スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいことあった日は@bistroあとりえ
年がら年中飲んでる私でも。
嬉しい時やちょっといいことあった日なんか(でも最近ないな・・とほほほ)は、
無性に一杯やりたくなるし、そういう時はビールよりもシャンパン、ワインが飲みたい。
高揚した気分をさらに明るくしてくれるお酒ってありますね。逆に泣きたいときは日本酒とか(うそ笑)。
で、そういう時は気のおけない女子だけで飲むというのも、これまた最高。

金曜日もそんな夜でした。
めでたいことがあったから飲みたいっ!というMさんの一言から召集がかかり笑、
大井町の名店bistroあとりえにて(もちろんおいしいお料理も大事)、女子6名貸し切りのディナーです。


まずはイタリアの発泡ロゼ。
ピンクの泡モノって、女子飲みにはかかせないですね。むふ♪
可愛いものを見ると無条件にテンション上がるんですっ。(こればかりは年は関係ないんですよ笑!)
ほんのり甘く、すっきりとして飲みやすかった。


前菜から。

080822_01.jpg080822_02.jpg

○鴨ロース、ホワイトアスパラ、キノコのマリネ&トマト
最初にマリネもの食べると、食欲が120%くらいに上がります笑。
すっぱいもの大好きなんで、マリネは外せません。

○マグロの脳天とアボカド
脳天は大トロみたいに脂がのっていて美味でした。舌に残るような脂くさくもないので食べやすいです。
これはお初かも。

080822_03.jpg080822_04.jpg

○つるむらさき、モロヘイヤ、紅ゆい菜のソテー
他の具が入らない青菜だけの炒めものっておいしいですよね~、ちょっとねばっとする食感もポイント。

○鮭とイクラとイワシ
これはマリネとまではいかない、わりと素材を生かした仕上げでした。イクラは筋子から作ったそうです。
あれ1粒1粒外すのが面倒なんですよね、力入れるとつぶれちゃうし。。
さすがシェフ、丁寧な仕事されてます。

080822_05.jpg080822_06.jpg

○さつまいものスープ
ここで、一休み。
さつまいもの甘みがよく出ていて、冷たくておいしい。スープが入ると全体が引き締まります。

○豚肩ロースのグリル
焼いてる時から、ローズマリーのいい香りが店中に広がってたまりませんでした笑。
肩ロースは特に好きな部位です。こういったシンプルなグリルとか、しゃぶしゃぶとか、
肉の旨みを味わうには最適なんじゃないかと。。いい豚さんだと、脂身がめちゃおいしいですからねー。
で、フライパンに投入する時ちらっと見えましたが、かなりぶ厚くて上等そうな肉でした。
有無を言わさず、うまいです!!



〆のごはんもの。
今回は幹事権限を使わせてもらい笑、カレーをリクエストさせていただきました。
(かなり無理くりです笑、6名でも足りないくらいのお手間かも・・すんません・・)
で、何カレーがいいかはあえて言わず、おまけのシークレットのように楽しみにしておりました笑。


080822_07.jpg出てきたのは・・
期待通りですっ!夏はやっぱりエスニック風カレーですよーー。しかもこんなにでっかい貝(はまぐりではないそうですけど、味はやっぱりはまぐりかな)までついて、見た目のインパクトも忘れないところもさすがです。
ご飯は、雑穀米。
家でも以前からたまに雑穀米を炊いてたんですけど、最近は健康のためだけじゃなくそのおいしさにも目覚めて、白米からシフトしつつあります。
子供の頃から食べてきたようなおうちカレーやビーフカレーなんかは除くとしても、インドカレーなどのスパイス系は雑穀米が妙にマッチするんですよね。エスニックは豆とかも使うし、滋味があるような食材にはだいたい合うのかも。




お待ちかね、デザート。

080822_08.jpg080822_09.jpg

イチジクのパイ
旬のデザートがあると、またまた嬉しさ120%に上昇♪
パイは高カロリーとは思いつつ、バターたっぷりでサクサクなのが好きだけど、
このくらいの大きさで十分ですね。下にひいてあるのは、(微発泡酒にも入れた)桃のコンフィチュール。

右はバターではなく、オリーブオイルを使ったくるみのパウンド
バターでなくても、いい香りがするんですね~。
重くないので、こちらもペロリといただきました。

080822_10.jpgそして。
さあおいとましょうか。。と席を立つ寸前に、yさんが「あれがあるなら、やっぱ食べたい!」と言って、出していただいたキャラメルムース
前日yさんのブログでおいしそうだなーと見ていたので、、嬉しい^^!



