スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べたもの、買ったものなど@福島(2)
福島(郡山)にて。

なんか地方都市って想像してるよりずっとすごいですね。
我が田舎なんかより、よっぽどおされな店も多いし一通りなんでもあるし。
特に郡山は食の関心度が高いというか、関東でもよく見かける幸楽苑もここ発祥だし、
そのほかにも郡山発という飲食店って意外に多いらしい。

出かけた先では、飛び込みでどこかに入るよりも基本的に事前リサーチした店に行く派なので笑、
今回もネットを駆使してよさげな店をピックアップ。

081227_kaiko03[1]081227_kaiko02[1]081227_kaiko01[1]

**『サロン・ド・懐古』

スープを中心にスローフード料理を出す店。
日替わりスープ(洋風・和風のいずれか)、お惣菜2品、パンor五穀米、コーヒーなどの飲み物付で、1,000円。
洋風はクラムチャウダー、和風は小松菜入りゆず味噌スープ。お惣菜は、炒り豆腐、揚げ餃子。
コーヒー、えごまのクッキー付き。

えごまはこの辺の特産物で、加工品も色々ありました。
特にえごま油は亜麻仁油などと並んで体にとてもいい油なので、家でも生食用に一本常備してますが、
お値段が高いのでなかなか全ての料理にとはいきません。
(こういう地元で買えば安いかなーと思ったけど、こちらとあまり変わりませんでした、残念)
味はスローフードというよりは、お料理好きなお母さんがやっている店といった感じかな。



081227_fumicafe[1]

**『FORMI INO CAFE』

本日のシフォンケーキとアイスコーヒー。
ランチはワンプレートに色々載ってるいわゆるカフェ飯。
全面大きな窓と、雑居ビルのフロアをぶち抜いて作ったような店内は広々して落ち着く。
飲み物とのセットメニューがないのがイマイチか。シフォンケーキはおいしかった。
本を読んだり、ぼーっとするにはいいかも。


081227_jam02[1]081227_jam[1]

**『Rom-jen, (ロムエン)』

代官山とかにありそうなおされなカフェ。
若いアーティストさん達が作った雑貨も色々置いてあり、奥にちょっとしたカフェスペースが設けられている。
ここは結構好きな感じ。
手作りのベーグルは全部完売。ジャムも、ほとんど売り切れで(バナナ&キャラメルが欲しかった)、
残りの中から、「ラ・フランスとオードヴィ」を購入。
オードヴィとは、ブドウ、リンゴ以外のフルーツブランデーのことらしい。
かなり甘みは強いけど、トロっとした洋ナシの果肉がたっぷりでなかなかおいしい。
ジャムというよりは、コンフィチュールに近い。塩気のつよいチーズにも合いそう。
今回は買い物のみだったけど、また再訪したい。


081227_sanshiro01[1]081227_sanshiro02[1]

福島といえば、知る人ぞ知る蕎麦の名産地。吹雪の中、飛び込みで入った
**『三四郎』

猪苗代湖の目の前。
蕎麦は田舎風ではなく、かなり白め。コシはあるけど、ちょっと寒天?のような初めての食感でした。
汁は濃い目で、ものすごくクセのあるかつおぶしなのか、、鼻に抜ける匂いが独特笑。
俳優・西○敏○さんがいらした時の写真が飾ってありました。郡山出身みたいですね。
てか、何年か前、小淵沢の某有名うなぎ屋でも偶然来てらしたご本人と鉢合わせしたこともあり、
もっと大昔には、とある撮影所でとあるドラマにちょい役で出させていただいた時に、
(全然別のドラマだったのに)上手く靴を履けない私に「大丈夫?」とかなんとか声を掛けてくださった記憶が。。
なんか不思議な縁があるのだろうか?!・・・いや偶然だな笑。


081227_morning01[1]081227_morning02[1]

郡山市内に何軒かある
**『ヨーグルト専門店・モーニング』

自家製のヨーグルトを量り売りする店で、プレーンの他にも色々ありました。
今回買ったのは、「甘夏とナタデココ」だったかな。
えーーと味はーー、わりと普通でした^^;;
でもヨーグルトを量り売りって形態が、あるようでないような・・ってことで。面白いですよね。
こちらも郡山発祥で、最近は都内にも進出してるもよう。



081227_igeta_sai[1]

会津・イゲタ醤油「彩」
いわゆるダシ醤油です。

スーパーでじっ~っと見ていたらおばちゃんが「あ、これおいしいのよ!ちょっとお高いけどね。
でも他と一味違うの~」と解説してくれた笑。
福島県人ならかなりの人が知っているダシ醤油で(料亭などでも使っている)、とにかく万能!ってことらしい。

