スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンシー関 大ハンコ展@PARCO FACTORY
さきにこっちを書こうと思ったのに、インディがあったりして前後してます。。

080613nancy_01.jpg今回開催期間が短いということもあって、気持ちは焦りつつ・・
結局最終の週末に行くことができました。

混んでるのは覚悟だったけど、行った時間には6Fから3Fの階段まで入場の列ができていて、これは1時間はかかるかなーーと思ったけど案外するすると進み、30~40分ほどで中へ。
というのも、5000個の消しゴムといえどやっぱり一つ一つは小さいので、会場も思ったよりコンパクトな作りでした。

アイドルや政治家、スポーツ選手などなど、ジャンルごとに消しゴムが陳列されたケースと版画がひとかたまりに展示されています。
ナンシーさんお得意の分野ばかりです笑。





その中でも、特にツボにはまったのが、
「古今東西・文化人」(大島渚とかそのへん笑)と「女優」
どちらも業が深そうというか笑、人間としてアクが濃いほうが彫られたときに数倍面白くなる気がします。
で初めて消しゴム本体を見ましたが当然彫った後がえぐれていて、それがちょうどウロコみたいに見えて、
妙な凄みがかもし出されるんですよね。(楳図かずおの漫画のへび女みたいな・・笑)
なわけで、往年の女優さん方の迫力ときたらっ!
杉村春子先生の佇まいもすごかったけど、もっとインパクトあったのが清川虹子。
彫りやすい顔というのもあるけどあまりにそっくりで、、おまけに添えられた言葉が『艶』。
(あーでもこういうのは瞬間芸のようなものだから、書いても面白さは伝わらないだろうなあ)
もう“ふふふふ・・”じゃなくて、“ぐふふふ・・”と笑いがこみ上げてきました。
いやー、女優って。。。

「音楽畑」も結構好きで、顔の周りにちょっと装飾とか遊びがあったりして、
他に比べてのびのび楽しんで彫ってる感じがしました。(ナンシーさんが音楽好きだったからでしょうか)
平井のKんちゃんの、『深彫』とか。おもわず大笑いしそうになりましたよ。
で、もともとが濃いめのお顔立ちだからか、本体(消しゴム)のほうもあまり違和感がなくて
(いや、りりしくて素敵でしたよー>sさん笑♪)驚きでした笑。

楽しかったー。足を運んで本当によかった。
5000個の消しゴムに圧倒され、その緻密な彫りの隅々まで見られてナンシーさんのすごさも再認識。
(お米に写経じゃないけど、そのくらい小さい作品もありました)
あとTVに出るような人物だけじゃなく、一般人、動物やモノもた~くさん彫っていたんですね。
どれも味があって可愛くて、一個でいいから欲しかったです笑。
そのほか、交流の深かった方(えのきどいちろう、松尾貴史、清水みち子ら)のビデオレターが流れるコーナーや、
会場の隅には、生前の仕事部屋の一部がそのまま設置されていたり、
ナンシーさんの体温がじかに伝わってきそうなこじんまりと密度の高い展示会でした。
※今後は、全国を巡回する予定もあるようです。


kiraku.jpg渋谷といえば!
久々に「喜楽」でラーメン。
20年前、池尻大橋というところに住んでたときは渋谷でしょっちゅうごはん食べたり買い物してて、当時もとってもお世話になりました笑。
安くておいしくて、平麺で焦がしネギのスープなんてあの頃は珍しかった。
一杯650円(3月に50円値上げしたと書いてあったけど)という値段も、あまり変わってないんじゃないかな。
おばちゃん(もうおばあちゃんか)も、ずっといる気がするし笑。
せつないような懐かしい味ですよ笑。




スポンサーサイト

「インディー・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」
indianajones.jpg「最後の聖戦」から19年、だそうですね。
映画館で観たのは覚えてますが、それも10年前くらいかと思ってました^^;
映像はところどころの記憶、話は全然覚えてないし・・完全に浦島太郎状態で観にいきました笑。

どちらかというと、娯楽映画はあまり好んで観に行くほうではないけど(ひねくれてるのと食わず嫌い笑)、
ヘタな映画(見終わって結局何が言いたいか全然分からないようなやつ)観るより、純粋に楽しむためとかエンタメに徹した映画のほうが圧倒的に面白い場合もありますもんね。これは絶対。
表現方法はひとつじゃないし、どんなジャンルでも面白い映画は面白い。






