スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫がいる街角@香港
旺角のスニーカー街をひやかした後、油麻地方面へとぷらぷら歩く。
ごみごみしたネイザンロードを抜け、調理道具屋さんが並ぶストリート、上海街へ。
以前行った佐敦の上海街より道具屋さんが多いかも~と、嬉々として土鍋や金物などを見て回ってると・・

おー、いたっ笑♪

そう、香港に行った人のブログを見ていると、よく店先にいる猫の写真が載っていて、
いったいどこら辺にいるんだろう?と思っていたのだ。(しかも雑貨・道具屋の類に多い)

やっと会えたね。

E9A699E6B8AF070720021[1]

E9A699E6B8AF070720023[1]

可愛いな~・・多分雌かな。でも人懐っこい~。
嫌がらないのをいいことに、ぐりぐりと撫で回す笑。

もっと撫でたい~と後ろ髪を引かれつつ行くと、

E9A699E6B8AF070720120[1]

何軒か先の食料品屋にもいました~♪
(1坪くらいのスペースに粉とか豆とかがホコリを被って並んでる感じの店)
この子もなかなかの美人さん。

猫と道具屋とか、猫と乾物屋とか、タイトルつけたいくらい。
下町っぽいところと猫って、なんでこんなに合うんだろうね。。

その足で、ちょっと先にある「美都餐室」へ行き、お茶をする。
50年以上続いている香港の名物カフェ(茶餐廳)。

E9A699E6B8AF070720003[1]E9A699E6B8AF070720016[1]

小豆ミルク(おいしい♪)と、鴛鴦茶。・・“ミルクコーヒー紅茶”です。
これも香港の茶餐廳名物。カップは既に、フリーマーケットで買ってきたのか?というような風合いです。。
噂には聞いてましたが、今回初めて飲みました。
味はコーヒー、鼻に抜ける香りは紅茶?いや、やっぱり半々にうまく溶け合ってるかな。
ヘンテコな味を想像しますが、意外にも悪くない。でも濃くもない。
しかし誰がどんな経緯でコーヒーと紅茶を混ぜようと思ったのだろう・・。
どっちも飲みたいから一緒にしちゃえーとか笑?
外国で色んな食べ物飲み物に出会うと、世界って広いよなー。と思う。

E9A699E6B8AF070720011[1]E9A699E6B8AF070720038[1]

週末の夕方。帰る頃には半分シャッターが下りてました、たまたまかな。
店自体も非常に雰囲気がある美都餐室ですけど、
やっぱりこの界隈のゆるゆるゆる~とした空気にも合ってるんだろうなあ。

お隣は天后廟。

E9A699E6B8AF070720117[1]



スポンサーサイト

shopping@香港
よくよく考えたらたいした買い物してないですけど^^;、
いちおうこんなもの買ったよ記録を。

バーゲンまっさかりだったので、なんか服買いたいよ~ってことで目をつけたのが、
香港ブランド「EPISODE」
ガイドブックかなにかで、香港のアルマーニと書かれているのを見て興味を惹かれました。
・・って、アルマーニなんて買ったことないし(買えないし笑)似合うとも思えないんだけど、
なぜか選んだのが「EPISODE」笑。
実は前回行った時、中環の一等地に店があるのを確認してたので、
なんだろうこの店は。。と思ってたのです。

OLさんに人気というだけあって、オフィスで着るには“出来そうな女感”が漂いそうで良さげ。
しかし、実際見てみたら私にはクールすぎました・・。
どちらかというと、大人なテイストでかつ少し甘いというか可愛さがある感じが好きなので、
結局隣のコーナーの「JESSICA」(EPISODEの姉妹ブランド)でお買いもの。


panda[1]

返還10周年記念Tシャツ(らしい笑)。
ほんとに着るのかーー?て感じもしますが。
プリントだけだったら買わなかったけど、スパンコール仕立てだったので、、むふ♪
これを入れてトップス4枚、黒のテレっとしたワンピ1枚。それに合うアクセサリー1ヶ。
ほとんど50%OFFくらいだった、安かったー。

citysuper[1]

