など秋の味覚も焼き焼きして、
ビールもしっかり飲んで、ご飯も食べて二人で13,000円ほど。
先日○角に行ったばかりのせいか、今回はなんだかすんごくおいしく感じました笑。
てか肉はおいしいのに限りますね・・満足度が違う。
予約さえ取れればCP的にもおすすめの一軒です。

**正泰苑 芝大門 (しょうたいえん)
03-5733-5025
東京都港区芝大門1-7-4 パークサイド芝大門 1F



それから前々日。
金曜日にとある有名コーヒーをいただきに、お友達と銀座のギャラリーに行ったのですが、
その時もお食事ついでにおめでとうって、祝ってもらっちゃったりなんかして、なんてついてる笑!
Tさんから香港のお土産(お茶とバーム)
Fさんからの京都土産、俵屋の石鹸と大好きなちりめん山椒(しかも“究極”と)♪をいただきました。
どうもありがとう!

1010_birthday04.jpg1010_birthday05.jpg



翌土曜日は、これまたyさんの香港土産を受け取りに、いそいそとMさん宅へ。
こちらでも思いがけず、サプライズ(途中トイレから戻ってびっくり笑!)祝いをしていただき・・
私って、なんてちゃっかりした星の下に生まれ付いてるんでしょう笑。
嬉しかったー。ほんとにありがとう。


1010_birthday01.jpg

Mさんから。
昨年に引き続きブーケを作っていただきました~^^
淡いピンクと、これまた淡い紫のバラだそうです。
紫のバラ・・・といえば、私らの世代で思い出すのはあれ・・
『ガラスの仮面』ですよ笑!!きゃ~~すてきっ。

そういえば、関係ないけど、
先日告知ポスターで、“月影千草に扮したマツコ・デラックス”がすごかった笑。


1010_birthday02.jpg1010_birthday03.jpg

yさんからいただいた、バレリーナの置物(ピアスとかが掛けられる)。
女人街で見つけたとおっしゃってましたが、小さいのに雑な感じもなく思った以上に良く出来てる!
見れば見るほど可愛いし。
夏に観たバレエの公演で、私がこれを買い損ねて後悔していたことを覚えていてくれたのね・・
と思うと(勝手に思うなーー笑)余計に嬉しい。
あと、マンダリンオリエンタル香港オリジナルの「ローズペタルジャム」を。
一度だけラウンジでスコーンと一緒にいただいたことがありますが、もう味忘れてます笑。
またじっくり味わえると思うと、幸せ~。


1010_birthday06.jpg

で、これがサプライズケーキ♪
PATISSERIE NAOKI(パティスリーナオキ)という、
あのタカギと並んで世田谷では有名なケーキ屋さんの。
いやはや、ナオキも知らなかったけど、こんな大きな栗がびっしりのタルトも初めてかもしれません。
栗の存在感がものすごくて、おいしかった。
(これも私の栗好きを覚えててくれたのね・・感涙)


なんか・・周りから有形無形の色んなものをいただいてると常々思うけど、
私は周りの人になにかしてあげられてるのかな。

充実した誕生日週間だったのは、みなさまのおかげ。ありがとう!!!


【番外】

正泰苑からの帰り。
建設着々と進むスカイツリーのそばを通ったので、現場の真下まで行ってみました。
(ほとんど真っ暗なので、なんだか不思議な写真)
想像はしていたけど、実際見るとやっぱ巨大!って感じがします。
完成して、全部にネオンが点ったらかなり~明るいんじゃ。。
昼間のようにはならないと思うけど、住んでる方は結構面くらったりして。

でもなんだかんだいって楽しみですね。

1010_sky.jpg


オザミでランチ
100831ozami.jpg

今日は海の幸のパエリア!大満足♪

【追記】

携帯写真なんでいまいちおいしそうに見えないけど、
ちゃんとした海老、小さいけどふっくらしたムール貝、
(何故かしょうが風味の笑)フライドチキンがのっていました。
ご飯は薄味に炊いてあります。

ほんと毎度CPのすごさに驚かされます。。


100831ozami02.jpg

また日替わりデザートのエクレアにはありつけず・・
代替品はある時とない時があるようですが、
今日はチーズタルトをご用意してますとのことだったので、つい。
相変わらずおいしい。


