スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYへ  2004・6/30~7/8 (Part?)
連れ合いが先に帰国すると、夜の食事はどこに行こうか悩む。
思いついたのは「LA BONNE SOUPE」(48 West 55th Street)
壁に沿って2名席が並んでいるので一人で食事してる人も多く、ふらっと入りやすい雰囲気なのだ。
サラダ、パン、スープ、デザート、コーヒーが付くセットは量もちょうどいいので一人には有り難い。
メニューを見るとおすすめに「ロブスタービスク」とある。これもセットになる?と身振り手振り(笑)で聞くと、OKとのこと。やったー♪

スープが運ばれてきた。一口すすってみると、冷たい。
あれ?ロブスタービスクって、冷たいスープだっけ?(実はよく話は耳にするものの食べたことがない)
それと、このジャリっとする感触は何?なんか生姜のようだが。。そんな訳ないな。しかもま○い・・。
色も味もニンジンをすりおろした離乳食のようだ。でもここはアメリカ。
ほとんど手を付けないで残したら変に思われる。飲み込むのも苦痛になってきたが、なんとか1/3は食べたと思う。あーもう限界。

オーダーを取ってくれた女の人が席に近づき、「もういいの?」といった感じで皿を下げようとしてかなり残している事に気が付いたらしい。
皿を顔に近づける。「ジンジャー?!」間違いだったらしい・・・・
確かに色はロブスタービスクのそれだったが。「おぉ。。待っててすぐに持ってくるわ!」とか言ったようだが、Sorryはなかった。

NYやっとありつけたロブスタービスクと言いたいところだが、もう入らないよ~~。
お腹一杯の上、量が多くて(それと塩辛い!)これも飲み込むのが苦痛・・、でも頑張って1/4は減らした。
でも、早く気づかない私も私だ。いや、おかしいなーとは思ったのだが、英語圏に来るととたんに腰が重くなって、まあいいか・・になってしまうのだ。
しかしあの離乳食もどきは何のスープだったんだろう。やっぱり生姜は入っていたらしいが、未だに謎である。写真撮っておけばよかったな(笑)




スポンサーサイト

NYへ  2004・6/30~7/8 (Part?)
NY NY

4日目、『Metropolitan Hotel』へ移動。

この時期にしては珍しくホテルのレートが高め。また前回と同じとこにしようかな~どうしようかな~と思ってたところ、
ディスカウントで出ているのを見つけました。昨日見た時は安くなってなかったよなー、これはチャンス!とその場で予約完了。
(その3、4日後にはまた料金変更に・・マンハッタンのホテルってなんでころころレートを変えるんでしょう?毎日チェックしないと危なくてしようがない笑)

5月に改装が終わったばかりで綺麗だし、期待通り(以上かな)のいいお部屋でした。
特に感動したのはキングサイズのベット。もーふっかふかで気持ちよかった!!
腰も痛くならなかったし、ふかふかベットであんなに疲れが取れるとは思わなかった。
部屋は17階だったけど、ここ窓が全部東向いてるんだよねー。
イーストリバーでも見えれば万々歳だけど(そりゃ贅沢過ぎだ)、目に入るのはフィットネスクラブらしき店内。
マシンがあるようだがそれもガラスが黒くてほとんど見えない。あとはふつーのビルばかり。。は~地味な夜景。
でもいつもの110ドルくらいのホテルと比べれば格段にいいものなー。
約30ドルプラスしただけで、こんなに快適ならこっちがいいけど高い時は今回のレートの倍額近くになるのだ。(そりゃないよ~~)
NYのホテルには泣かされます。


NY念願のレストラン・ウィーク!!特にこのGramercy Tavernに行ってみたかったのよね。
日本から2度、NY到着日にもしつこく電話したが予約一杯と言われていた・・再度無理かなーと思いつつ、当日にTEL。11:30ならOKと言われて慌ててホテルに戻って着替え、ダッシュで行きました。ただでさえ暑くて体力ないのに、ここで一気に使い果たした感じ。


NY前菜に選んだのは、ガーリックが効いた薄いサブレが乗ったムース(甘くはない)と、シンプルなグリーンサラダ。グリーンマーケットの野菜と書いてあった気がするのだが・・折角行ったのに、これからはメモる癖をつけよう。
ガーリックサブレはパリパリ崩しながら、ムースと一緒に食べる。組み合わせの妙もあって美味しい。
グリーンサラダも満点に近い。野菜自体も美味しかった。レストラン・ウィークといえど手抜きが全然感じられないのがすごいな。
グラマシータバーンはやっぱり美味しかったです!(メインの魚のほうは塩が効きすぎだったが)
そしてスタッフの応対、店の雰囲気ともに、感じのいい店でした。
(5つに近い★★★★)