Read More →


ラデュレ♪
な、なんと新婚旅行でパリから帰ってきた同僚のお土産、ラデュレでした!
はいこれ、お土産~と薄緑のバックを渡されて、(もちろんみんなへ。という意味笑)
そこに“LADUREE”の文字が見えたときは、叫んでしまいました笑。

あーーびっくりした。
だって、行く前に喉まで「ラデュレ頼みたいんだけどぉー」という言葉が出掛かっていたんですが、
なにせうら若き男子で興味もなさそうだし、日持ちしなそうなものをわざわざ会社まで持ってきてもらうのもなーって。。
これはやっぱりメダイの奇跡がおきたのでしょうか笑?

※携帯のため画像はかなりいまいち
macaron.jpg色とりどりのマカロンを前に、うっとり・・。
でも食べられるのは一つです笑。
ピンクもむらさきもいいなーと思ったけど、sさんがお気に入りといった“シトロン”にしました。
思ったより甘い感じです。でも砂糖菓子みたいなもんだから、当たり前か。ねちっとした味わいはたまらないですねー。かすかに粒が残る感じはレモンピール?
おいしいのはもちろんだけど、マカロンのよさはこの色とまあるい形もありますよね。(最近よく、小さいマカロンのキーホルダー下げてる子がいて、すごく可愛いんだよねー)
ロマンチックなほわんとした気持ちになります。が、男子の面々は、みなさん揃って無難な色を選ぶのがおもしろかったです。





しらす丼連投(昨日のエントリ続きです)
好きなものは、毎日食べても飽きないほうです。
そして加減を知らないので、ネギや大葉やゴマをこれでもかとかけるのがクセです笑。
(お店みたく美しく盛れてないのでおいしそうに見えませんが、そのへんは家ごはんつうことで汗。。)





saburo_01.jpgsaburo_02.jpg
saburo_03.jpgsaburo_04.jpg


先日買った「三郎丸」のしらすです。連日連夜丼にしていただきました。
基本はごはんのうえに、
のり、青ネギ、大葉、錦糸玉子、金ゴマ、釜揚げしらすたっぷり。ポン酢少々。
あとはゴーカバージョン笑、としてイクラ乗せも。(このとき錦糸玉子は入れても入れなくても)
おいしすぎて、おもわず目を閉じて食べてしまいます笑・・。

鎌倉のしらすは、普通のと比べると少々大きいです。
【6/19追記】
大きい理由がわかりました笑。
単に成長したから。でした^^;(少し考えればわかることなのに)
3月下旬から解禁で、大きくなったらそろそろ終わりということでしょうか。
しかも行った数日後に、“しらすがいなくなりました”なんて書かれてたので、
びっくりです。というか、自然の神秘ですねー。すっかり姿を消してしまうなんて。
でもまた少し戻ってきたようです。
息子さんがやってらっしゃるという、しらす日記。面白いですよ。


すぐさま釜揚げしてるからか、しらす特有の魚臭さはほとんどありません。
実は買った当日、待ちきれなくて車の中で1パック食べてしまったのですが、
(一人で、ではないけど、どんだけ食い意地張ってんだ?って話笑)
なにもつけずにそのまま食べると、塩気は海の香りそのもの。そしてじんわり口に広がる甘さ。
感動ものです。
ここ数年いわしが獲れなくなったなんてことも聞くけど、こういうおいしい庶民の味はずっとなくならないで欲しいなー。

んでもって、ごはんがヘルシーだからいいだろう・・ってことで、(ご飯大盛りなのはおいといて笑)
おやつも食べちゃいます笑。

関西のmさんよりいただいた、ドイツ菓子ミッシェルバッハのクッキーローゼ。

rose_cookie.jpg

包みを開けた瞬間、わ~~♪っと思いました。いただきもので一番嬉しい瞬間ですね。
デイジーのような花もようも大好きなので、なんて可愛いんだ・・と。
そしてこの粉雪がうっすら積もったような感じもすごくおいしそう。
食べてみたら、見た目通り素朴かつ上品な味で、手が止まらなくなります。
バターの香りがなんともいえないのはもちろん、ザクっというような荒い感じでなく、
まさに積もったばかりの雪の上を歩いたときのような、キュっとしてサクっ。みたいな。この歯ごたえも素晴らしい♪

