スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリアピークから
香港に来たからには、一度は見ておかないと!
ってことで行ってきました。

中環の駅から、ビクトリアピーク行きはこちらという矢印に従って歩き、10分ほどで乗り場につきました。
そこからピークトラムに乗って山頂まで行くのですが、これが噂に聞いていたとおり、ものすごい急勾配で、
頭が後ろに下がらないように無意識に首に力が入るので、むちうち症になるかと思いました。
まあそれはオーバーですが、でも首の後ろが痛かった・・。
帰りなんて、立ってる人がみんな思い切り足を踏ん張っていて、
(もちろん床は滑りにくい材質にはなっているみたいだけど)
観光の定番中の定番スポットで、これほど楽に移動できない乗り物があるとは・・と妙に感動してしまいました笑。

E9A699E6B8AF070720054[1]

平日のほうがよかろうということで金曜の夜にしたのですが、うっかりPM10時を過ぎてしまい^^;
ビルの明かりはかなり少なかったです。
オフィスに人がいる時間に行くことをおすすめします。(反省)

E9A699E6B8AF070720048[1]E9A699E6B8AF070720053[1]

左のビルの色が、ピンク、緑、青、などに変化するのを、上に上がって気付きました。


それから、香港の夜景といえば、シンフォニー・オブ・ライツですが、
「香港ショッピング・フェスティバル」(8月31まで)の一環で、土曜日は花火が上がるとのこと。
わーい♪

**シンフォニー・オブ・ライツ&花火
 2007年7月1日~7月8日および7月14日から8月25日までの
 毎週土曜日 20:00~20:13


E9A699E6B8AF070720251[1]


スターフェリーに近いところと、尖沙咀東に近いところと、2箇所で花火が上がります。
水上なので“まあるい花火”はないですが、これはこれで楽しかった。

E9A699E6B8AF070720242[1]E9A699E6B8AF070720240[1]E9A699E6B8AF070720244[1]

しかし、花火の写真はほんと難しい。。
カメラと格闘していたため笑、花火は半分くらい見逃してるかも・・とほほ。
E9A699E6B8AF070720230[1]

ちょうど、星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)のショップの前で見ていたので、
目の前に花火!後ろにはレスリー!
(このポスターは確か、4月1日の命日にここで行われたイベント、芸能活動30周年の記念のやつだわ♪)
もしかして私最高な状況に今いる?って感じでした。
よくわかんないけど・・ありがとう「香港ショッピング・フェスティバル」!!



スポンサーサイト

夏の香港に行ってきました@ホテル編
今年2月に続き、2度目の香港。

実は今回は色々迷ったけど、思い切って行ってよかった。
もちろん相当暑かったし(在住の方のブログでも今年は特に暑いと書いてあった・・苦笑)
カラっとなんて全然してなかったけど、あの熱気も香港らしくてよかったと思う。
でも何よりラッキーだったのが、雨に全く当らなかったこと。
空港に着いた時、あれちょっと降ってた?ってくらいで、翌日からは、これぞ夏空~♪というのをおがめました。

E9A699E6B8AF070720121[1]

NWなので、成田出発は18:30。
しかし・・・やってくれました。
機材の積み替えがどーのこーのとか(この便LAから来てるんですね)で、なんと19:50発に遅延ですよ。
あははは。。勘弁してくださいよ~~~NWさん(泣)。
ホテルの最終チェックインが0時って書いてあったような気がするけど・・大丈夫かなあ。
まあそれはおいといて、夕方発ってのも意外と好き。
仕事とか日常からやっと解放されたーーって気分がなぜか高まるのよねぇ笑。
この開放感の中で味わうビールは、なによりも最高。
機内食は相変わらず質素で、せめてサラダにハムの一枚でものせて欲しいといつも思いますです笑。


でもこの遅れ、考えると不思議・・。

まず、
今回一緒に行く連れの会社の社長が、病気でもうだめそうだから今後のことを話しあっておきたいということで、
ちょうど香港に行ってる予定の日を空けてくれと言われた。
それで出発を少し延ばしたのだが、急に容態が悪化してしまって話し合いをすると言ってた日に亡くなってしまった。
既にチケットも発券済みだったんで、香港行きはパーかも・・。
でもものすごくお世話になった人だし、立場上もお葬式に出ないなんてことはありえないので、
それも仕方がないね。なんて話していた。