NYレストラン・ウィークに行ったもう一店、「Vong」
あらかじめタイ風せんべいとピーナッツソースががテーブルに置いてあって、エスニックムードを盛り上げてくれるが、さて食べ終わってみるとなんの店かよく分からなくなった(笑)味はまあ普通。。この魚は美味しかったよん。
「COD in a tamarind-ginger sauce with minted scallions」
(期待した分差し引いて★★)




ドレスコード有りと聞いていたので、タバーンに続き真面目に着替えて行った私たちだったが、もう着替えないぞ~~~。
昼着替えて行くのってめんどくさいんだよね。まあそれなりにこ綺麗な格好で、臨機応変に・・・・。



NYへ  2004・6/30~7/8 (Part?)
Union Square Innにチェックイン後、荷物を解き早速夕食へと出かける。

ホテル目の前のL線3AV.駅から8AV.まで行けばミート・パッキング・ディストリクトはすぐそこ。
夜遅くなっても一本なので楽ちんだ。その時の体調に合わせられるよう、いくつか行きたい店をピックアップしてある。

NY NY

この日の第一候補は、「Old Homestead」だが、スペイン料理も捨てがたく「EL CID」を覗いてみる。
混んでいるとの噂だったが、お客さんはまばら・・で、とりあえずやめとく(笑)
「Old Homestead」は歩道までテーブルが出ていて、そこで食べてる人のお皿がちらっと見えた。
で、でか。。確かに肉は美味しそうだけど、やっぱり着いた日の食事としては重そうだ。
迷った結果、向かいの「MARKT」に。
ここは昨年友人と初めて行った店で、バケツサイズで出てくるムール貝美味しかったよ~~!とさんざん連れ合いをうらやましがらせておいたのだ。
おすすめはトマト&バジル味。蒸しただけのムール貝にトマトの甘みと酸味、バジルの香りが加わっていくらでも食べられる。胃が重いと言いつつ全部平らげた。

NY NY

次に「Empire Diner」の甘いパイを食べようと(どこが胃が重いんだ~!!)、ぷらぷら歩いて22nd St.へ。
今日のおすすめが書かれたボードを持ってきてくれるがパイ類は売り切れが多く、
最後に残ってたのを頼むと、戻ってきて「ソーリー~~隣の客が先に頼んだので、もう無い」だと。
メン・イン・ブラック2でウィル・スミスが「ここのパイは最高だぜベイビー♪」とかなんとか言ってたから来たのにー。がっくし。
で、他にどれがおすすめなの?と聞くと「ちょこれーとむーす♪うちのは上品な味だよ。。むにゅむにゅ」
とかなんとか言ったので、素直に従う。こ・れ・が、とーーっても美味しかった!
たまにはホントのこと言うのね(笑)リキュールが聞いてて上品な味。
深夜だというのに、真面目に感心してしまった。でもビールにチョコレートムースって意外に合わないわね。

NY

今回のホテル『Union Square Inn』は、Unionsquare駅(14丁目)から歩いても5分くらい。
交通面では、コリアンタウンに次ぐ便利さ。また3Ave.と14th ST.が交差している辺りなので、夜でも周辺は明るくて安心だ。
Unionsquare駅も深夜でも人の出入りが多く、一日中賑やかな場所なのでホテルの立地としてかなりいいほうだろう。
ホテル自体はこじんまりしたバジェットホテルだけど、清潔感もあるし、寝るだけに帰ってくるなら十分。
シャワーのみだが、プライベートバスという事だけでも良しと思う。

NY NY

下のカフェで、宿泊者はベーグル、マフィンとコーヒーなど簡単な朝食が無料で食べられる。
たまにはいいホテルかカフェで、おしゃれなブレックファーストなどゆっくり楽しんでみたいなと思うこともあるけど、
今は、朝活動するのに最低必要な量を食べて、昼と夜しっかり食べるというパターンに落ち着いている。 続