いや~、おいしくて(何度言っただろう)、楽しかった~。
皆さま、またよろしくです。
でもこの日はあとりえさんを出たあとも、ラストサマーを感じさせるような熱い夜が続くのでした。。笑。

TBがうまくいかないので、その模様はyさんブログにバトン(あら、何かを案じさせるよーな単語だ笑)です!


スポンサーサイト

UNIQLO×少年サンデー&少年マガジン
またまたTシャツです。

「少年サンデー・マガジン50周年記念」ということで、ユニクロからアニバーサリーTシャツが発売されています。
それだけならそんな驚くこともないのですが、なんと今年の3月から1年間に渡って毎週新柄がリリースされるそうです。
毎週って、すごいですよねー。全部で80柄くらいとか。
*プレスリリース1
*プレスリリース2





UNIQLO_01.jpgでました!
私の永遠のアイドル。
まことちゃん!笑




UNIQLO_02.jpgUNIQLO_03.jpg


メンズサイズしかありませんが、もちろんそんなのおかまいなしでお買い上げ。
“ぐわし”に、マッチョメマン(首の後ろにワンポント)ですよー。
く~~マニアにはたまりませんっ。
※ちなみにマッチョメマンというのは漫画に頻繁に登場する、松長製菓のキャラクターです。
どうでもいい人には全くどうでもいい話ですが笑。

しかし日頃さんざんお世話になっていてなんですが、
初めて「ユニクログッジョブ!!」と心の中で叫びました笑。
まことちゃんの顔でもいいんですが、あえてこの“ぐわし”のデザインにしたところがしびれます。
今回のコラボについて、どこかで誰かが「着る着ないは別として、やっぱり思いいれのある漫画のは買ってしまうと思う・・」
などと書いてましたが、
同感です!!>どこかの誰かさん

ここにきて漫画大国日本に焦点を合わせたのもさすがだけど、ユニクロも一つのジャパニーズカルチャーとみるなら、
やっぱりこのコラボはユニクロにしか出来ないというか、なんか久々にユニクロ本領発揮!と感じました。
で、こないだお亡くなりになられた巨匠・赤塚不二夫のバカボンとか、人気のなのは早々と売り切れるそうです。

少年漫画ではさすがにまことちゃん以外は買わないと思いますが、
同じコンセプトで少女漫画もやったら面白いのになあー。
萩尾望都の「ポーの一族」とか(これは絶対バラをモチーフにして欲しい)、大島弓子とかが出たら買います(鼻息)。
着る着ないは別として。しかし妄想するだけで、ワクワクしてくるのは日本人の血かしら笑。

余談。
夏休みのイベントでJRが「ポケモンスタンプラリー」なるものをやってましたが、
これがどこの駅でも大行列で、ちびっこが夢中になるのはいいんですけど、
こないだ地元の駅で、2、30代と思われる大人の男性が目を輝かせて順番を待ってるのを目撃しました。
なんなんでしょうね、この国は笑。
って自分も人のこと言える立場じゃないなー。とこのTシャツを握り締めてじみじみ思いました。





Bitten~Sarah Jessica Parker
先日NYに行った友人にお願いして、念願だったTシャツを買ってきていただきました♪
まじうれしい・・。

自分でも今年こそ3年ぶりのNYに行って「そこでそんなに時間を使うか普通!」ってくらい、
安くて可愛い服を見倒したかったんですけど、やっぱり年内はぜんぜん無理そう。。
センチュリー21、Daffy'sなどのディスカウントショップはもちろん、マンハッタンの各エリアにあるH&Mに
片っ端から入ってみたりと(店舗によって少しずつ品揃えが違う気がするのは気のせいか)、
“掘り出し物あるかも系”にとっても弱いわたし笑。
だけどこういう店って、何時間も夢中になって結局大した収穫もないことも多々。
(お?これは!!ってものに会うこともあるけど、時間対価を考えたら基本はギャンブル)
我ながらアホだな~~と思うけど、やめられないことってありますよね笑。

昨年nさんがいち早くNYで買ってきて、いいないいな~と騒いでたやつ。
一番欲しかったデザインです!
しかしNYに関してだけは、私はどんだけベタなロゴTでもウェルカムだな。むしろそれが欲しい。
NYCとかね、最高だ~笑。


bitten.jpgサイズはS。
アメリカだし日本のMくらいでしょ~と思ったら、かなり細身です。
胸からウエストあたりはまあなんとか見苦しくない程度のピチピチ感だけど、懸念していた肩が・・やっぱりでした。
いかにもここが肩ですっっ!!て言ってる感じ涙。(骨太でどちらかというとハンガータイプなもので)
他のトップスもわりと肩回りが内に入っているような感じのデザインが多かったそう。
サラの体型に合わせてなのか?と思ったけど、この写真見るとかなりきておられますよ。。(筋肉はうらやましい)
あ、でも襟は首周りにぴたっとフィットするように作られていて、スポーツTシャツとは違うおされさが感じられてよいですね。




bitten02.jpg
『Bitten』のコンセプトの一つが、20ドル以下で買える服だそうで、Tシャツも1000円弱程度でとっても嬉しいんだけど。。
「SEX AND THE CITY」のイメージを期待していくと、どうなんでしょう。
(もちろん違うことは重々分かってるけど)