で、あのドリカムさん(吉田さん)らが、日本一おいしいクッキーと言って有名になり、
(いやもちろんその前から地元では知られていたのでしょう)
今ではなかなか手に入らないらしいと、あとで知りました。

いいものをありがとうございました。
一気に食べそうになるのを抑えて、毎日ちびちびいただいております^^




花と団子
昨年はなぜか行き損ねてしまった、鎌倉あじさいツアー(とはいっても、メインはあじさいでない気も笑)。
2年ぶりに行ってきました。

海岸線沿いの道はいつでも渋滞しているというイメージなので、
だいたいは鎌倉駅前の駐車場に車を停めて、そこから江ノ電に乗って色んなとこに行きます。
まず向かったのは、「七里ヶ浜」
そうです、今回の本当の目的はここ笑。(あと、しらす笑)

bills[1]

駅を降りると、ひときわオシャレな、絶対ここしかありえないだろうという建物が目に入りました。
事前に混雑具合を電話で聞いたところ、本日はかな~~~り混んでおります・・とのことでしたが、
名前を書かないと予約にならないそうなので、とりあえず現地に。

階段のところにうじゃうじゃと人がいます。・・ものすごくヤな予感笑。
いちおう聞いてみると、(1時半に着いた)席の用意ができるのが6時頃だそうです。
ひえー混んでると聞いてたけど、ここまでとは!
わざわざ平日に来た意味、全然ないじゃん!!(号泣。。。)

いや確かに鎌倉に入った時から、予感はしてたんです。
道に地図を持ったじじばば(失礼)がぞろぞろと列をなし、
遠足と思われるガキンチョ様方がそこらじゅうを走り回り・・
江ノ電のホームも人で溢れかえってました。
あじさいが見頃&雲ひとつない快晴の日は、平日でもダメですね。。鎌倉は。
まあ、人間考えること(土日よりマシだろうと)は同じってことですかね。

夜までゆっくりできないので、諦めようとも思ったけど、とりあえず名前だけ書いてきました、しつこく笑。
(もしかしたら、早く空くかもしれない・・と)

ajisai_01[1]

後ろ髪をひかれつつ、
「極楽寺」まで戻ってあじさいツアー開始です。

駅前からあじさいがお出迎え。


少し歩くと右手に「成就院」が見えてきます。
雨の影響で斜面が崩れてしまったとかで昨年は閉鎖されていましたが、今年は大丈夫なようです。
が、ものすごく混んでるし前回見たからということでやめました。
でもここは高台なので由比ガ浜も綺麗に見えて、いいスポットです。

そこから坂を下って長谷方面へと歩き、
5分ほどいったところにある「御霊神社」へ。

静かで、ゆっくりあじさいを見られる穴場だそうです。

ajisai_02[1]ajisai_03[1]ajisai_04[1]ajisai_05[1]ajisai_06[1]

神社裏は、しっとりと水分を含んだ緑に覆いつくされた崖になっていて、その合間からあじさいが顔を出しています。
濃い派手な色合いはあまりありません。わりと、わびさび系かな。

enoden[1]ajisai_07[1]

神社のすぐ前を、江ノ電が横切ってます。
あじさい客より、電車撮りのカメラ小僧がいっぱい笑。

rikimochi_02[1]

神社に入る道の角にある力餅家
江戸時代からやってるそうです。
最初ただいま売り切れの表示が出ていましたが、店の横を通った時に、
もち米を蒸かすいい匂いがしたので帰りにもう一度覗いたら、ありました。

rikimochi_01[1]

10個・650円。
写真で見ると大きそうですが、実際は親指大くらいの大きさです。
開けたとき、赤福みたいだなーと思ったけど、一口サイズで食べやすいし、
しっかりとしたコシのあるお餅自体の味がおいしい。
これはちょっとしたお土産におすすめ。(ただし日持ちしない)

santome[1]

そこから、さらに長谷駅方面に向うと右側に見えてくるのが三留商店
近所にこんな店があったらなー。というようなお店です。
オリーブオイルを1本買いました。


daisy27s20cafe_01[1]daisy27s20cafe_02[1]

billsでリコッタチーズのバナナパンケーキを食べ損なったので、腹ペコの限界。
由比ガ浜前にある、『Daisy's Cafeにて、ジャスミンライス(タイ×バリ風な味?でおいしい)とすきっ腹にビール。
目の前には湘南の海。・・このゆるゆるな時間、さいこうですっ。


yuigahama[1]

