スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり紅茶か
数年前、イギリスの大手スーパー『TESCO(テスコ)』が日本に上陸して、
それが何故か「つるかめランド」という(しかもドン・キホーテにかなり似ている超庶民派スーパー笑)
元々日本にあったスーパーの中で商品が展開されている。
というのは知ってる人はみんな知ってる話。

ある時、地元にも「つるかめ」があるのを発見して、さてどんな商品が・・とワクワクして行ったのですが、
見事に“なんじゃこりゃ??”の世界で笑、
(いまだに「つるかめ」内に展開する意味が分らん&違和感がすごいのですが)
てか、ワインと期限期限ぎりぎりで叩き売り価格になったシリアルのみ!
・・がひっそりと置いてあるだけ。(へ?)
そもそも商品がないのではね~^^;以来一度も行ってませんでした。

で、先日ふらりと船橋を歩いてたら、JR船橋駅のショッピングセンターみたいなとこで
久々に「つるかめ」を見つけました。
つるかめは相変わらずごちゃごちゃはしてますが、こういうスーパーも嫌いじゃない笑。
てかスーパーそのものが大好きなんです。
でも最近、ワイン好きでおいしいものが大好きな昔からの友人が、実はスーパー行くのが嫌いだった。
ってことが判明して、すんごく驚いたんですけど。
おいしい食べ物が好きとスーパーが好きっていうのは必ずしも一致してないんですね。
友人いわく、スーパーにわざわざ行ってあれこれ選ぶのは時間の無駄。
宅配の生協で十分、だそうです笑。(確かに生協のものは私も好きですが、逆に宅配は無理・・)
まあ人それぞれですけど、私は時間の無駄でも食べ物商品を見てるときが幸せなので、
外国はもちろん、日本でも、どこへ出かけけても地元のスーパーには必ず立ち寄ってしまいます。

・・話それたのを戻すと

船橋は以前行ったとこより、断然商品がありました。
それでも、イタリアン食材(トマトソース、パスタ)、ジャム、シリアル、ビスケット、ワイン、
そして、コーヒー・紅茶。くらいのものですが、


1010_tesco.jpg

ちょうど切れていたこともあって買ってみました。

コーヒーは一種類だけ。(ブラジル)
粉はかなり極挽きっていうんですか?細かくて柔らかい。
味は酸味が結構あり、苦味は普通かな。
最初分量が分らなくて一般的な中挽きタイプと同じく大目にしたら、
濃くて酸っぱくて大変でした。
これで500円くらい。

紅茶は銘柄が書いてない、もっと安価なテスコブランドもあったんですが、
とりあえず、テスコファイネスト(高品質ライン)というシリーズのアッサムを。
1~2人用のティパック。50袋入りで700円ほど。
紅茶は色々飲んでるわけじゃないけど、
味はそれなりに濃くしっかりとしていて普通においしいです。(香りもこんなもんでは)
同じ値段で適当なもの買うより、断然いい。さすが紅茶の国だけあります。

今秋に香港に行けたら、イギリスブランドの紅茶を色々試し買いしたかったんだけど、
(行けなかったので)とりあえずテスコもので数ヶ月楽しみます。




スポンサーサイト

ワインとパン
最近というか、半年くらい前からワイン飲みが再熱してしまいました。
きっかけは、ダイエット笑。
ビールは太る、けど食事の時のお酒はどうしてもやめられないので、
ワイン1、2杯のほうがマシだろうと(←かなり勝手な理論笑)
シフトしたはいいけど(もちろんビールもたまに飲み)元々好きなんで、だんだんエスカレートして
気付いたら週1本ペース・・1、2杯じゃすまない日も多々・・大汗。
もちろん外食した時は思い切り飲みますけど、家飲み、しかも一人でってどうよ・・(酒代もかさむし)
だけど。やっぱりワインが一番。

もう遥か昔(笑)第1次ワインブームの頃に、ワインメーカー大手M社さんと密にお仕事させていただいていて、
それはもう一級シャトーワインから、脚光を浴び始めたばかりの新世界ワインまで。
がむしゃらに飲んでました。若かったし笑!
でもちゃんと味わって飲んでたかというと、、そうでもなかった気がします。

