スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小食天国@香港
香港で何が嬉しいって、ちょっと小腹が空いたときに、さっと食べられる“小食”がたくさんあること。

日本のラーメンもおいしいけど、どちらかという重たいし、
何とかのこだわりラーメンなんていうと、結構な値段だったりする。
(いいスープを作るのに、素材にコストがかかるのは分からないでもない)
なんで、しょっちゅううどんを食べている私。好きだからいいんだけど。
でもやっぱりなんだかんだ言って、食に対する貪欲さは中国を中心とするアジアには敵わないなー
と思うのですが、どうでしょう・・。

香港で食べられる小食たちは、安くて、お腹にもたれないものも多いし、味も本格的ときてる。
サイドメニューも色々あって、今日はちょこっと野菜を取っておきたいな、なんて時にも嬉しい。
どこかで聞いた話では、香港人は共働きがほとんどで、皆忙しいので必然的に外食中心になるんだとか。
それでこういう庶民の台所みたいな食堂がたくさんあるのかな?
日本の共働きが普通になったのって、そんなに長い歴史じゃないもんね。。
一人暮らしの若者はともかく、普通はお母さんが毎日家でごはんを作って、
外食はハレの日みたいな感覚?で来た気がする。
香港はそんな日本の外食文化とはまた違うんだろうなー。
どうなんだろう・・。


旺角の駅からすぐのところにある「香港仔魚蛋粉

E9A699E6B8AF070720017[1]E9A699E6B8AF070720019[1]

白濁したスープは何でダシをとってるんだろうと思ったら、魚だったようです。
しかも化学調味料はつかっていないらしい。
あっさりしてるけど、なんともいえない滋味を感じるスープ。なかなかおいしい。
麺は色々選べるので、米粉のやつで。
驚いたのは、この手羽とピーナッツ揚げ。
揚げたて熱々で供され、そんなにきつくないスパイスがほどこされている感じの味付けもよし。
これは意表をつかれてうまかった!ビールが飲みたくなる。

ちなみにチャーシューのせご飯はいたって普通だったらしい・・。
お連れさん、今回は大好きなチャーシューのせご飯のバカウマなやつを期待して行ったのに、
一度も“これ”という味に出会わなかった、お気の毒笑。
でもねーやっぱり自分でリサーチして、これぞという店に当りをつけて行くくらいでないと、
そうそう思い通りにはいかないのだよ、、。


中環「羅富記粥麺専家

E9A699E6B8AF070720176[1]E9A699E6B8AF070720177[1]

お粥といえば真っ先に名があがるほどの有名店。
おいしかったーーー、いや思った以上にかなりおいしい。
実はお粥という食べ物がそんなに好きではないと思っていて、
お粥を避けてきた理由が、まずあの糊みたいなテイストだったんだけど、
ここのはさらっとしていて、旨みたっぷりのダシとお米の優しい香りがなんともいえない。
お粥に開眼しました、ほんと。

私は魚のボールが入ったシンプルなの。連れは、牛肉と魚のミックス。
甲乙つけがたいけど、、牛肉と魚のミックスのほうがさらにうまい!!
ちょっとダシが濃いところに、針ショウガのぴりっとさわやかな香り、
中に魚の切り身がいっぱい入ってるんだけど、
これがめちゃうまし~~です。

E9A699E6B8AF070720180[1]

頼んでないのに出てきた一品。
いや、お粥のおすすめはどれ?って聞いたときに、おじさんが一番のおすすめと勘違いしたらしい。。たぶん。
こっちもよくわかんないど「うんうん、それで」とうなずいたんだろう笑。
でもおいしかったんですよ、これが!!手羽に続いてまたまたサイドメニューにやられました。
基本は魚のボールみたいだけど揚げたてで、このタレが臭くてうまいっ笑!
聞くと、貝を長時間発酵させて作った調味料らしい。
日本では何て言うんだ?というので、「はまぐり」だと教えてあげた。(いやアサリか?)
そしたらずっと、はまぐり~はまぐり~って言ってて可愛かった笑。
蓮香楼でもそうだったけど、やたら話かけてきて(こうするとおいしいよ、とか)、
親切で可愛げのあるホンコンおじさんが店に一人いると面白い。


2月に続いての再訪「蘭芳園」。

E9A699E6B8AF070720185[1]