腹ごなしに、海岸にて貝拾い。
しかし、やってることがいつも一緒なのが我ながら笑える。

でも湘南の海岸って、巻貝とか、ピンク色の貝とか、なんでトロピカルな感じの貝がいっぱいあるの?
千葉の海だと貝殻なんてあまり見ないし、あってもアサリっぽい貝のような。。
なんでなんで??いつも不思議で仕方ないんですけど。


帰りしなに、今日の最大目的である『三郎丸』さんへ。
2年前初めて鎌倉しらすを食べて、目からウロコが落ちました。
私が日本一おいしい思う、しらすの店です。

shirasu_01[1]shirasu_02[1]

地元の人もひっきりなしにやって来ます。
その日の朝獲れた分を直売しているそうです。
生しらすは、前の人が買った分で売り切れてしまいました。
が、私は生より釜揚げが好きなんで。。3パック購入。
ちりめんじゃこも買いたかったけど売り切れで、聞くと今日は天気が良かったので、
明日には出来上がるんじゃないかなとのこと。
わーーちりめんも新鮮出来たてなのねぇ。さぞおいしいだろうなあ。
鎌倉の人って日常おいしいものばっかりたべてる気がしますよ笑。

**鎌倉しらす 三郎丸
神奈川県鎌倉市坂ノ下14-21
0467-24-1331


鎌倉駅に戻り、今日最後のお買い物。
御成通りにある、KIBIYAベーカリー

kibiya_03[1]kibiya_02[1]

しかしまだ5時ごろだというのにパンが残り2、3個しかなく・・
うーーんどうしよう・・と、トングを手につっ立ってると、
お店の人が、「よければ、今スコーン焼き上がりましたよ」と言う。あああ、じゃあそれで。と2個購入。
紙袋を開けるといい匂いがするので、つい歩きながら食べてしまう。

kibiya_01[1]

・・・うおーーーおいしいっっ♪
何もつけなくてもおいしいよ~。姿からしてぼそぼそ系かと思いきや、バターの風味もすごいし、外はほろほろで、中はしっとり!それと全粒粉ならではの香ばしさ。
焼きたてだったのもあるけど、ちょっとびっくり。今日の大穴はこれでした。またリピートします。

**KIBIYAベーカリー
鎌倉市御成町5-34
0467-22-1862

ほんと、日本国中どこでも好きなところ住んでいいよと言われたら、私は迷わず“鎌倉!!”と答えます。
以前から好きだったけど、やっぱりいつ来ても好きだなーと思う。
山があって海があって、静かで(観光客は多いけど)、
まったりしてるところもあれば、ハイソな感じ(これはお金持ちがたくさん住んでるんだから当たり前か)
と寺や神社が多いとこ。
それから、なんといっても食。
週に3日くらい東京に働きに行って、あとは鎌倉で隠居したい笑。
(2年前も同じこと言ってるかも)

このへんで日も暮れてきたので、billsはきっぱりあきらめて帰ることにします笑。
帰りの車の中でふと時計を見ると、ちょうどいい時間に(会社が終わる時間)O町あたりに着きそう。。
であればぜひしらすをお届けしなくては!と、慌ててメール。
いつもお忙しい方なのでどうかなーーと思ったけど、奇跡的につかまえました~笑♪

では、軽く一杯いきましょーということで、赤ちょうちん。
そのあとは、久々の『あとりえ』さんです。
しかし、いっつも思うけど(みんな思ってると思うけど)、yさんの飲み上手には感心してしまいます。
一軒目でおいしいものぱっと食べて(長居したら悪そうな狭い店ならなおさら)、
さっと切り上げて次の店に行く、その手際というか。。真の遊び人(←いい意味で笑)だわ~
とホレボレしちゃいます^^(またよろしくです♪)

kaga_kyuri[1]

ワインをいただきながら、つまみに加賀太きゅうり
うりのような太いきゅうりです。
炒めものに合うそうですが、こうやって皮を剥いてオリーブオイルと塩こしょうでもおいしいですね。
きゅうりくささがそんなになくて、みずみずしくさわやかな味でした。
家の畑でも今年初めて一苗植えてみたので、うまく生るといいなー。



| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。