本当はここの特級醤油(料理研究家・有○葉○さん愛用)が欲しかったんだけど・・。
メーカーに問い合わせたら郡山にも扱いのある店があるとのことで、何軒も周ったのに無くて、
結局「彩」を1本お買い上げ。
(やっぱり会津まで行かないとダメみたい・・)
でもお正月の煮物するのによさそう♪

081227_yunohana[1]

あと、高湯温泉の玉子湯で、
湧き出た湯の花をそのまま乾燥させたのものを販売してるとのことで、買ってみました。
自宅温泉計画てか笑。(ステンレス風呂はNG)

正月はどこにも出かけないので、たまりにたまった大掃除(まだ終わらないよー涙)と、
ゆっくりお風呂にでも入って、のんびり過ごします。
来年の英気を養うために。。


それでは、皆さまもよいお年を!!
スポンサーサイト

雪景色と温泉@福島(1)
いよいよ年の瀬ですね。

てなわけで、
仕事納め後、そのままその足で今年の垢を落としに行ってまいりました。
土日休みはあってもやっぱり1年気を張って仕事してるわけで、なんだかんだやっぱ疲れます~。
ダンスレッスンも増やしたはいいけど、足首から下と腰にかなり疲労がたまってしまい。。
(体は思ったより絶好調笑)

そう、迷わずなにがなんでも温泉!!です。
以前より一度行ってみたかった高湯温泉
山形蔵王温泉、白布温泉と並んで「奥州の三高湯」と呼ばれているそうです。
福島西ICから30分ほどで、ちょっと山を上がっていったあたり。

この日は寒冷前線?だかが東北・北海道の上に停滞するとかで、大雪暴風雨注意報が出ていたので
雪の様子を聞いてみたらかなり降ってますよーとのこと。びびりながらもとりあえず行ってみる。
確かに山道に入ったとたん、雪の量が圧倒的に変化する。
雪化粧された山や木々を見てる分にはとっても綺麗なんだけど、車がスリップしそうでドキドキ。。
でもなんとかたどり着きました。
初めてなので玉子湯と迷ったのですが、今回は『安達屋』さんへ。
あたり一面に漂う硫黄の匂い、、そしてひなびた雰囲気が秘湯っぽくていい感じ~。
立ち寄り湯は700円(1時間)。

081227_adachiya01[1]

内湯。
100%源泉掛け流し。
青みがかった白濁色のお湯で、浸かると湯の花のようなものが混じってるのが見えます。

081227_adachiya02[1]

露天風呂。
こんな細長い形の風呂でそれが奥へ奥へと続いており、途中から混浴になります。
早い時間だったので、他に誰も人がいません。
これなら混浴のほうに行っても男子いなそうだな・・どんどん進んで行きました。
と、思ったら人影が!

・・なんだ連れか。
でも怒られそうなので、洞窟になっているとこ(ここ楽しい~)に身を潜めていたら、
「あ!!!なにやってんの?!」速攻見つかってしまいました^^;
「全く!チャレンジャーだなーー」と言われましたが、チャレンジャーというよりは、
小心者のくせに好奇心が旺盛という性分なんですね、どうも。。
あの奥はどうなっているのかしら?⇒行ってみたいっ。
ってなもんで。
いざとなればタオルがあるし。お尻くらい見られても(相手も見たくないでしょうし)別にね~~笑。
あ、でもこういうのを日本語では“恥じらいがない”と言うんですよね・・・すみません。

081227_adachiya04[1]081227_adachiya03[1]

ふかふかの雪がこんなに積もってると、つい作りたくなります。雪だるま。
(しかし、作っておいてなんだけど・・変な顔笑)

高湯温泉、非常によかったです。
今まで行った近場の温泉で、間違いなくベスト3に入ります。
とにかく硫黄の含有量が半端じゃないんでしょうね、服にも匂いがつきまくりだし、
入浴後につけたシルバーのネックレスも真っ黒。タオルは洗濯してもまだ匂いが消えず・・。
足腰の痛みもなんとなくよくなったし、体も軽く爽快そのもの。温泉最高!