ってことで、次回はここも検証してくるつもり。
(また時間が~笑。つーか、次回っていつだ~笑)





育ってます
2年前から小さな畑を借りて、好きな野菜なんかを作ったりしてたけど、
バレエ&ジャズにはまってしまってからは(特に冬場)、休みの日もそっち優先になってしまい、
すっかり雑草とカモミールに占領されたままになってました。
共同の農園なので、ちゃんと時間と手間をかけている畑とそうでないとこは一目瞭然です。
(知り合いのおじさんにもぜんぜん来てなかったでしょーって言われて、←つまり荒れ放題だったってこと
すごい恥ずかしかった^^;)

これまでやってみて、浅い経験からもなんとなく分かったのが、
確かに植えれば簡単に実が付くものもあるけど、やっぱり油断したり放っておいたりすると、
虫がついて病気になったり突然枯れてしまったり。
でも愛情をもって育てればたいがいの作物はちゃんと答えてくれる。ということ。
(天候や環境にも左右されるけど)
それには、定期的に状態を観察しちょっとした変化にも気付くこと。で状態に応じた世話をしてあげること。
などなど、やはり生き物相手と同じなんですよね。
だけど冬は寒いし、夏は刈っても刈っても勢いよく生えてくる雑草との戦いだし・・
ゴム手袋なんかしたって、いつのまにか爪の間に入り込んでくる土・・。
(繊維にまで入り込むのか、たわしでこすっても意外にとれない。この黒い爪・・涙)
猫の額ほどの畑でこれなんだから、専業農家さんの苦労はいかほどだろう・・というのも身に沁みて、はい。
やっぱり奥が深い世界だなーと。

なんで、今後は欲張らないことにしました。
いずれちゃんとやりたいけど、今は十分な時間がないのでお世話できる範囲で。
昨年まではそれぞれ3~4本は植えていたナスもピーマンもトマトも、みんな1本づつ笑!
枯れてしまったりうまく育たなかったら終わりだけど、それはそれで仕方ない。
ピーマンなんかはできすぎて、とても食べきれなくて無駄にしたりしてたので、
かえって、自分の食べる分だけ収穫出来るほうがいい。

でも、定番の夏野菜はたいがい丈夫かつ育つのも早いので楽しいです。
2週間前くらいから、だんだん最盛期に入ってきてます。
※同時に猛烈に暑くなってきているので、畑にいられるのは1、2時間が限度。
ゆっくり撮る余裕もないので写真は約1ヶ月前のものです。

corn.jpg今年は初めてとうもろこしを植えてみました。(1ダースほど)
ちょっと虫がついたり、鳥?にかじられたりもしましたが、ほぼすくすくと育ってくれました。
この写真だとひげの部分がまだそんなに黒くないけど、これが真っ黒になったら収穫どきだそうです。
まだ小さいかな~~と思った何本かは収穫を遅らせてみたのですが、それは失敗。
水分が抜けてシワシワに。。大きさは関係なかったんですね。
でもちゃんとタイミングよく収穫したのは、粒がはちきれそうに詰まってて甘くておいしかったー。
(とうもろこしと枝豆は、とってすぐさま茹でると甘みが全然違いますね)




kaga_kuri.jpgこれもお初。
加賀太きゅうりの苗が売ってたので、ちょっとやってみようかと・・
しかし、花はいっぱい付いてるのにいっこうに実のなる気配がありません。
ついに、後から種まきした四川きゅうり(いぼいぼのやつ)に追い抜かれてしまいました。
あとりえさんでいただいておいしかったので、とても楽しみにしてたんですが。。
何故なんだ~~^^;