食べ残したものがあったんで~♪これ、葱油雞扒撈丁(ネギ油のグリルチキン汁なし麺)。
ネギ油チキンに妙に惹かれて、、。麺は出前一丁です。
思った以上ではなかったけど、おいしかった。夏に食べるのはちょっときついか。
出前一丁のインスタント特有の脂っぽさはあるけど、チキンがおいしい、
全体的には思い切りB級グルメにふさわしい味だけど、もろブロイラーチキンみたいなイヤな脂っぽさが
ないというか。
あー思いは果たせたので満足。でもネギ油っていうから塩味かと思ってたら、なんかちょっと違った。

E9A699E6B8AF070720190[1]

ミルクティー製造工場(といっても店先)では、
ちゃんと食玩『香港茶餐廰(ホンコンチャーチャンテン)』にあった、
長い布のフィルター
を使ってを入れてました。

E9A699E6B8AF070720195[1]

話それますが、
「蘭芳園」の店の外にある写真。(わざわざ貼ってるってことは、有名な人なんだよね?)
香港に行くと、やたらめがね多いな~と感じるけど、ここまで揃いも揃って・・ねぇ笑。
特に男子のめがね保有率、どんなもんなんでしょう。
街中ではみんな「おぎやはぎ」に見えて困る。



少々失敗もありました・・。
(今回はわりとコンスタントに失敗している笑)

E9A699E6B8AF070720164[1]

前回行った「沾仔記麺食」の前の店のワンタン麺。
ここもどこかで紹介されてるのを見たのと、せっかくだから違う店にと思って。
あちらは満杯なのに、こちらはガラガラ。(冷房がないせいもあるのか?)
味は悪くはなかったんだけど・・。支払いでちょっと不明な点があって気分が台無しに。

E9A699E6B8AF070720125[1]

そして、帰国する際空港で食べた潮州風の麺。
薄すぎて全然おいしくなかった。あー最後の最後も失敗だ~~(涙)
中国人と見られる人たちには「大家楽」(ファーストフードのような店)が大人気のようで、
ここだけずらーっと行列が出来てました。
香港国際空港ってフードコートにやたら店がたくさんあるような気がするのですが・・。
飲茶の店もあるって噂だし、午後便だったらここでゆっくりランチもいいかも。


スポンサーサイト

香港スイーツいろいろ。
今日も残暑が厳しかったですが、
夜は虫の声がなんとなく秋仕様になってきた気が。
(ヤバイ・・秋になる前に香港記を仕上げなければ汗。。)

香港にはそこら中に糖水と呼ばれる甘いもの屋があります。
チェーン店の「許留山」などは、老いも若きも、男女関係なく夜遅くまで人がいっぱいいて、
スイーツをパクついている姿はちょっと不思議な光景です。
しかも、寝る前になんて最も太る元凶思いますが、、
(確かにスイーツと言っても、生クリームなどの脂肪分たっぷりのものはほとんどない)
食事の後に甘いものを食べるのは医食同源の考えに基づいているのだそうです。
いいですねー、いちいち頭で考えなくても医食同源な食事が日常生活に溶け込んでいるようになりたいものです。
日本で思いつくのは、沖縄食かしら?


許留山」にて。
初めて本場香港スイーツを体験したお連れさんも、なんだかんだいって「許留山」がダントツと言っておりました。
(他にも隠れた名店があるのかもしれないですが)
このインパクト、そしてフルーツがおいしいこと。とりあえず何度も行ってしまいます。
E9A699E6B8AF070720033[1]E9A699E6B8AF070720040[1]

(左)マンゴープリン。
さすがに夏、(2月より)マンゴーが甘かったです。
(右)フルーツてんこ盛りと、なんかのセット(なんだったけかな?!)

E9A699E6B8AF070720145[1]E9A699E6B8AF070720151[1]

(左)マンゴースペシャルみたいなやつ。昔日本で流行ったナタデココ入り笑。(どこへ行っちゃったんでしょ?)
(右)「楊枝甘露」
グレープフルーツにマンゴー、タピオカ、ココナッツミルクなどが入ったデザート。
グレープフルーツの苦味、マンゴーの甘さとミルクのコク。。
あーうまい。大~好きですこれ。
前回食べた「大良八記」の楊枝甘露より数倍おいしかった。
大良八記は、どっちかというと汁粉ものの店なのかも。
フルーツ系は、やっぱ許留山だな。


「満記甜品」(上環) にて。

E9A699E6B8AF070720102[1]E9A699E6B8AF070720104[1]

(左)「香港スイーツ情報を検索すると、何度も目にする“マンゴーパンケーキ”
多分見た目通りなんだろうな~と思いつつ、一度は食べてみなくちゃ分からないしね。
・・・はい、期待を裏切らない味でした笑。(裏切って欲しかった・・)
なんで香港にまで来て、生クリームたっぷりで単純といえば単純な作りのこれを、
「んもー、めちゃくちゃおいしーー♪」って言う人続出なのか・・?!まあいいや、人それぞれということで。
(右)ココナッツミルクの中に、マンゴー、パパイア、スイカなどのフルーツ、透明なぬるっとしたやつはよく分からない。
こっちはおいしかった。

E9A699E6B8AF070720105[1]

おきまりのプラスチックレンゲ。でも何故にデビル??