そしたら、お葬式は出発日の午前中に決まり、幸い夕方便なのでキャンセルはせずに済みそう。。ということに。
でも最後の最後まで家族と一緒に故人のお世話をしてあげたいというので、15時に東京を出たとしても、
飛行機のチェックインはぎりぎりという状態。
当日、ちゃんと送ってあげることはできたのだが、案の定渋滞にはまってしまった。
(平日の夕方は道路が混むのだ)
NWの人には、1時間前を切ると乗れるかどうか保障しませんと言われるし。
心臓どきどきで、成田で到着を待っていた。
予約していた駐車場もそこまで行く時間がロスになるので、急遽空港でピックアップに変更してもらい、
あとはなるようになれ!って感じだった。
で結果はなんとか間にあったけど、これまでの海外はほとんど定刻出発で、こんな遅延初めてのこと。
無事に乗れた飛行機の中で「○氏が遅らせてくれたのかなー」なんて話す。

人を気遣う優しい人だったから「最後までいてくれて有難う、楽しんでこいよ」って言ってくれているのかも。
なんてしんみりしつつも、今こうして好きな旅行に行ける幸せをかみしめたりして。
楽しまなきゃ、申し訳ない!って思った。
でも本当に親しい人の死って、こういう不思議な感じの流れがあるような気がする。
偶然なのか必然なのか?うちの母親のときもそうだった。

私もお世話になったことがあったので、なんともフクザツな気持ちで出発。


香港国際空港に着いたのは、10時半くらいだったか。
空港バス「A21」に乗って(旺角~尖沙咀~尖沙咀東~ホンハムの主要ホテル近くを通る)、ホテルへ。
どこかのサイトからプリントアウトしたバス停の表を運転手に見せて、
「ロイヤル・ガーデンはどっち(16番or17番)で降りればOK?」と聞いてみたけど、広東語で返されて全く分からない。
うーんとりあえず、自分で確かめながらいくしかないな。

市街に入るとバス停の間隔がすごい短いうえ、表に書いてある番号が標識にはない。
ひぇ~、なんだよせめてどこらへんかくらい書いておいてよ~涙。
しかも乗り降りする人がいないとバス停をとばすので、数を数えても無駄だった。。
でも旺角から尖沙咀までは、地下鉄の入り口が道路上にあったのでなんとなく位置は確認できた。
尖沙咀を過ぎてもうすぐかな~と思っていると、運転手が振り返ってなにやら叫んでいる。
どうやら「ここだよ!」と言っているようなので、慌てて降りる。
日航とかカオルーンとかもあるホテル街なので、てっきりそれらどれかの看板が見えて、
それを目印に降れば大丈夫かなと考えていたのだけど、、降りたら普通の街中だった。
(ホテルの前の道とは限らないのに・・思い込み激しすぎ)

ほんとにここでいいの?!と一瞬運転手を疑ったりしたけど、地図を見たらすごい近かった。。
ごめんなさい。ちゃんと通じてたのね♪

着いたのがほぼ0時。
部屋は禁煙のリクエストを出していたのに、喫煙ルーム。
今日は空きがないけど、もし匂いが気になるようなら言ってくれれば明日ルームチェンジしてくれるという。
最上階だし、まあいいか。


E9A699E6B8AF070720122[1]

おーーさすが4つ星。
枕の上にチョコレートがちょこんと(シャレのつもりでは・・笑)。

E9A699E6B8AF070720131[1]E9A699E6B8AF070720133[1]

ベットは超有名メーカーのよい品らしく、このベットを置いているのはあとはフォーシーズンだけ。
(香港ナビより)
という一文がロイヤル・ガーデンに決めた一番の理由笑。
もしかしてヘブンリーベット??と期待したけど、わりと硬めの感じ。
もちろん悪くないんだけど、よくわかんなかったな笑。

今まで泊まった中でベットが最高だったのは、NYのメトロポリタンホテル(現ダブルツリーメトロポリタンホテル)。
中級くらいのホテルなんだけど、リノベーション直後で部屋もよかったしあんなヘブンリーなベットは生まれて初めて。
今思い返しても、よかったなーって笑。やっぱり寝る環境は大事ね♪
で、リネン類もイタリアのどこそこのを使ってます等々、色々書かれた紙が置いてあったくらいだから、
ホテルとしてのこだわりどころなんだろう。