ペトリュスとラ・フルールの間の小さな畑から作られる『シャトー・ラ・フルール・ペトリュス』
ここの80年代前半のワインをいただいたことがあるのですが、
これくらいですか、感動でその時のシチュエーションまではっきり覚えているワインは。
抜栓してすぐはさほどでもなかったのに、グラスに注いで30分もすると、
本当に結婚式のお色直しじゃないけど、全く違う衣装をまとってました。
メルロー特有の、滑らかでとがったところがひとつもない、華やかで高貴で複雑な香り。。
あの時何故人がワインに魅了されるのかが少し分かった気がしたし、
(だって、単純に言ってしまうとたかだかブドウの酒に、ありったけの情熱を(お金と薀蓄も?笑)
かけられるってすごいですよねー)
以来一番好きな産地はポムロール、品種はメルローです笑。
(生産数が少ないので、安ワインはほぼないしなかなか飲めないですけどね・・)
でもこういう強烈な味と香りの記憶というのはとっても大事。
素晴らしいワインは、一生に何度かしか飲む機会がないかもしれないけど、
だからこそ、自分のことだけでなく親しい仲間との特別な機会なんかには、ぜひいいワインで乾杯したいもの。
というかできたら幸せ。


で、デイリーに飲んでいるのは・・というと
価格も本当にデイリーなものばかりなり(汗)。。
まあ高くておいしいのは当たり前といえば当たり前なので、
いかに安くておいしいワインを探すか、というのも楽しいもんです。

wine01.jpgわたくし今まで色んな国のワインを飲んできましたが、実は割合からするとイタリアワインはほとんど飲んでませんでした。
というのも、フランスワインは安くてもそこそこ飲めるという安心感があるのに対して、イタリアのは、ほんとシャバシャバで飲めないくらいのものがあったりと(2、3度あった)良し悪しの差が激しいという気がする。
あとは自分にイマイチ知識がないこと、フランス同様イタリアも膨大な種類がありますから。。
そんな折り、ある会でこれまたワイン大好きな仲間yさんからこんな品種を教えていただきました。

『NERO D'AVOLA』
ネーロ・ダーヴォラというのは、シチリア特産のブドウなんだそうです。
(なんでシチリアワインには必ずこの品種が使われているか、あるいはブレンドされているようです)
メーカーによっても違いますが、大きな特徴として干しブドウのような香りがします。
酸化したワインも(よく言えば)そのような香りがすることがありますが、もちろん全く違います笑。




なんでイタリアワインに関しては、品種で選ぶことにしました。
あと気に入ってるのはモンテプルチアーノ・ダブルッツォとか。
キャンティに代表されるようなサンジョベーゼとかは軽すぎてやっぱりあまり好きでないかも。
最近飲んで面白かったのが、プリミティーヴォ。
ジンファンデルに似てるなーと思ったらほぼ同一品種みたいです。
しかし・・ブドウの品種、500以上はあるそうです。やっぱ多すぎ。。(覚えられん)



wine02.jpgwine03.jpgwine04.jpg

基本的に同じ価格だったらどうしてもフランスワインに手が伸びてしまいますが、たまには【中央】チリワインなども。
テラ・マターという、チリでもなかなか良いとされているワイナリーだそうで。
なんかえらくスゴイとの評判で、『アルタム・シラーズ』をつい買ってしまったのですが、
期待ほどめちゃくちゃおいしいという感じでもなかったかな。


wine05.jpgこちらもよく行く(ワインに力を入れてる)スーパーで絶賛されていてつい・・・
ワインって本当に飲んでみなければ分からないので、どうしても“驚異のコストパフォーマンス”とか“○○(←有名シャトーもの)にも劣らない!”なんて書かれてると、試してみたくて仕方がなくなりませんこと笑?(いいカモ笑)
これは確か無農薬・ノンフィルターで、ラベルにある牛の血のように濃いというので、それってどんだけ濃いんだ??と・・
シラーはさほど好きではないんだけど、開けたら紫ががった濃ゆいルビー色で、触れ込み通りなかなかおいしかった。産地はコート・デュ・ローヌ。






そして、
ご飯、パン、麺の中で圧倒的に麺派!!だった私が、
ワインばかり飲むようになってからは、パンを食べることが多くなりました。
というか朝・昼にパンっていうのは普通だったんですが、夜ごはんにパンを食べるようになった、という意味で。
そんなんでパンのおいしさに目覚めて(痩せる生活はどんどん遠ざかっていく・・)
あちこちで積極的にパンを買い求めております笑。
基本的には、あまり酸味がないタイプの天然酵母パンとか、ハード系が好きですが、
クロワッサンとか、バターたっぷりのパンも好き。(ワインにはイマイチ合わないけど)