081227_rakusann03[1]

で、帰る前にももう一軒。
郡山市から猪苗代・会津に向かって走って20分位のところにある
磐梯熱海温泉・楽山さんにて、立ち寄り湯。
ここは周りにスキー場も多く、ちょっと気軽に温泉って時に使える感じです。

081227_rakusann01[1]081227_rakusann02[1]

お湯はほぼ無色透明。
ミネラル分が多いのか、結構ヌルヌルする感触があります。
露天風呂はあまり広くないですが、この日も他に誰もお客さんがいなかったので、
陶器の風呂をざぶんと独り占め♪
見上げると空から、粉のような雪が顔に落ちてきて気持ちいい~~。
こちらもいちおう源泉掛け流しとのこと。


さてお次は、温泉よりも実はこれがメインイベント!の、

beer_motomiya[1]

『アサヒビール園・福島本宮店
ここは私がビール工場に開眼したところ。
地元のサッポロビール・千葉ビール園もなかなか良いのだけど、やっぱり好みはこっちかなーー。
でもスーパードライは家では全く飲みません。未だにシェアは高いみたいですけど、、
(昔は好きだった気もするけど最近はなんとなくおいしいと思わなくなってしまいました)
だけど、ここのドライは別物・・出来立て、水がいい、色々条件はあると思うけどおいしいです。

081227_beer01[1]

頼んだのは、スペシャル食べ放題

しゃぶしゃぶとジンギスカンが両方楽しめるコース
(ラム肉しゃぶしゃぶ、豚ロースしゃぶしゃぶ、特選ラム肉ジンギスカンの3品)で2,550円。
プラス飲み放題がなんとなんと、奥さん!!1,150円ぽっきり~~~~。コスパよすぎ。

081227_beer02[1]

まずはしゃぶしゃぶですよね。
豚もおいしいけどロースなので若干あっさりしすぎ、比べてラムの柔らかくてほんのり甘く臭みのないこと~。

081227_beer03[1]081227_bee04[1]081227_beer05[1]

ビール1杯目はハーフ&ハーフ。
ラムはヘルシーだし、いくら食べても太らないよっ(いやそんなことないと思うけど笑)と、
2皿目、まだ行けるぞと3皿。。

081227_beer06[1]

スーパードライも2杯。
ちょうどいい、うまい!と思う温度で変な雑味もいっさいない。
出来立てを飲んでしまうと、ほんと缶ビール飲めなくなります。
(飲むけど笑)

・・・ふと気付くと、完全にペース配分を誤っている_| ̄|○
(あれ?そういえばなんとなく苦しいような^^;)


081227_beer07[1]081227_beer08[1]

しゃぶしゃぶもいいけど、ここはなんてったってジンギスカンが抜群なのです~。
まずは野菜を焼いて、その上に肉を重ねて蒸し焼きのようにしていただきます。
あああ、ほんとここのラムおいしい。いくらでも入るって感じ。
でもさすがにお腹がはちきれそう・・でももうもう1皿!みたいな笑。
後から思うと、しゃぶ2、ジンギスカン3がベストだったなー

081227_beer10[1]081227_beer09[1]

〆にハーフ&ハーフ。こんな風にその時の温度が表示されてます。



とまあ、全体的には楽しくおいしい旅だったのですが。

081227_yuki02[1]081227_yuki01[1]

帰る日、料理研究家・有○葉子さん愛用のお醤油を会津まで買いに行きたくて向かったのですが、
途中、猪苗代の手前の山間部で大変な吹雪にあいました。
とにかくどんどん雪が激しくなってきて、どうなっちゃうんだろう??と思いながらもUターンする道さえなく、
視界は前の車のライト以外ほとんど見えません。ひたすらスリップに気をつけて、灯りを頼りに進むだけ。
風の通り道になっている箇所では、一瞬何も見えなくなるし・・・
久々に生きた心地がしないというのを味わいました。
猪苗代湖まで行くとちらほらお店もあるので、そば屋に飛び込みほっと一息。
そこのTVで、大雪暴風の影響で東北新幹線が全線ストップしてるとのニュースが流れてました。
荒れた天気は前日までと思ってたのが、甘かった。。
今さらだけど、自然の猛威をあらためて実感。だってなんとか無事だったからよかったけど、
あの時一発物凄い突風でも吹いたら(可能性はなくは無い)、どうなっていたか。
自然だけはほんと甘く見ちゃいけませんね。


NYの冬~Tiffany
tf1224[1]

5年ほど前の今ごろ、
新聞に掲載された“ティファニーの広告”です。(たぶん日経)

新聞などとってなかったし、たまたま見つけたんだと思うけど、一目見て心奪われ大事に切り抜いた記憶があります。
写真のように鮮やかではないけれど新聞紙ならではの質感が雰囲気に合っていて、
全面まるまるというのもかなりのインパクトでした。
今でもNYのクリスマスというと、この情景を思い浮かべます。





かの有名な小説のせいもあると思うけど、
やっぱりNYの5番街にあるティファニーは、特別な感じがします。
そこになきゃダメというか。(同じ意味で、アッパーウエストにはゼイバーズ
これもアッパーイーストじゃダメなのよね~。なんとなく分かる人には分かるかな?)