「シティースーパー」でエコバック買おうかな~と思ったけど、
いまいち気に入るデザインがなかったので、スーパーのレジ袋をストックするバック
(エコバックの代わりとしては矛盾してるな笑)と、ランドリーバック。
ランドリーのほうはスポーツクラブの着替え入れに使ってる。

po-chi[1]

尖沙咀の重慶マンションのすぐ並びにある土産物屋にて。
こういう土産物ってどれも似たり寄ったりだけど、種類が豊富なので、
がさがさ探してるとたまに好きな感じのデザインがあったりする。
こんなんで大体150円程度だし、見るとついつい買ってしまう。

pro01[1]pro02[1]

これも、かなりどうでもいい買い物。
大人気の“アレ”のコピー品です笑。
粗悪品のなのかと思いきや、縫製も意外としっかりしてます。
(買うときには、店の人がすべてのチャックを開け閉めして見せてくれました笑)
「プロスポーツ」って、全然関係ない?名前にしてるのもいさぎいい♪
街で2人ほど堂々と「プロスポーツ」持ってる女性を見たし笑、
思い切りニセモノと分かるから、逆にそれはそれ、これはこれでいいかも・・なんて。
もちろん買った場所は女人街です~。500円くらい。
しかし、使うのかな笑・・。
しかもこの絵柄って妙に見たことあるんだけど・・なんだっけ、たまごクラブか?!


私の買い物のメイン。
調味料、乾物、そしてお茶(われながら地味笑)

cho-mi[1]

中環「九龍醤園」のオイスターソースとゴマペースト。
野菜や果物、切花などを売ってる店が立ち並ぶ、ごちゃごちゃした坂の中腹にひっそりとあるこだわりのお店。

余均益のチリソースは、とある香港板にて異様な盛り上がりをみせていたので、
思わず探してしまいました^^;(調味料オタクなもんで)
銅羅湾の街市にて発見。味は日本でも手に入るペンギン印の「左顕記」に似てるけど、
それよりもう少しさっぱりめな感じでした。私はよく餃子につけて食べます。
ラー油とはまた違った味わいなのですよ♪

kanpo[1]

上環の「安記海味」にて。
漢方スープを作ってみたかったので、それ系の乾物(杏仁、棗など)を色々お試し買い。
効能ごとに漢方パックになってるのもあり、日本語が少し分かるお姉さんに、
とにかく“美容”にいいのどれですかっ?笑、と言って選んでもらいました。
でもなんだかんだ言って、ご存知『燕の巣』が一番らしいです。。
私もいちおう瓶入りのを(甘い液体)何本か買いましたけど笑!
続けて飲まなきゃ意味ないですよね~やっぱり。

hasu_kyusu[1]rinki_ocha[1]

先に書いた「蓮香楼」の急須セットと、普耶茶1パック。
とりあえず好きな店のものは、買っとけ。ってことで♪

上環の林奇苑茶行にて、鉄観音とジャスミン茶。
記念に急須。
竹で出来た茶台もかなり安かったので思い切ってお持ち帰り。
(同じものが横浜の中華街だと3倍以上したような)
鉄観音(最高級烏龍茶)は、上海で買ったやつが最高においしくて、同じのを求めていったんだけど、
似てるようで違うというか・・あの時の香りと味には出会えなかった。
でも同じ品種のお茶でも、店の焙煎によっても味が違ってくるとのこと。
考えてみれば、当たり前なんだけどね。。お茶は上海のほうがやっぱり安いしいいかも。

E9A699E6B8AF070720106[1]

こちらも上環。
ドライフルーツ、お菓子の「王榮記」
ものすごい老舗だそうな。
ドライマンゴーとか色々買いました。
店内は狭いですが、とってもレトロな雰囲気。

おや、サムおやびんもお菓子を買いにですか?


