スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港・1日目後半(一人歩きもまた楽し)
遅い昼ごはんを食べてから、PIU NGAI(ピュウ・ガイ)にてバレエ用品を物色。
結局あんまり収穫はなくてレオタード一枚とジャズシューズを買って退散。
(でも1時間近くいた・・やっぱ長い笑)




0902HK20067[1]

お次は灣仔に移動。
灣仔って香港島の中心にひとつなのに、中環や銅羅湾と比べてるとかなりゆる~い雰囲気がするところが好き。
ブランドのB級品・タグなしとか、思い切りコピーとか、あやしい服(激安!)を売る店も多く、探検すると面白い。
でも再開発が着々と進んでるようで、金鳳茶餐廳のある春園街のとなりの通りなんて、
ご覧の通り、建物が全て撤去されている。
いったい何が出来るんだろうねー。

ここからてくてく歩いて7分ほど。
今回こそ、ボウ(保に火という漢字)仔飯※ボウチャイファン鍋と、
広州スープ鍋(広州でよく使われている縦長の鍋)を買おうと決めていたので、
香港ナビで紹介されていた「景徳行瓷業公司」へ。
行ってみると、普通~の金物屋の風情。。
お目当ての鍋はたくさんあったけど、種類が少ないのとこれぞというフォルム&大きさのがなかったので、
(手が真っ黒になるまで散々見まくったけど)買うのをやめた。
針金の部分もちょっと錆付いてるのが多かったし^^;
それに結構な荷物抱えて何時間も歩いているので、とりあえずもう限界。。

荷物を置きに一旦ホテルへ。
ひと息ついて再度お出かけ。


0902HK20076[1]

昨年秋、中環・ifcモール内にオープンした
アニエスベーの世界初オールインワンフラッグシップショップ
LA LOGGIAに行ってみました。

香港には日本にはまだないアニエスベーのレストランも既にあるし、
加えてこんなドでかいショップまでとは・・
香港人はどんだけアニベー好きなんだか。
ていうか私も大好きですけどね笑。
今はさすがにあまり買いませんが20代の頃はまってました。
アニベーを着てるだけでお洒落になったような気がしたもんです笑。



0902HK20079[1]0902HK20080[1]

広いフロアがコンセプトごとに分かれているのですが、
ちょっとトーンを落とした照明とか、インテリア、ディスプレイの類はアニベーワールドそのもの。
いるだけでとっても落ち着く。。

0902HK20082[1]0902HK_maffin[1]


ケーキも食べてみたかったけど、時間も押しぎみで夜ごはんに差し支えそうだったので我慢。
あと“ベー”の文字が書かれたチョコレートとか、こんなのプレゼントしたらめちゃ喜んでもらえるだろうな。
(バレンタイン目前のためか、チョコレートのウィンドウ前だけ混んでました)
「マリアージュ フレール」がアニエスベーのために作ったオリジナルの紅茶もありました。
私はとりあえず・・ブルーベリーマフィンを購入笑。(マフィン好き^^)
2日後くらいに食べましたが、しっとりしていてとってもおいしかった。
マフィンって食べてみると案外色んなタイプがあって、パサっとしたのとか、、
サラダオイルかバターを使ってるかによっても全然違うし。これは好きなやつだった。
あとアメリカンなずっしり重いのも好き。(以前機内食で出たのがおいしかった)
逆にあまりにバターバターしたケーキタイプはいまいち。


ついでにナインウエストをチェックするも、バーゲンの残骸がさびしく並んでる感じで、
気に入ったのもあまりないし、前に買ったので履いてないのもあるし(汗)で今回は靴買うのはやめ。
しかしifcモールって、最初は思わなかったけど結構駅から遠いというか便は案外よくない。。
スターフェリーに乗りたいときはいいけど、やっぱり地下鉄使っちゃうとちょっと億劫になる場所だよなあ。



0902HK_shiki05[1]0902HK_shiki01[1]