先日ちょうど赤坂にて集まりがあったので、
その前に、気になっていたここのパンを調達。
『Le Boulanger Dominique SAIBRON』
(ル ブーランジェ ドミニク・サブロン)


pan01.jpg
pan03.jpg

すごく高級なのかと思ったら、えらく安いのもあって平均的にはバランスが取れてる感じ。
(今時コンビニパン以外で100円ちょっとで買えるパンってなかなかないですよね)
クロワッサンは、翌日の朝でも油まみれになってなくて(以前買った某Mのは、ものすごい油が染み出してた)
しつこすぎなくおいしい!
左上ブドウとカシューナッツのは、酵母(酸味)がきつめ。
下は、2度目に行った時買ったフィグ入りのパン
ライ麦が少々混合されているタイプで、ポピーシードのプチプチとフィグのねっとり感も合う。おいしい。
一緒に買った、チョコレート入りのクロワッサン(デニッシュ?)もすごくおいしかった。
もうちょっと検証してみないと分からないけど、やっぱりクロワッサン系がよい感じ。(パリだからか?)

【追記】
冷凍してあった(右上の)チョコチップ入りのパンを食べたら、やっぱりおいしい。
まずチョコレートがおいしいんだろうなー。(パリだからか?笑)ここチョコ系はマスト!!





pan02.jpgこれは大好きな、ベットラのフォカッチャ
前回のベットラ会エントリで、
なにげなく「売店のほうで売ってくれないかなあ。。」と書いたら、fさんが覚えててくれて早速お土産でいただいてしまいました。。
愛用の布製パンウォーマーで温めたら、ふっかふっかでおいしかった~。
ベットラのは表面のカリっとしたとこと、このふわ~のバランス、そしてオリーブオイル&塩加減が最高なのです。
家でも食べられるなんてすごく嬉しい~^^
どうもありがとう!!





うわさのブツを・・
遅ればせながらいただきました。

ジャーン笑。
花畑牧場・生キャラメル

周りで食べました~なんて声を聞いているうちに、どんなもんなんだろう?と興味がわいてきたけど、
今北海道に行く用事もないし、もし催事なんかがあってもめちゃくちゃ並ぶだろうし、並ぶ根性まではないし。。
と思ってたら、同僚の男子がネットでGETしたとのことでおこぼれいただいちゃいました♪
しかし、ネットでもかなり気合を入れないとダメみたいですね。
販売開始の時間前にPCの前にスタンバイし、怒涛のクリックで何度か目に購入できたそう。
ああいうのは普段からPCゲームとかやっている人のほうがコツをつかんでるというか、上手そうですね。
私はドンくさくてダメだなーきっと。(チケット争奪戦とかも苦手。。)

クリスマスバージョンということで、定番のキャラメル、ホワイト、イチゴ、チョコ、抹茶のセット。
ホワイトは、キャラメルを焦がさないで仕上げたバージョン。ミルクとバターのシンプルな味わい。
あと意外においしかったのが抹茶。
でもやっぱり定番が一番。
焦がした苦味と香ばしさがやっぱりなんともいえませんー^^
食感はやっぱり生チョコに似てますね・・なんでチョコ味はほんと生チョコっぽい。

口の中に入れると体温でふわ~っと溶けながら、でも中心のほうは冷たく・・。
この“ふわ~冷た~”がクセになる感じ!味も濃厚だけどいやな甘さが残らないというか(手作りっぽいというか)、想像してたよりおいしかったです。


EATALY(イータリー)@代官山
スローフードの発祥の地、ピエモンテ州トリノに本店がある食品・食材の総合マーケット『EATALY(イータリー)』が、
世界初進出となる東京店(代官山)をオープンさせたと聞き、行ってまいりました。

代官山駅から2~3分。八幡通りに面した低層の商業ビルで、以前は大好きな「EPOCA THE SHOP」があった場所です。
コの字型でちょうどスーパーとカフェが向かい合う形になっているので、買い物してお茶飲んで。。という風に
ゆっくりまったり過ごせる感じがgood♪(一等地だしいいトコに作りましたな~)

081023_01.jpg

中に入ると一番奥にチーズや生ハム、お惣菜などのコーナー。
品数もそこそこあるし、特に生ハムサラミ関係がおいしそ~。
お隣はワイン。ちょっと飲めるスペースもあり、お手頃なものを揃えてるところなんかもちゃんと考えられてるなーという感。