追記:今回は、大好きな靴とバックは買わずじまい。
ちなみに割れもの系はどうしても買うことになるので、調味料の瓶類は、一つずつ布かぷちぷちのビニールで包んで、動かないようにきっちりタッパーに詰めます。今のとこスーツケースでも全く問題なし。
でもワインなどさらっとした液体でしかも割れたら被害が大きそうなものは、まだちょっと怖いな笑。
で、逆に急須などは手荷物で持って帰ります。


ベットラ会07’秋
恒例となったベットラ会、初めて行った時からかれこれ2年以上になりますか。
女同士でたわいもない話をしながらおいしいものをいただくのって、なんていうか、独特の楽しさがあります。
ミーハー話も女子ならではのお楽しみ笑。(だよね??)
これからもよろしくです。
ということで、今回はsさんyさんtりんさんと4人で。

070915 001.jpg070915 007.jpg

070915 009.jpg070915 010.jpg

お料理は自分の中でちょっとマンネリ化してます。
いつも通りおいしかったんですが、今回は「ん?」ってとこがほんの少し・・。

いわしのサラダ**前回おいしかったので再オーダー。ですが、いわしがちょっと脂っぽくて微妙に生臭さが出てしまったように感じた。
でも相変わらずこの味は好きなんですけど。

ブカティーニのアマトリチャーナ**太めの麺にあわせてトマトソースは濃いめでおいしかった。
(がNYの「Lupa」で食べたブカティーニはもう少し太くてしっかりしてたような)

軽い燻製のクイーンポークグリル**これはもう定番か・・。ほかにこれ食べてみたい!というのがない時は、クイーンポークか仔羊を選んでしまいます。

洋梨のコンポート バニラアイス添え**洋梨は赤ワイン煮も好きですが、これはどちらかというとあっさり仕上げていてほんの少しお酒が香る大人の味わいでした。色も白一色で見た目も上品ですよね。

それと気になったこと、もうひとつ。
最近なんとなーく“季節ならではのメニュー”というのが少なくなったような。
料理もそうだし、秋なら洋梨以外に栗やいちじくとかのデザートがあったりすると非常に嬉しいわけですよ、わがままな客としては。
こんなこと書くのもベットラが好きだからこそで(ずっと通いたいし)、けして苦言だけのつもりでは。。
(・・誰に言い訳してるんだか笑)

でもって、行った次の日(←今日)、今年中にもう一回ベットラ行けることになりました^^
予約日も忘れて、こんなこうるさいこと言ってるだけの私って・・すまん汗。
sさんいつもありがとね♪

総集編(つれづれ)@香港
7月の香港は一滴も雨に降られず、(暑いのはもうれつに暑かったけど)街歩きが思う存分できてよかった。
NYほどではないけど、香港もエリアごとに雰囲気が変わるのが面白い。特に香港島と九龍では全く違う。
香港島の中でもまた少しずつ違うのだが、今回行った感じでは、お茶、乾物などのお店が並ぶ上環が気に入った。
次回できたらこのエリアのホテルに泊まって、ゆっくり散策してみたいな。

E9A699E6B8AF070720168[1]

E9A699E6B8AF070720174[1]

宿泊したホテルがある尖沙咀東。
この写真↑のちょっと左側に小さな浮島のような乗り場があって、
中環までフェリー(スターフェリーではない)が出ている。
ホテルからも歩いて2~3分。乗ってるのも5分くらいなものなので、時間さえ合えばばすごい便利。
ただ、フェリー発着場から中環の駅の辺りまで行くのにちょっと歩くんだよね。
限られた時間だとこのロスを考えて、つい地下鉄に乗ってしまうけど、
香港のフェリーはいい!景色はいいし安いし。


E9A699E6B8AF070720115[1]E9A699E6B8AF070720118[1]

尖沙咀東は、日航やカオルーンシャングリラなど割と大きなホテルが密集していて、夜も静かです。
スタバもコンビニもあるし(ガイドブックによく載っているスヌーピーカフェもありました)
この広場を囲むようにたくさんの食べ物屋が並んでます。

そうそう、香港の噴水は風水学上、水が内側に向かっているそうです。
気とか運とかを内側に溜め込むみたいな意味なのかな?