「杏花樓」(尖沙咀)にて。

E9A699E6B8AF070720221[1]E9A699E6B8AF070720227[1]

(左)マンゴープリン。
ほんのりフルーチェぽいテイスト、、残念いまいち。
(右)冷たい牛乳プリン。
これは、ほとんど甘さも加えてないナチュラルな味。
おいしいなー牛乳プリン、食べたことありそうでない味なのが。。次回は専門店に行ってみよう。


「鴻福堂」(駅構内の涼茶舗(漢方茶スタンド))にて。

E9A699E6B8AF070720143[1]

日本にもあったらなーと思うのが、これ。
体調が悪くても会社に行かねばならぬ時、
「途中で“あれ”を飲んだらちょっと元気になりそう!」みたいな・・駆け込み寺的なスタンドが欲しいです。
(近くの駅のファンケルではスタンドで青汁を売ってますが、飲み難さにおいてはまだまだ笑)

E9A699E6B8AF070720144[1]

これこれ。この黒々した液体・・コーヒーじゃないですよ。
風邪ならその名の通りだろ~ってことで感冒茶。(違ってたりして笑)

昔、にきび治療のために自分で煎じていた漢方薬と同じ味、思わず、おぇっっとなりそうな苦さです。
でも効きそうじゃないですか?
出発前の激務がたたって風邪を引いてしまったお連れさん。
ちょっと具合が悪いだけですぐ市販の風邪薬とかを飲もうとするので、香港に来たならこれを飲め!!
と押し付けました笑。
せめて冷たければなー(少し飲みやすい)ということでしたが、冷たいものは体を冷やすのでよくないの!
と知ったかぶって教えてあげました。(夏冷たいビールばっかり飲んでる自戒も含めて^^;)
ここは亀ゼリーもいちおしみたいです。



無条件降伏だなと思った夜
暑い・・。そしてたいして忙しくもないのに、なんだかあっというまに時間が過ぎていき、
更新もなかなかできず。ふぅ~

昨日は映画『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』の完成披露試写会に行って来ました。

報道陣もいっぱいきていて、多くの人が関わってひとつの映画が完成した時の高揚感が会場いっぱいに漂っていて、
こういう試写会に初めて行ったのですが、映画好きとしては、この雰囲気やっぱりいいもんだなーと思いました。

ジャンゴ 002.jpg映画パンフレットと、
三池監督直々に編集されたという主題歌「ジャンゴ~さすらい~」
のプロモーション・ビデオをいただきました。(どんなんだろう??)




『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
9月15日から全国一斉ロードショー。


ネタバレなしですが・・ただのヨタ話↓



Read More →


「蓮香楼」潜入記
前回は行けなかった飲茶。今回は何がなんでも飲茶、絶対飲茶~!
ってことで、選んだのがここ。上環にある「蓮香楼」。
このローカル度たっぷりの老舗に、「いざぁ~!」という感じで、潜入してまいりました。
(人気の点心は争奪戦になると聞いていたので、ほんとそういう気分でした笑)

早く行かないとモノがなくなるとも聞いていたので、AM8時を目標に・・、だったんですけど寝坊しました(汗)。。
着いたのは9時半頃。いちおう見渡す限りほぼ満席。
係のおじさんが、あそこ空いてるよと指差した丸テーブル(もちろん相席)に座り、まずはお茶をオーダー。

また、日本人観光客と分かると何も言わずにジャスミン茶が出てくると聞いていたので
(そう、今回ここに関してだけはバッチリ予習してきたのでした笑)
すかさず「ポーレイ!」と言う。
2人だと、普通1つのポットかなーとも思うけど、全く気にする様子もなく、
連れにはジャスミン、私にはポーレイ(普耶茶)のポットを置いてくれた。
ほんとは普耶茶あまり好きでないんだけど・・郷に入れば。ってやつで。
でも飲茶には合うみたいです。

