スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬神家の一族
inugami.jpgが現在公開中です。

なぜに今“犬神家”?と思って調べてみると、あるプロデューサーが御年90歳になられた市川崑監督と、もう一度仕事がしたいと。でどうする?それならば原点に戻って「犬神家の一族」のリメイクしかないだろうということになったらしい。ふーん。。
そして石坂浩二がまた金田一を演じるということ。
なにしろ、若き日の石坂浩二の金田一が私の中での唯一の金田一なので、期待と不安が入り混じった気持ちで観に行ってきました。




若い頃、一時かなりはまっていた横溝作品。
特徴としてはむせ返るような土の匂いと、したたるような濃い血の匂いといいますか・・
同じ時期に読んでいた江戸川乱歩は耽美的でどちらかというと劇場チック、人間の匂いがあまりしない感じでしたが、
横溝正史は、どちらかというと湿り気が多くて「土着」という言葉がぴったり。
日本の風習や気候にフィットする感じ。そしてどの作品も人間的悲しみをたたえてます。
例えば『本陣殺人事件』での岡山県の山深い村、本家分家の根強い世襲制度など、自分の全く知らない世界に、
本当にぞくぞくしたものでした。


原作の中で、金田一耕助という人物をあらわす時に、
貧相な風貌、背は大きくない、いつもよれよれの服を着てどこからともなく現れてまた去っていく飄々とした男だが、
どこか人を惹きつけるところがあるなどと書かれている。
そしていざというときは、人をあっと言わせるような頭脳明晰ぶりを発揮する。
これに私の中では、誰が見てもというわけじゃないけどよく見るといい男、なんとなくインテリな雰囲気を持っている、
というのが加わるのですが、、


TVドラマのほうでお馴染みの古谷一行は、失楽園オヤジにしか見えないので全然だめ。
(稲垣)吾郎ちゃんはどう見てもアイドル顔だし・・
鶴太郎にいたっては、どうしたらそういうキャスティングになるのか理解ができない。(原作無視というのなら分かるけど)
まあ金田一に限ってということなので、お許しを。
そうするとやっぱり石坂浩二しかいないというか、私は原作のイメージにかなり近いと思っている。

そして、ウン十年後。
初老ともいえる石坂浩二が、あの金田一をどう演じる?


結論からいうと、ものすごく頑張ったんじゃないかと思う。
だって、白い巨塔であのアクの強い教授を演じてその印象がかなりあったというのに、
今回は若き頃のさわやかさも垣間見れたんですから、、
そうそう、人間姿かたちは変われど声って変わらないものなんですねー。

でも・・・有名なもじゃもじゃ頭をかくシーン、
それから、調べものをしながらたたみに這いつくばってものを食べるシーン。
これがきつかった。
若い時は汚いことや下品なことをしても案外汚らしく見えないものだが、
(そりゃそうだ、皮膚も細胞さえも輝くようにきれいなのだから!)
年とると、落としたフケも下品に口をあけて食べるさまも、ただただ不快感をもよおさせるだけなのだ。
こればかりは生理的反射なのでどうしようもない。
どんなに若い時キレイでもハンサムな人でもこれは同じ。ああ・・老いとは悲しいものです。
なのであのシーンだけはカットしたらよかったのにと思うけど、やっぱりフケはな~~。。外せないか。

もの悲しい主題曲も懐かしかったなあ。
で、30年たっても変わらないのは、
署長役の「加藤武(よーし分かった!!の人)」と、大山神官役の「大滝秀治」。
時を超越してます。さすがです笑。


**笑えた、『静馬のなれの果て』シリーズ
**参考URL
スポンサーサイト

満奈多(マンナダ)@東上野
まずはキムチの話・・
上野にキムチがおいしいことで知られる『第一物産』というお店があります。
お取り寄せ特集などでもたまに紹介されているようですが、
たまたま近所のスーパーで取り扱ってるのを見つけて、早速買ってみました。
まず口に入れた瞬間は甘いなーと思って、それから辛さがきます。
(やっぱり韓国の本場の味は、ちゃんと甘くて辛いというのが基本なのかな~と最近思う)
私はもうすこしニンニクきいてるほうが好きですが、ここのはわりとさっぱり目で飽きのこない味かな、、
でもおいしいです。
この間これまたスーパーで“(大阪)鶴橋の・・”というふれこみに惹かれてお試し買いしたキムチは
白菜が全然おいしくなかったので(こういうのは工場で作ってるんだろうね)、
それを思うと、第一物産のは白菜もおいしい気がする。
以前奈良に住んでる叔母が送ってくれた、鶴橋のニンニクたっぷりの手作りキムチ。
鶴橋の中でも人気店で、そこへ行かないと買えないと言ってたけど・・あれはものすごくおいしかった。
日本の糠漬けと一緒で、韓国でもそれぞれの家庭の味があるんだろうなあ。

そしてその第一物産がやってる韓国料理屋があると聞いて行ってきました。
上野駅から徒歩5分くらい、昭和通りをはさんで小さなコリアンタウンが広がってます。
初めて足を踏み入れましたが、けっこうディープですよ、ここ。。