E9A699E6B8AF070720006[1]

水栓もグローエです。特にシャワーが素晴らしい。
太めの水流なんだけど柔らかで、さすがグローエと静かに感動・・。

ちなみに、コンセントはBFタイプでした。(成田でBFタイプを買っていって正解♪)
変圧器を貸して欲しいと頼むと、工事現場で使いそうなごっついのが運ばれてきてちょっと驚いたけど、
カメラの充電も安心してできたのでよかった。

E9A699E6B8AF070720136[1]

窓からの景色はこんな感じ。

E9A699E6B8AF070720013[1]



最上階から。

E9A699E6B8AF070720113[1]

この色合いで統一された絵が、部屋のドア側通路に点々と。
好きな感じの絵なので、見るたびにほっとする。

E9A699E6B8AF070720042[1]E9A699E6B8AF070720047[1]

朝昼も天井から自然光が差し込んで気持ちがいいけど、夜はさらにリゾートムードいっぱい。
バイオリンやピアノの音色が流れてるのも心地いいし、あちこちに緑があって水があってホテル全体がオープンな作り。
暑い街中を歩き疲れても、ホテルに戻るとすごくリラックスできた。


今回の宿泊プランが、無料の朝食一回付きだったので、
翌日の朝ごはんは、ホテルのバイキング。

E9A699E6B8AF070720001[1]

E9A699E6B8AF070720009[1]E9A699E6B8AF070720012[1]

サラダやフルーツ、ハム、サーモンなど、どれをとってもフレッシュで大変おいしい。
点心やおかゆ、味噌汁もあった。
カウンターの中にシェフがいるので、ニンジン、リンゴなどをジューサーにかけた生ジュースも作ってもらう。
もちろん卵も、好きなように調理してくれる。
私は焦って前の人と同じで。と言ってしまった。せっかくだからオムレツにすればよかったな。

しかし、
おいしいものがいっぱいあって、食べきれないくせについ取りすぎてしまう私らも私らだけど、
こんなに種類があるのに、頑なにトーストを何枚かと目玉焼きしか食べない、隣のアメリカ人(多分)もアメリカ人だよ笑。
なんでバイキングに?

てなわけで、初日の朝からいい気分。
これからは、旅行中一回はこういう風にゆっくり朝食を楽しもう。


**「ザ・ロイヤル ガーデン カオルーン
69 MODY ROAD TSIMSHATSUI EAST
KOWLOON HONG KONG

今回は破格な値段で泊まれてしかも朝食一回付きだったので、かなりなお得感だった。
客層はほとんどが欧米系(なんであんなに白人ばっかり?)で、日本人には有名じゃないみたいなので、
この値段も、もしかしてもっと日本人客を呼び込みたいためのキャンペーンみたいなものかしら。。と思ったり。
一番ネックだった、駅から遠そう問題もぜーんぜんOKでした。
尖沙咀のGの出口に行くとすぐ歩くエスカレーターがあるので、スイスイ歩いて尖沙咀東のP2出口まで
5分もかからず。
階段上がってからも2~3分程度の距離。(さらに奥の日航まで行くとちょっと遠く感じるかもしれない)
地下道なので暑さも雨も防げて、何度も往復したけど遠くてイヤだとは一度も思わなかったし。
ネットでのホテルのクチコミ情報が少なすぎて、不安に思ったことが結構あったけど、
直感を信じてここに決めてよかった。おすすめです。

E9A699E6B8AF070720140[1]

街にくり出して最初に迎えてくれたのは・・
きゃ~~サムおやびんじゃないですかぁ♪
エアチケットを持ってるので、「香港においでよ!」って宣伝かと思いきや、奇華餅家のCMでございました。




月桃
沖縄に古くから自生する月桃。

最近は防虫、防カビにすぐれているということで、色々なところで使われている。
私が最初に知ったのは、家のリフォームで、できるだけ自然素材の壁紙ないかなーと調べていた時に。
(結局月桃紙は取り扱いが少なくコストも予算オーバーだったためあえなく断念し、竹炭入りの壁紙に)