初めてティファニーの店内に入ったのが確か2度目のNY(2002’)で、
ガラスケースが手垢で相当汚れていたのが印象深く笑・・他はイマイチ覚えていないのだけど。
でも建物の佇まいはとても好き。(特にホリデーシーズンがいい)
季節によって変わるショーウィンドウのディスプレイも、行くたびに楽しみ。

下は2005’ホリデーシーズンに撮ったもの。
この年のテーマは、タータンチェックだったんですね。

NY2005_tf02[1]

まだ自分のものを買ったことはないけど、
今後何か記念になるような装飾品が欲しくなった日(そんな日があるのか分からないけど)には、
NYのティファニー本店で買おうと決めてます。(買おう、じゃなくて買っていただこう。か笑?)
数ヶ月前に突然この考えが浮かび、何故か確固たる気持ちに変わりました。

・・なんなんでしょ笑。



キターーーーーっ!!
100年ぶりにパチンコなどやってみました笑*^^*
だってこれ、1度はやらずにいられないでしょ。

**『フィーバー スター・ウォーズ ダース・ベイダー降臨
以前にもSWのパチンコ台はあったはあったけどすぐに消え去ってしまったので、今回は再登場ってことかな。

でまさかまさかの、キマシタ!!大当たり~~~~
いやーすごかった。
リーチがかかってベイダーの兜がぐわ~んと上から降りてきたと思ったら、画面全体にベイダー様のお姿が。
まさに降臨笑。

081221sw_pc.jpgこんなこと滅多にないから!いや2度とないかもしれないから、早く早く写真写真!!
と慌てて撮ってもらったら、3つ目の「7」が切れてます。
これじゃあ当ってるかどうかあやしいよ。。苦笑

&真ん中に鎮座おわしますR2-D2、3体。
何かの度にピコピコと光って頭がくるくる回転し可愛いのなんの。
ちなみにアニメと実写の混合でしたけど、実写の部分はエピソード?からのものが多かったような。
リーチの種類もたくさんあって、一番うけたのが“アナキン&パドメ・愛の復活”編。
これは寄り添っている2人が一旦プイっと離れるのですが、
その後またくっついたら大当たり~。みたいなやつ笑。





でもー、まさかまさかフィーバーするとは思いませんでした。(なんと当り計4回!)
これはもうフォースの力です笑。というか愛の力はすごい。
ほんと「好き」という気持ちやエネルギーって甘くみてはいけませんね。
(ま、ギャンブルとしては損しなくてよかった程度ですが^^;;)

楽しかったっっ♪



ベットラ会2008冬
恒例のベットラ会。

12月のベットラ会が終わるといよいよ年末って感じがするから不思議です。
コースのお料理は、かなり来てるはずなのにいまだに悩んでしかも同じようなものを頼んでしまう。
ということをくり返していますが笑、まあ記録ということで載せておきます。

081218bt01[1]081218bt02[1]081218bt03[1]081218bt04[1]

前菜。
今回は単品でなく、以前から一度は頼んでみようと思ってた前菜盛合わせ。
色んな味が楽しめて、お酒のあてには最高です。

パスタ。
どちらかというとあっさりしたものが好きだけど、カルボナーラは別!
パルミジャーノと卵黄のこってりさに、ベーコン&黒胡椒の香り。
生クリーム系のパスタとも違う、カルボナーラはカルボナーラなんですよね。そういや昔から好きだったなー
で、もちろん赤ワイン。たまに食べるからおいしいんだろうけど、やっぱりこの組み合わせは素晴らしい!

メイン。
またまた仔羊です。(香草グリル)多分今まで頼んだメインの半分は仔羊のような気がします汗。
豚もおいしいけど、こちらのほうが肉が柔らかく、クセというほどのクセではないけどワインに合う独特の味わいがありますね。

デザート。
焼リンゴがなくて残念だったけど、とにかく季節モノに弱い私は迷わず、洋ナシ(シロップ煮?)とバニラアイス。
同じものを頼んだsさんと「(味は)普通だね~」という意見で一致したのですが、
考えてみればイタリアのデザートってあまり手をかけすぎないというか、
わりと素材を生かしたシンプル感じのものが多いですよね・・。
なんで基本に忠実といえば忠実なのかも。

というわけで、今年最後のベットラ会も結局新しい味に挑戦できなかったけど、
まあ好きなものは好きなんだからしょーがないですね笑。
皆さま、今年も色々楽しかったです。ありがとうございました!

帰りがてらクリスマスムードの銀座を激写しながら歩くものの、
例年に比べてあまりの人の少なさに、ちょっと口数も少なくなりがちな一行笑。。

081218_01[1]
ミキモト前から。

081218_03[1]
コーチさん。
ブランド品も、人がいないとなんだかさみしく見えますね。



| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。