0701-07.jpg大衆食堂っぽい店の前にあった大きなショーケース、食品サンプルがこれでもかと・・
一体いくつあったんだろう。
(カメラを持参していなくて、仕方なく携帯で撮影です。面白い絵だったので残念。。)




0701-06.jpgこんなただならぬ雰囲気の界隈に、突如現れたシンプルモダンなこちらのお店。




0701-01.jpg季節限定、牡蠣のキムチ。
ボイルしてあるのかなと思ったら、普通に生牡蠣を漬けてあるだけでした・・。
これは普通。




0701-03.jpg0701-04.jpg

豚プルコギの塩だれ。
肉と野菜が山盛りになってるのはいいとして・・その周りを囲むように水たまりがあるのは何故??
へっ?本当のプルコギってもしかして、、焼肉と鍋のあいのこ?ジュージュー焼くんじゃないの?
衝撃だ。。

煮立ってきたら、想像した通り汁が少ない鍋のような感じになりました。
この汁、軽いとんこつスープっぽくしかも胡椒がきいてます。豚肉の味もよいし野菜も甘く感じる。
なんかすごくいいハーモニーを醸しだしてる。おいしいっっ!
息もつかずに食べてしまいました。

0701-02.jpg締めは、このスープにはラーメンしかないでしょう!つーことで・・
出てきたのは、インスタントラーメンだよーーー。(スープは少し足してくれました笑)
ちょっと前だけど、TVで韓国の若者の間で鍋ラーメンの店が流行ってるというのを観たことがあった。
あれも確かインスタント麺だったような。この衝撃もいい、いい。最高♪
こういうチープというかジャンクな味わいも意外と好きです。
塩プルコギ、おすすめ~!



そのほかは、チヂミも厚さがあって外側はカリッっ焼けてたし、イカのワタ炒めもなかなかでした。


200701-05.jpgデザートにマンゴープリン。いうより、ムースに近い感じだな。
マンゴープリンってココナッツアイスとも合うんですね。
これも合格。




今回は、味、衝撃度(笑)ともに満足でした。
立地も面白いしコスパもそこそこだし、結構穴場かもしれませんね~。

**満奈多(マンナダ)
東京都台東区東上野2-15-8
03-3837-5121

0701-08.jpg上野といえば、やっぱりこれね(笑)




ヨーガ元年
昨年の12月に数年ぶりにフィットネスクラブに入会しました。
友人が関わっていることもあって、オープン前からすごい設備らしいことや大人のためのちょっとラグジュアリー&ロハス(←これ定着した?)なコンセプトなどなど、そそる話をいっぱい聞いていたので入会する気は満々・・
ただネックは車で数分ってわけにはいかない距離!これだけで、今までなら絶対数ヶ月で挫折決定です。
でも今回はやりますよーー(鼻息荒い?!)ま、そんなにガシガシはやらないと思うけど笑。
自分でいうのもなんだけどいちおう気合は入ってるかな~♪というか気合入れないとやっぱ通えないかも。涙

ここは大人の~っていうコンセプト通り、がつがつ運動するぞ!って雰囲気もないし、本格的なスパエステも併設されてるし、
インテリアもバリあたりのリゾートホテル風だしと、カッコから入りたい私にはうってつけなのだ笑。
少しでもオシャレに~(雰囲気雰囲気)、インテリアも素敵で気分よく~そんな感じでウキウキ行ってたら、
あ~らなんとなく続いちゃった~~♪ってのが理想(笑)。
だって汗臭いだけのもろスポーツクラブっていうところだと、もう続かないと思うし、、(今までどれだけ空会費を払ったことか・・)
気分乗せられてでもなんでもいいから、とにかく続けられることが一番大事なのだ。
なーんてこと言って、ウェアは何年も前から着てるのでやってますけど笑。。
ヨガのクラスを多く設けてるのもよかった。
ずっとやってみたかったから。やっとだな・・

DSCN0461.JPG昨日と今日でヨーガのクラスを2本。
ヒーリングとか、デトックスとか、、いろんな名前がついてるけど、たぶん基本形のような感じ。
ルームランナー(っていうの?)でちょっと走って、そのあとマシンを1セット。

始める前はどんなもんだろと思ってたけど、今のとこすごく気持ちがいいし、自分にあってる気がしてる。
なにしろいろんな宗派があるし、自分にあう師匠を見つけられたらラッキーと聞くけど、まだまだ初めの一歩を踏み出したところ。ヨーガの道は奥が深い。とりあえず色々やってみることだ。
今年がヨーガ元年になるといいな、なりますように。



The New Year
NY_sky.jpg

あけましておめでとうございます!

ちょっぴり寒い元旦となりましたね。
でも空気がピーンと張り詰めていて気持ちがよかったです。
朝と晩お雑煮を食べて(何をおいても餅は太るね・・まちがいない)正月番組を観て、
いつになく静かなお正月。

今年も、ちまちまやっていきますので・・
お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします♪

| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。