『ブラッスリーオザミ』
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1F
03-6212-1566

--------------------------------------------------------------

今日は昼前に75分のクラスを受けて、
15:00から1時間半のクラスとそのあと30分のポワントクラスをとったので、
デザート分くらいは消費しているはず。していて欲しい。。
我ながらどんだけ必死なんだと思うけど笑、さすがにくたくた。
でも今日は、素敵で尚且つちゃんとダメだしをしてくれる先生だったので
体は疲れていても、とってもよい気分。

この先どれだけ踊れるか、時間はそうないのだから、
やっぱりできるだけ自分の好きな先生についていくのがいいのだ、とあらためて思う。



笑いと食欲
1005_michan.jpg

先日、yさんのお力添えにて『清水ミチコのお楽しみ会 ツアー2010』なるライブを観てまいりました。

昔はTVでしょっちゅう顔を見てた気がするけど、最近はTVそのものをあまり観ないので、
どんな芸をしていたのかもすぐに思い出せず。
で実際観たら、顔とかもあの頃(野沢直子と一緒に「夢で逢えたら」とかで出てた頃?)と変わってなくて、
ブラックなネタでも品が悪くならない元々の人柄の良さみたいなものが出ていて、
温かみがあってとても素敵なライブでした。
お客さんにリクエストありますか?と聞いたり、舞台と客席の間がとても近しい雰囲気なのもびっくり笑。
オカマちゃん系のファンも多いらしく、隣の席の“それとおぼしき”カップルも
「よっ!みっちゃんっ!!」みたいなノリで、終始大うけしてました笑。(君たちも十分面白いよ笑)

HPみたら今後も全国津々浦々(すごい数!)回られるようなので、あまりネタばれになるような話はやめますが、
私は瀬戸内寂聴と平野レミ(この方のキャラ好き~)さんのものまねが、なんといってもツボでした笑。
あとフジコヘミングとか。
てか、ものまね以前にご本人達も強烈で面白いですもんね~~^^;
バッタもんシリーズも笑った笑った!!(書けないのが残念)

歌まねは生で初めて聞いて、ものまねする人って普通に歌上手いんだな~と改めて感心したり、
でも吉田美和とかMISIAとか、ずば抜けて歌が上手い人のはちょっと厳しそうだったので、
ああいう他の誰も真似できないような歌い手って、なんかもう生まれ持った才能が違うとしか言いようがない
んだろうなあ、とか思ったり。

でもこのライブも、心地いい抜け感を漂わせつつ見せるところはきっちり見せるプロの芸と、
お馬鹿なことを言ったりやったりしても、なんだか品の良さが出てしまう、
みっちゃんにしか出せない味わいの、大人のお楽しみ会でございました。
yさんのおかげで久々にたくさん笑いました、ありがとう♪

てなわけで。
気持ちよくお腹がすいたので笑、
この日ご一緒していたMさんおすすめのタイ料理屋『クルン・サイアム』に連れて行っていただきました。
いかにも三茶といったこじんまりした飲み屋風の店で結構照明が暗めだったけど、
エスニックな手作りっぽい内装も相まって妙に落ち着けて、お酒をゆっくり飲むのにいい感じ~。
結局終電ぎりぎりまでまったりしてしまった。


※写真はフォトショで無理やり明るくしたら、なんかへんてこな画質に。。
1005_tai01.jpg

ソムタム。
タニ キッチンで食べて以来このカオニャオ(蒸したもち米)と一緒に食べるのにはまった私。
ほんとヘルシーでおいしい、素晴らしい組み合わせ。

1005_tai02.jpg

タニ キッチンでは食べられなかった(なかったんだっけ?!)ガイヤーン(タイの焼き鶏)。
これも基本好きな料理だわー。
他店と比べたことないから分らないけど、皮もパリっとしてた気がするしなかなか!

1005_tai03.jpg

海老のすり身をのせたトースト。
これ、タイ以外のエスニック料理でもよくありますね。
前菜的なおつまみとしてあれば結構頼んでしまう定番なんだけど、
ここのはちょっとパンが脂を吸いすぎてて重かった。。
2枚、いや1枚でも十分だったかなと後の祭りで思ったけど、もったいないのでほぼ食べつくして、
帰り道は二人で胃をさすりながら歩きました笑。
(妙齢のお年頃にはこの手はもうキツイってことね、とほほ・・)

1005_tai04.jpg

〆はタイの汁なし麺。


Mさんは、以前よりちょっと脂っぽくなったかな~なんておっしゃってましたが、
CPも良くて、ちょっとタイ料理つまみながら飲みたいなんて時にこんな店が近所にあったらいいなと思いました。
やっぱ都会はいいやね~笑。