E9A699E6B8AF070720058[1]

とりあえず、儀式から(笑)
見よう見まねで茶碗を洗ってみる。


さて、料理をつんだワゴンはどこから来て、どういう順番でテーブルを回るのかしら。
勝手が分からないので、とりあえず辺りを観察。
人はいっぱいいるのだが、思ったほどじゃんじゃんワゴンが回ってくるわけでもないらしい。
席に案内してくれたおじさんに食べたい品を書いた紙を見せて、
「これとか、あとこれとか、、ある?」とジェスチャーで聞いてみると、
どうやら時間帯が遅く既に無いらしい・・。
品数が揃っているのは、やはり7~8時の早朝か。
というか・・このおじさん、片言の日本語がしゃべれて、
人懐っこいというかお茶目なおじさんの部類だったので、
このあとも色々と世話を焼いてくれた。

そっか、やっぱり早くくるべきだったか・・と思いながらも、ぽつぽつとやってくるワゴン。
近づいてこれ何~?って顔をするとセイロの蓋を取って中を見せてくれるので、
食べたいのがあったら、じゃそれちょーだい♪って言って伝票を渡すと、おばちゃんが印をつけてくれる。


E9A699E6B8AF070720059[1]E9A699E6B8AF070720069[1]E9A699E6B8AF070720078[1]

白い海綿みたいなぷにぷにしたやつと、棒状の練り物を基本に、
鳥肉、シイタケなどの具が加わったり、湯葉、白菜などで巻いたもの。
色んなバリエーションがある。最初は分からなくて同じようなのを取りすぎた。。

E9A699E6B8AF070720067[1]E9A699E6B8AF070720068[1]

餃子2種。
右の透明な皮のほうは、おじさんがおいしいよと教えてくれた。
見た目は普通の海老蒸し餃子みたいだけど、皮がしっかりしていて、具が海老以外もたっぷり入っていた。
おもわず「お、おいしい~~!」と言うと、おじさん嬉しそうににっこりしてたっけ。


E9A699E6B8AF070720074[1]E9A699E6B8AF070720082[1]

フィッシュボールと野菜。
味はしっかりついているけど、テーブルに常備してあるお醤油みたいなのに白胡椒を振り、
(またまたさっきの)おじさんが、これにつけて食べるといいよという。
今回気付いたんだけど、香港人は胡椒が好きなのかなー?しかも挽きたてじゃなくて、
S&Bのテーブルコショーみたいなのが。(他の店でも同様のことがあった)

右のは、それまでまったりしていたジモティ達がいっせいに動いたので笑、
そんなにうまいのか?!と思わず取ってしまった。もうお腹ははちきれんばかりだったんだけど^^;。
最初に食べたボールよりちょっとあっさりめで、下の野菜はなんだろう、にがうり?かな。
かなり苦いんだけど、体にはよさそう。
さすが医食同源の香港人、こういうのが好きなのね。

E9A699E6B8AF070720072[1]

テロテロの皮の蒸し物。これも点心では定番ですね。これはそんな好きじゃないかな。


E9A699E6B8AF070720071[1]E9A699E6B8AF070720076[1]

お待ちかねのマーラカオと、チャーシューマン。
ちんたら食べてたら、やっと出てきました♪
まったーりなお客がほとんどだけど、それでも新しいお客も次々入ってきてるので、
待っていればそれなりに新しい料理が出てくるようです。

やったーーー!一度目からウロコが落ちるくらいの本場のマーラカオが食べてみたかったの。
子供の頃、初めて食べたヤマザキのマーラカオ。(まだあるよね?)
こんなおいしいカステラがあるんだーと衝撃を受け、しばらくはまって食べ続けていた時期もあった。
私の中ではなかなか思い出深いパンなのだ。
でも・・それは思い描いていた夢のマーラカオではなかった。。
どんなのと言われても困るのだけど・・。ふんわり、しっとり、卵のいい香り~。
絵本「ぐりとぐら」で焼いてた黄色いカステラみたいなの?・・ってわかんないですよね笑。
ここのはどちらかというと素朴な味わいでした。

本場のチャーシューマンは皮がおいしいねー。
中のチャーシューもはちみつたっぷりっていう感じの濃さで、、満足。

E9A699E6B8AF070720079[1]E9A699E6B8AF070720080[1]

おじさんに、お茶の作法も教えていただきました。なんてね、ただの合図です。

蓋をずらしておくと、「お湯入れてけろ~」
蓋を逆さにしておくと、「もう結構でっせ~」
だそうです笑。

E9A699E6B8AF070720062[1]