で、風水ですが、

E9A699E6B8AF070720203[1]

E9A699E6B8AF070720161[1]


左は中国銀行ビル。ナイフのような鋭利な形をしているので、
建った当初は風水学上不吉だと言われたりしたらしい。
言われてみればなんとなくそんな感じもする。。
右も中環から金鐘あたりの金融街にあるへんてこな形のビル。(力寶中心と東遠金融中心)
上から見ると八角形に見えるそうで、こちらは縁起が良いのでしょうかね。


E9A699E6B8AF070720097[1]E9A699E6B8AF070720094[1]

上環。
やしの木を見ると、ああやっぱり香港は熱帯なんだなーと思う。(空港のイミグレ出たとこでも思う)
そして、こんな風に壁面がガラスというか、鏡のようになっているビルがすごく多いように感じる・・。
金運に関することって、“光るもの”がいいんでしたっけ?家だと、西に光るものを置くといいとか。
(うろおぼえ)。
余裕があったら、香港・風水検証の旅なんてのも面白そうです。


E9A699E6B8AF070720198[1]E9A699E6B8AF070720218[1]

中環は、なんだかんだいって一番うろうろしてるかも笑。
ランドマークのルイ・ヴィトン。市松模様がすてき。
2月に行った時に、カミングスーンだった場所にH&M。
まあ、やたら混んでました・・。他がバーゲンの時にわざわざH&Mで買うことないので、
記念に小物でも、と思ったけどレジの長蛇の列を見て諦めました。。
関係ないけど、ここでアニヤのエコバック(持ってる女子)実物を見ました笑!


E9A699E6B8AF070720206[1]

銅羅湾の駅前、雑踏・・という言葉がよく似合う。
九龍では尖沙咀かな。

E9A699E6B8AF070720153[1]E9A699E6B8AF070720152[1]

でもあの若者でいっぱいのタイムズスクエアのすぐ横に、こんな路上マーケットが残っているんですね~。
おいしそうなフルーツがいっぱいあったので買おうか、と思ったけど、元なのでやめました笑。
(実をいうと元をよく分ってない←バカ)

E9A699E6B8AF070720204[1]E9A699E6B8AF070720156[1]

そして香港島での楽しみといったら、、なんといってもトラムでしょう♪
夏は暑いし(トラム事自体の熱気もすごい)雨が降ったら、きっとそのまま吹き込んできそうだけど・・
またそれも乙な感じ。
自転車とかがバンバン横切るのも、乗り物と思われてない感じが漂っててなごむ笑。


以下もっと見たかったもの2点。

E9A699E6B8AF070720229[1]

もっと見たかった、変な日本語。(@裕華国貨)
何故に過去形??笑

E9A699E6B8AF070720179[1]

もっと見たかった、返還関連。(@空港)

今年の7月1日は、香港返還から10周年。
行ったのが直後だったのでもっと色々催しや飾りがあるのかと思ったら、あまり見なかったなあ。
やっと帰りの空港でパンダ・・てのもなんだかさみしいけど。



ル・コルビュジエ展@森美術館
コルビュジエといえば、若い頃あの有名なソファに憧れて、
(黒の皮貼りで四角いスチールパイプで囲われているあれです)
自分に合うかどうかも考えず、本気で買いたいな~と思ってた時もありました。
今はもう欲しいとは思わないけど、デザイナーが作る椅子やテーブルは本当に気に入ったものが
あれば1つや2つ思いきって手にいれてみる、という考えには賛成です。