NYへ  2004・6/30~7/8 (Part?)
Union Square Innにチェックイン後、荷物を解き早速夕食へと出かける。

ホテル目の前のL線3AV.駅から8AV.まで行けばミート・パッキング・ディストリクトはすぐそこ。
夜遅くなっても一本なので楽ちんだ。その時の体調に合わせられるよう、いくつか行きたい店をピックアップしてある。

NY NY

この日の第一候補は、「Old Homestead」だが、スペイン料理も捨てがたく「EL CID」を覗いてみる。
混んでいるとの噂だったが、お客さんはまばら・・で、とりあえずやめとく(笑)
「Old Homestead」は歩道までテーブルが出ていて、そこで食べてる人のお皿がちらっと見えた。
で、でか。。確かに肉は美味しそうだけど、やっぱり着いた日の食事としては重そうだ。
迷った結果、向かいの「MARKT」に。
ここは昨年友人と初めて行った店で、バケツサイズで出てくるムール貝美味しかったよ~~!とさんざん連れ合いをうらやましがらせておいたのだ。
おすすめはトマト&バジル味。蒸しただけのムール貝にトマトの甘みと酸味、バジルの香りが加わっていくらでも食べられる。胃が重いと言いつつ全部平らげた。

NY NY

次に「Empire Diner」の甘いパイを食べようと(どこが胃が重いんだ~!!)、ぷらぷら歩いて22nd St.へ。
今日のおすすめが書かれたボードを持ってきてくれるがパイ類は売り切れが多く、
最後に残ってたのを頼むと、戻ってきて「ソーリー~~隣の客が先に頼んだので、もう無い」だと。
メン・イン・ブラック2でウィル・スミスが「ここのパイは最高だぜベイビー♪」とかなんとか言ってたから来たのにー。がっくし。
で、他にどれがおすすめなの?と聞くと「ちょこれーとむーす♪うちのは上品な味だよ。。むにゅむにゅ」
とかなんとか言ったので、素直に従う。こ・れ・が、とーーっても美味しかった!
たまにはホントのこと言うのね(笑)リキュールが聞いてて上品な味。
深夜だというのに、真面目に感心してしまった。でもビールにチョコレートムースって意外に合わないわね。

NY

今回のホテル『Union Square Inn』は、Unionsquare駅(14丁目)から歩いても5分くらい。
交通面では、コリアンタウンに次ぐ便利さ。また3Ave.と14th ST.が交差している辺りなので、夜でも周辺は明るくて安心だ。
Unionsquare駅も深夜でも人の出入りが多く、一日中賑やかな場所なのでホテルの立地としてかなりいいほうだろう。
ホテル自体はこじんまりしたバジェットホテルだけど、清潔感もあるし、寝るだけに帰ってくるなら十分。
シャワーのみだが、プライベートバスという事だけでも良しと思う。

NY NY

下のカフェで、宿泊者はベーグル、マフィンとコーヒーなど簡単な朝食が無料で食べられる。
たまにはいいホテルかカフェで、おしゃれなブレックファーストなどゆっくり楽しんでみたいなと思うこともあるけど、
今は、朝活動するのに最低必要な量を食べて、昼と夜しっかり食べるというパターンに落ち着いている。 続




ハーモ美術館(下諏訪)
お出かけ お出かけ

2日目、ちょっと足を伸ばして諏訪まで。
諏訪というと、諏訪湖の大花火大会や諏訪大社の御柱祭などが有名だが、温泉や古い酒屋、昔の甲州街道の家並みが残るなど雰囲気のいい街だ。また湖を囲んで色々な美術館が点在している。その中でもハーモ美術館に以前から行ってみたいと思っていた。
湖畔に立つこの美術館からは、諏訪湖はもちろんのこと遠くに富士山の姿も見ることができる。平日のためか館内は静かで、のんびりと観て回ることが出来た。


アンリ・ルソーと素朴派の画家達。とあるが、ルソー、ルオー、マティス以外の画家は初めて・・と思っていたら、その中でも断トツ!好みだったグランマ・モーゼス(GRANMA MOSES/1860~1961)の絵はNYのメトロポリタン美術館にもあったらしい・・。あらら。やっぱりMETは広いわね~~(汗)
グランマ・モーゼスの絵は素朴で暖かく、四季折々の田園風景は良きアメリカの匂いでいっぱい。飾るスペースもないのに、つい大きなポスターも買ってしまった。

そしてなんとグットタイミング♪来年年始めには、渋谷のBunkamuraにて「グランマ・モーゼス展」があるらしい。これは必見。



| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。