前に座ってたおばちゃん。(親戚のおばちゃんにちょっと似てた笑)
新聞読んだり、ぼーっとあたりを眺めたり、おもむろにとうもろこし(生)の皮をむき出したり笑、
たまにお気に入りのがくると一皿取ってみたり・・。お茶も何度もおかわりしてました。
一人で来てるのかなーと思ったら、随分経ってからダンナさんもやってきました。
「(いつもんとこ)あたし、先行ってるわよー」てな感じなのでしょうか。

E9A699E6B8AF070720085[1]

最後のほうはだんだん慣れてきて、皆がやってるようにおばちゃんが横向いてる間に、
勝手に蓋あけて中身確認してました笑。

E9A699E6B8AF070720086[1]

オヤジの園。


E9A699E6B8AF070720091[1]E9A699E6B8AF070720090[1]

あー最高でした。面白くて、おいしくて。
広東料理というのが、素材を生かした調理法であっさりした味が特徴らしいので、
点心はこれくらいしっかり味つけしてるのが普通でしょうかね。(けしてしょっぱくはない)
ガイドブックには必ず載ってるし、香港の飲茶といえば必ず名があがる店だけど、
なんていうか、“スレてない”感じがよいのですねー。
(先に書いた「O飯店」とはっきり違うのがそれ)

ほぼジモティのオヤジさん達が占めてますが、皆、気が向いた時にちょこっと食べ、
あとは思い思いに新聞読んだりお茶を飲んでます。
そしてそんな空気の中、たくさんの観光客も自然に受け入れてます。
店としての器がデカイ、うんきっとそうだ。
こういう余裕こそが、香港を代表する店であり続けられる所以なのでしょうね。

こんだけ食べて2人で2,000円ちょっとくらい。
この日はさすがに夕方くらいまでお腹がすきませんでしたね~。
でも今回まだまだ食べられなかったものがあるので、(最後はせり出したお腹をさすりつつ、
春巻きを横目で見てた笑)
次回もまた必ず行きたいと思う♪



スタバのウォーターボトル
1ヶ月ほど前ホットヨガのクラスに出たときに、
先生がかわいいウォーターボトルを持ってきていた。

そう思ったのは私だけじゃないらしく、
近くいた人が「センセーそれいいですね~、どこで買ったんですか?」
「あー、これニューヨークのスタバで買ったのよ♪」

ん??ニューヨーク?
ニューヨークと聞いたので私の耳はよりいっそうダンボに笑。
ユニオンスクエアの近くとかなんとか言ってる・・。「よし、次回の買い物リストには絶対入れよう。」

とは言っても次NYにいつ行けるとこやら。と、ググってみたら。。

きゃ~~、日本のスタバでも販売されてんだ!!
でも定番商品ではなくあくまでもプロモなので、そっこう完売になるらしい。
一番最近は夏のプロモで、6月頃発売?カラーはブルー。
あーなんで気付かなかったんだろう(涙)。

東京都内は無理だろうと、今日わが田舎のスタバ(1軒だけある)にのこのこ行ってみましたが、
やっぱり完売だそう。

どんなのかというと、
人様の写真を勝手に掲載できないのでこちらのリンクから。

どうでしょう、すごくかわいくないですか~♪♪
アメリカとかだと、ピンクやイエローもあるみたい。欲しいなあ~。
(どっかで見たよ~なんて情報もお待ちしてます笑)

ny_sb.jpg

私はNYでも結構スタバを利用するほう。
Astor Pl.にあるここは、テラスが緑に囲まれているのが気持ちよくて好き。
最近全然行ってないけど、変わってないのかな~。



**追記

wb_sb.jpg

今日tさんが、あそこにあったよーと情報をくれたので、
早速買ってしまいました!!
小さいサイズは売り切れで、32oz(946ml)のほうです。
デカイとかわいくなくなってしまうのでは。。と思ったけど、大丈夫でした♪
片手でも持てるし、一日に水をいっぱい飲むほうなのでちょうどいいかも。
ブルーも捨てがたかったけど、春バージョンの緑もよかったなーと思ってたらたまたま残ってたので
今回はこっちにしました。

嬉しいなー、会社にもむぎ茶作って持って行こうかな、むふふ。
昨日は諦めてたので入手できるとは思ってませんでした。しかもこんなに早く。
tさん、どうもありがとう!



| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。