ズッキーニも最初に1本立派なのが出来て以来、全然ダメです涙・・。
以前葉を切りすぎて(葉っぱばかりすごい巨大になるんで)枯らしてしまったので、今回は多めに植えたけど、どれも不作。




tomato.jpgトマトは2種。

こちらの大きいほうは、順々に赤くなってきてます。
ただヘタのとこから、ヒビが入ってしまったりするものが・・。これも何でなのかイマイチ分かりません。
まあいちおうちゃんと食べられるんですけど。
でもトマトには毎年苦戦してます。思うような味にならないんです。
おいしいのを食べたら、ほんとトマト嫌いの人も好きなっちゃうんじゃないかな。
と思うくらい味の違いが顕著にでる作物ですよね。
だからこそ難しい。今年はホームセンターで買った「トマトのための土」も混ぜてみたんだけどな~笑。
雨が嫌いというので、ここだけは雨避けのビニールテントも立ててるし。
元々、アンデスかどこかの標高の高い乾いた土で生まれたらしいので、そういう環境に近いのが一番なんだろうけど。。





mini_tomato_01.jpgミニは、この苗を買ったつもりでした・・・



mini_tomato.jpgなのに何故か、ほうずき???あれれ?
まだ収穫してないので真相は謎ですが笑、食べても分からなかったりして。
でも普通ミニトマトに外袋って見たことないし、やっぱりほうずきなのかな。




nasu.jpgナスは(ピーマンも)心配せずどーんと構えていればいいという、トマトと比べると非常に扱いやすいやつらです笑。
でもそれに甘えてお世話を怠ると痛い目にあうので(急に元気がなくなったり)、ちゃんと気持ちよく枝を伸ばせるよう整枝したりはしてます。




mint.jpg以前何かの時に虫除けとして植えたミント。
毎年陣地を少しずつ広げていきあっという間に野生化した、たくましきハーブ。
あまりに増えるので少し抜いて、その辺に放っておいたらまたそこに根付いてました笑。




でもハーブは色々あるとほんと便利だし、どの香りも好きなので今後は少しづつ増やしていく予定。
(ベランダのほうがすぐ使えて便利と思ってたけど、やっぱり大地に植えたほうがぐんと大きくなるみたい)

basil_01.jpgbasil_02.jpg

イタリアンバジルと、タイバジル。
バジルは一体どれくらい種類があるんでしょうね。
基本は同じだけど、やっぱりタイバジルはなんとなくエスニックな香りもします。
あとイタリアンと比べると葉っぱがワイルドです。
NYにある大好きな「Pho Viet Huong」でも、フォーを頼むと山盛りの生もやしとバジルが出てきますが、
ここのも、こんなワイルドなやつでした。
そういえばアジアの繊細かつ力強い料理には、柔らかいイタリアンバジルではなんとなく合いませんね。
で、イタリアのトマトソースにもアジアンバジルは合わないような。
土地土地に合わせてバジルも少しずつ姿と香りを変えていったんでしょうかね。不思議です。

togarashi.jpg唐辛子はどこの料理であってもしょっちゅう使うので、4本植えてみました。
ピーマンと同じような白い小さな花がつきました。
まだ全然赤くなってないですけど、1年分くらいできるといいな笑♪

あとセージも大きく育ってます。
コリアンダーは植えてすぐ枯れてしまいました。苗が弱かったのかな。




そんこんなで、実が生らなかったり枯れたりするたび、何故なんだ~~!と言いながら野菜と付き合ってます。
(悲喜こもごもとはまさにこのこと笑)
もちろんもっと勉強も必要だし、経験も。
まだまだこれから。と思って気長にやっていこうと思います。




shukaku_01.jpg

ある日の収穫。

で、

nasu_02.jpgナスとタイバジルのナンプラー炒めを。
最近のお気に入りです。
ニンニク、しょうが、赤唐辛子を炒めて、香りが立ったら下味をつけた豚挽肉を投入。
ナスは少々火が通りにくいので(とれたては割りと早い)別に炒め、細切りにしたセロリと一緒に豚挽肉の中へ。
最後の味付けは砂糖を加えたナンプラーを回しかけておしまい。
(ポイントは一気に炒めるのがコツですか)
簡単でおいしい。





夏本番
暑いですねぇ。
東京は22日間連続真夏日が続いてるそうです。
そういえば雨も少ないし、今年は早く梅雨明けないかなーなんて思う間もなくいつの間にか梅雨も明けていたようで、
嬉しいといえば嬉しいのだけど。

で毎週どこかで花火大会が行われる季節になりましたが、
人ごみの中へわざわざ突進していく気力は、すっかりなくなりまして笑。。

てなわけで、今年は横着して・・ベランダから。
少し歩けば何ヶ所かで上げてる花火が同時に視界に入ってなかなか見応えがあるのですが、、それもめんどい笑。

080802_hanabi.jpgでも思ったより綺麗に見えました。
蚊取り線香を焚き、あとは椅子だけ用意して冷えたビールを飲みながら鑑賞。
なんなくしみじみするけど笑、やっぱ家はいいです♪





| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。