で、夏になったら使ってみようと思ってたのがこれ。
『うる月桃香』

化学物質ゼロの、蚊よけです。
本物の月桃の香りは嗅いだことがないですが、ほんのり甘く落ち着く香り。
自然のものなので殺虫とまではいかないけど、私は家の中に虫が入ってこないだけで十分。
(殺虫成分のある煙を吸うほうがいやですよね)

uru01.jpguru02.jpg

今は玄関に置いてます。
月桃は沖縄のハーブとも言われているので、普通にお香として使ってもいいみたい。


uru03.jpg琉球ガラスで作られた、専用の香炉も売ってましたが、
少々値が張るためこちらはとりあえず保留。
この琉球ガラスの色って、好きなんですよねー。(なんでやっぱ欲しい笑)
ブルーもいいけど、実際見たら赤がすごくよかった。
他の色より約1,000円くらい高いので、何故ですか?と聞いたところ、ガラスは赤が出にくく“金”を入れて色を出しているので、その分高くなるらしい。
そう、真紅じゃなくてちょっと朱がかった赤が、イメージする沖縄の赤。




**詳細はこちら。「オキネシア

香港再訪
童友社から出ている食玩シリーズ『香港茶餐廰(ホンコンチャーチャンテン)』

これを知ったのはかなり前でしたがずっと欲しくて、
売ってるとしたら、アキバだろう~と思って探したらありました。
駅前の「ラジオ会館」。オタクさんがわんさといらっしゃって独特の雰囲気ですが、
でも自分も嗜好的にはオタクといえなくもないので、うろうろすると結構楽しい。
でもこの年で食玩(またはスターウォーズもの)を必死で探しまわる私って、
ハタから見たら多分、美少女フィギュアをじいいいっと見ているおじさんと、なんら変わらないと思う笑。。

発売から少し経っていたので、もう中身が見えてる状態で売られてるかも~と思ったら未開封の箱でした・・。
あー今回は目当てのものだけでいいんだどな(ズル)。
仕方ないので大人買い・・・は、やめて笑、
基本通り、振る、箱の重さを比べる(真剣に何度もやるのがちょっとはずかしい^^;)などなどして、
とりあえず3箱買ってみました。
早餐、午餐、下午茶餐と、それぞれ一種類ずつ当ればいいなー。

hk_s2[1]

早餐(朝食)のセット。
小さいけど、なかなかよくできてます。
お砂糖の蓋も開けたままに出来る(ちゃんとひっかかる)など、細かい技がほどこされています笑。

hk_s3[1]

振ったら明らかにカラカラの音が少なく、これは個体だな(TEA POT)と思ったら、大当たり~笑。
“SPECIAL”って・・これは素人でもわかるよ。。
そういえば、このでかくて長い布のフィルターどこかで見たなと思ったら「蘭芳園」の紹介記事に写真がありました。
※証拠写真
すげーほんとに使ってる・・ここのミルクティおいしかったからなあ。
今度は作ってるとこもちゃんと見てこよう。

もうひと箱もスタンダードな早餐セットで、たった3個でダブっちゃいました。
センスないわ笑。
バター入りパイナップルパンか、エッグタルトが目当てだったのに。

hk_s1[1]

こちらは、別シリーズ。リーメントの食べ歩き
『アジアンスイーツ』。こっちもドリンクがかわいい。

で、前ふりなんだか、いったい何を書きたかったのか支離滅裂・・よれよれです。
とりあえず7月だし、夏休みだし、このぐちゃぐちゃな頭もリフレッシュしないと~~~ってことで、
またまた香港に行くことにしました。
むっちゃ暑い&湿度100%?、そして雨が多い!(雨が一番困る)とトリプルですごそうな夏の香港。
怖気づいて一度取ったツアーをキャンセルしたものの、やっぱり行きたくて格安チケットを取ってしまいました。
なんで格安チケットかというと、
ず~っとどしゃ降りの雨でも、一体なんだってこんな暑い時期に来てしまったんだっ!!と思っても、
チケット安かったし、まあいっか!と心に余裕が持てると思ったからで~す(もうヤケクソ笑)。
しかし格安の場合、深夜着・早朝発はまぬがれないのでその分滞在を一日延ばすことにしました♪
さあ、あと数週間がんばるぞ。



| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。