ブノワ(BENOIT)東京
友人達のブログで最近頻繁に登場するブノワ
諭吉が一枚ひらひら~と飛んでいくようなお店にはなかなか足を運びづらいのですが^^;
一度は行ってみたかったのと、今回ちょうどFさんのお誕生日も重なっていいチャンスだったので
伺ってまいりました。

場所は青学のまん前。
20年前お隣のオーバルビル(当時あの辺では一番新しく大きなビルだった)でうさぎちゃんバイトしてた時は、
なーんにもなかったような気がするのですが、いつのまにやらおされなビルがどーんと建っておりました。
紀伊国屋もなにやら複合ショップが入ったビルに建て直されてしまったし、
変わらない通称花の館(青山花茂ビル)をみると、なんだかほっとします笑。


1003_benoit.jpg

お誕生日のFさんからのリクエストで泡で乾杯♪
私も泡は久々だったので嬉しい~~。しかし、最初ビールを頼もうと思ったのだけどメニューになかったのは何故?
フランスではビールを飲んじゃダメ笑?!
右は、最初に出てくるチーズ風味のシュー生地パン。
もちろん普通のパンも出てきましたが、お腹が空いてのか無意識に食べ続け笑、写真忘れ。
バケットではなくて田舎パンみたいなやつだったので、やっぱりビストロなんですかねここは。


1003_benoit02.jpg

前菜は迷いに迷って(だって食べたいなと思って聞いてみると、レバー入りのものが多いことよ。。涙)
冬野菜のオーブン焼

コンソメスープがなんちゃら、、とか言ってたのでさっぱり系なのかと思いきや、
コンソメを煮詰めたようなソースと、上にパルメザンのようなチーズがかかって
こんがりと焼かれてたので、野菜なんだけどなかなか濃厚な一品でした。
ニンジンが甘くておいしかったですかね。


1003_benoit03.jpg

ホウボウのポワレ。じゃがいものフォンダン ソースルイユ
ホウボウも見た目はグロテスクな魚ですが、食べるとおいしいですねー。
(なんと足のようなものもあって、海中(底?)を歩くことも出来るようです)
身は柔らかいし、先日たまたまスーパーでアラだけ見つけたのでよくやる野菜との蒸し煮にしてみましたが、
いいダシが出てばっちしでした。
ただあのぬめっとした体のせいなのか、アシが早く臭みが出やすいそうなので新鮮さが命かも。
じゃがいもはフォンダンショコラみたく中から何かおいしいソースでもとろりと流れ出すのかと期待したら、
何も出てきませんでした笑。周りにバターソースがかかってました。
玉ねぎは、なにかハーブの香りがしました。
このように焼いただけに見えてもしっかり下ごしらえをしているところ好きです。
ソースルイユは、アイオリソースのこと。
イタリアンは、焼いた魚にレモンだけとかどちらかというとシンプルですが、
やっぱり何かしらソースがつくところがフレンチだなーと思いました。
味は悪くなかったですが、皿が前菜と同じなのが・・ちとかなすい泣。


1003_benoit04.jpg

デザートは、料理以上においしそうなものがたくさんあって迷いました。
さっぱり系(食べたらそうでもなかったけど)が2品続いたので、最後はがっつりこってりいきたい!!
(やっぱねーレストラン=ハレですから、野菜も魚もいいけど一品くらいはがつんとね♪)
スタッフのお兄さんいわく、ウチに来たら一度はこれを食べておいて損はなしくらいのおすすめだそうで笑、
私もざっと見渡したところ、これが一番濃そうだったので・・
チョコレートとキャラメルのブノワ風 牛乳のアイスクリームを。

えーーと味は見たまんまでした。
アイスは塩入りということでケーキと一緒に食べてみましたがこのコラボの意味がよく分らなく・・汗。
まー普通においしかったですけど、
こういうのはいっそのことこれでもかと濃くてもぜんぜんよかったです。

1003_benoit05.jpg

余力十分だったので、Fさんのお誕生日ケーキも(イチゴ・生クリームのホール)
写真などすっかり忘れ、この通り完食^^;(可愛らしいこのケーキはそのうちどこかにUPされるかと。。)


ということで初ブノワでしたが、
割と静か目だし雰囲気もいいし(窓際の緑の感じとか重厚すぎない明るいフレンチ風インテリアだとかが、
かつてあったクイーンアリス本店をほんのちょっと思い起こさせました)
女同志の集まりにはいいかもですね。


**ブノワ (BENOIT)
東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 10F
03-6419-4181

| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。