チーズはどれがいいのかよく分からないので、対面式のほうでいくつか試食させていただきました。
わりとクセのあるものが好きなんですけど・・と言うと、イタリアはフランスなどと比べるとかなり素朴なんだそうで、
つまりイタリアチーズにそういうものを求めてはいけないということなんでしょう^^:
確かに、フランスはやっぱり美食、洗練とかいったイメージだし(フランスの田舎はそうでもないんでしょうけど)、
イタリアはまさにスローフード、地産地消の国って感じがします。
どちらがいいということもなく、それぞれの良さを味わえばいいんですよね。

081023_02.jpg先日ベットラで食べたカチョカバッロチーズもありました。
ゴルゴンゾーラもおいしそうだったし、パルミジャーノはだいたいいつも冷蔵庫にストックしているので、次回はここのを買ってみようと思います。




081023_03.jpgトマトソースやオリーブなどの保存食材、パスタ、スパイスや豆類、はちみつ・ジャム、チョコレートやお菓子。大きな薪釜で焼き上げているパンなどなど。
海外スーパーが日本に来ても、なんとなく中途半端で、最近はあまり嬉しいと感じなくなっていたのですが、これだけ品を揃えていれば上々だし、外国でスーパーに入った時のウキウキに近い感じを、久々に味わいました。
コンセプトも好きだし、どちらかというと高級スーパーの部類に入るのでしょうけど、高品質なわりに全体的に適正な値段設定も好感がもてます。



081023_04.jpg081023_05.jpg

お向かいのカフェでラテを飲みながら、休憩。(エスプレッソ200円だし素晴らしい♪ラテはちょっとぬるかった)
スーパーをうろうろしてて、パンはあるけどなんでケーキはないのかな?と思ったら、こちらにたくさん!
イタリア伝統菓子っぽいのとか、種類も豊富だし見た目にもすごくおいしそうでした。
(ジェラートのコーナーもあり)

EATALY全体がなんていうか、、真っ当なものを適正な価格で、皆がいいものを味わったり楽しんだりできる、
この浮ついたところがあまりない感じがとてもいいなーと思いました。
海外スーパー好きなら多分気に入るんじゃないかな~。。
(ちょっと生活圏からは遠いけど)私もまた必ず行きます♪

081023_06.jpg買ったもの。
・生パスタ(フジッリ)
・"ROI"黒オリーブ塩漬け(なんとかという種類のちょっと小粒なオリーブ。通もうなる味とのことで期待大。笑)
・アンチョビのオリーブオイル漬け
(開けたらよくある小ぶりでしょっばいやつでなく、手の指くらいの大きさの身がしっかりついたイワシでした。おいしいっ!!)
・チーズ(アジアーゴ・プレッサート)
・どこぞの有名なクッキー(バラ売りの)



081023_07.jpg

さっそく、フジッリのサーモン&ブロッコリーのクリームソースを作ってみました。
生パスタはモチモチとした食感がいいですね。
ちなみに、サーモンは刺身用のサクに塩と砂糖を刷りつけて1晩置くと臭みがぬけるとどこかで読んだので、
やってみたらほんとにいい感じ。。
で、そのサーモンを適当に一口大に切ってバターで炒め、白ワインか酒をふりかけて火が通ったら生クリームを投入。
(さっぱり食べたい時は、生クリームと牛乳を3対1くらいにするとよい)
ちょっと煮詰めて、茹でたフジッリとブロッコリーを入れて塩コショウで味付け、なんだけど、
フジッリを茹でるお湯にも大量に塩を入れるのと、仕上げに振り掛けるパルミジャーノの塩分も考慮して、
塩は控えめに。
簡単でおいしいです♪



ベーグルやっと買えました!
なんて・・やっとは少々オーバーですか。

でも、ずっと機会があったら食べてみたいと思ってたものの行けなかったんで。
考えてみたら代々木上原のあたりに行く機会などほとんどなく、
「ひ」さんのレポを読むにつれやっぱり食べてみなくては~と思い立って、会社が午後出の時にそうだそうだと
代々木上原まで行ってみたけど・・地図も忘れ、電話番号も分からず(案内で聞けば分かると思ってたけど、登録がない模様)
すごすご退散。
近いようで遠かった「マルイチベーグル」です。