私も数年前、一生使うダイニングテーブルをと考えて、思いきって(かなり笑)
イタリアのB&B社でアントニオ・チッテリオのテーブルを買いました。
長さが2m以上ある大きなゲタ型のテーブルで、シンプルで飽きのこないデザイン。
猫がいた時はどうしても飛び乗るので、傷防止のため透明のビニールクロスを敷いてました笑。
というか猫がいない今でも引き続き敷いているのですが、(この行為自体かなり貧乏くさいのですが仕方ない)
それは、毎日の食事の場として使いつつも、一方では「美しいテーブルだなあ・・」と、
あくまでもずっと作品として見ていたいから。(なるべく傷をつけたくない・・)
なんでこんな話をしたかというと、やっぱり本当に気に入ったものは大事に扱うし、
毎日目にしたり触れたりするもので気分がよくなるのであれば、そんなに高くない買い物かなーと思ったりするから。
デザイナーのものが全ていいということではないけど、やはり長く評価されるものには理由があると思うし、
デザインも、個性が一貫しているのがいい。
でもこれは個人の趣味によりけりなのかもしれない。
いい洋服を着て気分がよくなれば、いくらでも高くないと思う人もいるのと同じで、なにに価値を置くかは人それぞれ。
私はどちらかというと家のものが好きなので。。





070831_01.jpg 070831_02.jpg


今回コルビュジエ展も、公共建築よりも、個人の住宅(それも小さい住宅のほう)と、
集合住宅に興味があって、これらの住宅を実寸大に再現した模型が一番の楽しみでした。

まず前半は絵。そういえば観たことなかったかも。
直線というより、曲線を多用している印象で、へぇ~こんな絵を書く人だったんだーと。
色使いも段々と強く原色に近くなっていき、これは展の後半で観た様々な建築物にもそのまま通じているようでした。
コルビュジエ自身が言っているように、絵も建築も全てのアートが見事に一貫しています。
強く表現したい何かが(これはよく分からなかった)、くり返しくり返し作品の中に現れてくるような。
特に最高傑作といわれるロンシャン教会の内部は、いくつもの窓から赤、青、黄色(ここでも原色)
といった光がこぼれるような設計になっており、入り口の扉一面にも派手な絵・・
教会にしてはなんとも印象的です。なんなんだろうこれは。という気持ちになります。
ただ映像で見るだけではよく分かりませんでした。
実際に行ったらすごくいいんじゃないかとは思うけど。

またこれもコルビュジエが言った印象的な言葉の一つですが、
“建築物は(人間と同じように)血、骨、筋肉などで出来た有機体である”(というような意)と。
そういう風に建築物を見たことがなかったので、面白かった。
でもだんだん建築物とあのソファ『LC2』が、つながりにくい感じがしてきて、
実は家具のシリーズはシャルロット・ペリアン女史によるものが大きいのかもしれないな・・とも思ったり。

とにかくコルビュジエは私がイメージしていたような建築家ではなかった。
いい意味で裏切られたというか、人間的で(建築の方向も対人間だし)ちょっといやな感じの高慢さとか、
エネルギーの強さも含めて芸術家だと思う。
貝や石が好きで集めてたって点は意外だったけど、すごく親しみがわいた(自分も好きなので)笑。
それとフランス人をよく知ってるわけではないけど、、なんかやっぱりフランス人だなーという感じがすごく笑。
コルビュジエは日本人に非常に人気が高いらしいですが、意外と一筋縄ではいかない分からなさ加減がいいのかなと思ったり。
なんて、一度観ただけの印象にすぎないですが。。

とにかくも、集合住宅の一室と、最後に過ごしたカップマルタンの休暇小屋(カッシーナ社が作ったそう)
を体感出来て、それだけで行った価値があった。
それとまさか『LC2』のプロトタイプが見れるとは思ってなかったので、これは嬉しかった。

会期が長いから少しは空いているのかと思いきや、結構混んでました。
色々考えたり感じることも多く、気付いたら2時間たっぷり観てしまった。
夜遅くまでオープンしてる美術館、ほんといいです。
仕事を終えてちょっとお茶飲んで、それからでもゆったりと余裕を持って観て回れました。
わずかながらも日常とは別のところで集中すると、すごい頭がリフレッシュしますね。


**ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡
2007年5月26日(土)~9月24日(月・祝)

| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。