昨日は一年でもめったにない、仕事が公然と早く上がれる日だったので、これは絶好のチャンス!!
と16時半頃代々木上原へ。まだ大丈夫だろうとは思うけど気持ちちょっと焦ります。
(18時までとあるけど、売り切れたら終わりみたい)
噂通り、初めて行くとなんとなく道が分かりづらいです。
駅を降りるとすぐ住宅街の細い道になるので、ほんとにこれで合ってるのかな・・と歩いていくこと5分、
井の頭通りまで出て、仲通り商店街の看板が見えたらもう迷うところはなしでした。

思ったほどは並んでなかったけど、ちょうどふたり前の人までで、今ある分は終わりとのこと。
次に焼きがるのは20分後ですが、、と言われたので「せっかく来たので待ちますっ!!」と答える。
でも待ってる間も、「あと○分です~、お待たせしてすみません」と逐一声をかけてくださるので、
こちらもじれったい気分にならずに待つことができた。

やがて、裏からほっかほっかのベークルが店頭へと運ばれてきた。
今回分はプレーンとゴマのみ。マンゴーなどは、とっくに売り切れだそう。
これも聞いていた通り、個数制限で買えるのは最高4個まででした。
店の人が他のお客さんと話してたのを小耳にはさんだところ、以前は制限をしてなかったけど、
だんだん買いに来る人が増えるにつれ、せっかく来たのに買えないという状況が多くなってしまったので、
やむをえずこの方法にさせていただいた、とのこと。
確かにねー。。例えば自分の前に並んでた人が最後の5個なり10個なりを全部買い占めてしまって、
はい売り切れです~って言われたら・・・仕方ないとは思ってもやっぱり悲しいよね。
私もそうだけど、特に遠くからわざわざベークルだけを買いに来たとしたら、
その時はもう二度と来るまい。と思ってしまうかも笑。



maruichi_01.jpg袋につめてもらってる時に、裏からブルーベリーは20分後と聞こえてきたので、いちおう、それってまた並べば買えるのですか?と聞いてみたけど、一人、1日に4個までとの返事。
ほんとは、ゴマよりブルーベリーやシナモンレーズンなどフルーツの入ったのが好きなのでそっちがよかったけど、お店側の気持ちも理解できるので仕方ないですね。。

ほっかほっかというより熱々です。幸せ~^^
袋の口をあけたままにして持ち帰りましたが、粉と酵母?のような独特な匂いがたまらず、途中何度も嗅いでしまう笑。





maruichi_03.jpgシナモンレーズンとかだと、バターかクリームチーズだけで十分おいしいですが、
プレーンはやっぱりこれだろう!ということで、
本日は「スモークサーモン&クリームチーズ」にしてみました。王道ですね笑。




久々に、噛み応えとモチモチ加減が納得のベーグルです。
味がシンプルなのは当たり前なので(某グルメスーパーで売ってるのが、生地が異様甘くてびっくりしたことはありましたが)、
あとはテイストの好みということでいうと、ここのはクセになる感じかな。
うん、おいしいおいしい。

で「マルイチベーグル」ですが、予定通り来週から長期休業に入られるようです。
次回はもっと気合を入れて笑、午前中に行くのがよさそうですね。




まとめ買いしたベーグルは、その日のうちに冷凍保存するのが一番。(つーかみんなそうですよね)
ただいざ食べようと解凍温めとすると、イマイチ味が落ちる・・というのが不満でした。

maruichi_02.jpgそこで、家で使ってる重宝グッズの中で3本の指に入るこれ。
パンウォーマー
知ってる人は知ってるでしょうか笑。
こちらのレビューにもあるように、最初まず思ったのが布って電子レンジにかけて平気だったんだ??と。(考えたこともなかった・・)
次になんか仕掛けがあるんだろうかと、ひっくり返したり隅々まで目を凝らして検証するも、ふつーにただの布でした笑。




しかし使ってみたらなにげに侮れないというか、、すごいんです笑。(ただの布なのにと思うから余計?)
冷凍パンの場合お皿に乗っけてラップしチンすると、水分というかじめっとしてしまう感があったんですが、
これを使うと、ほんと表面はさらさらだし、なんともいい具合。
クロワッサンやデニッシュ系にはあまり向かない気がしますが、ベーグルとか油分少ないパンにはバッチリです。
ベーグルは厚さによっても違うけど、1分20秒ほどチンして、それから二つに割って網の上で(コンロ)表面を軽くあぶるとおいしい。
あとどら焼きなんかもふっくら、あんこも出来立てっぽくほかほかです。

おかげで、どこかでおいしそうなパンを見つけたときは気兼ねなく大量に買えるようになりました♪




| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。