そして夜はお待ちかね。(むふふふ~~)
四季ボウ(保の下に火)仔飯へ。

MTR油麻地駅から歩いて2、3分くらい、上海街とネイザン通りの間の道にあります。
とりあえず混み混みですが、一人なのですぐ入れました。もちろん容赦ない相席で。(座ったのは若い男子4人グループの隣で、はたから見たら仲間かと思うくらいのド相席笑)
空いていた真向かいも、ほどなくしてこれまた若い男子が座りました。仲間です笑。

10分ほどで、その兄ちゃんと私の熱々ボウチャイファンがやってきました。
兄ちゃん、お金を出しながら「あ、ここ2人分ねーー。うっそっ~~♪」
みたいな感じで、おばちゃんとわははと笑いあってます^^;
私もわはは~と笑ってたら、はいはい21ドルだよ!と兄ちゃんに促されました。。
そっか先払いなわけね。
しかし香港人のこの明るさ。・・いいね笑。

このペットボトルみたいなのが、ボウチャイファンのたれ。
来たらすぐ蓋を開けてたれを回しかけ、また蓋をして蒸らします。(色は濃いけどそんなにしょっぱくないので、結構多めにかけても大丈夫かと)
で↑の写真を見ても分かるように、蓋をしたと思ったら兄ちゃんどこかへ消えた。
トイレかしら~と思ったら、ビールを持って帰ってきましたよ!!!
え~~~その手があったかっ。
蓋を取ってご飯をぐわっとかき混ぜ、はふはふと豪快に食べながら、ぐび~っとビール飲む兄ちゃん。。
どこで買ってきたんですか??なんてとても聞けないけど、うらやましく熱い視線でじっ~~と見つめるわたし。
(向こうは、俺ってそんなにカッコいいかな♪くらいにしか思わなかったでしょうね笑)
マジでこんなにビールが飲みたい!と思ったのは久々だったな。



0902HK_shiki02[1]

だってこれですよ!これで冷えたビール飲んだらどんなにうまいか。
ちなみに、選んだのは北茹滑雞(鶏)飯※鶏肉と椎茸。
骨からほろりと身が剥れる鶏肉のうまいこと・・・・。
そしてパラっとしたいい香りのご飯と、甘辛いたれの素晴らしいコンビネーション。
雑念は一切浮かばず、ひたすら、ああおいしい。おいひいよぉーーと思いながら一気に完食しました。

0902HK_shiki03[1]

以前ホテルで食べたのはあんまりおこげがありませんでしたが、
ここのはおこげというより、焦げてます笑。
なんでこそげ過ぎると苦いですが、私はめいっぱい・・でもこれ以上は無理でした笑。
しかしこんなにウンともスンともいわないくらい焦げつかせちゃたら、取るのも大変だろうに。
兄ちゃんはというと、おこげの部分は全然食べてなかったみたい。
クールだわ笑。ていうかそのほうが普通なのかも?

0902HK_shiki04[1]

大満足でした。次回もここは必ず!!早く行きたい笑!
(あ、夏はやってるのかな?)



さて夜はこれから。
天后廟から女人街へと、あやしい露店を冷やかしつつぷらぷら。
すると、空港に着いたよーと相方から電話が入る。
じゃあ、あと1時間後くらいに銅羅湾のそごう前で!と言ったものの、携帯の電池が切れそう・・・。
(ホテルで充電したんだけど、充電器の不具合なのか相性が悪いのかすぐ止ってしまい、
電池表示は一瞬増えても実際はされてなかったもよう)
またしても、9回裏ノーアウト満塁か笑。(守備側ね)
とりあえず使わない時は切っておき、今度は銅羅湾をぷらぷら。
ほんとここはほとんどの店が遅くまで開いてるので、いったい今何時なんだか分からなくなっちゃうくらい。
香港のカジュアルブランド・ジョルダーノの大人バージョン?「ジョルダーノ・コンセプト」が駅前にあったので、
薄手のカーディガンを2枚買う。
そんなこんなで、あっという間に23時をすぎ。。
相方ともすんなり落ち合えました。(やっぱ日本人は、そごう馴染み深いし一番分かりやすい笑)
んで着いてから香港メシ食べたいからと、機内食を半分しか食べなかったと言う。
(へ?乗る前は機内食絶対食べないから!と豪語してなかった?)



ならばと『潮苑』(潮苑正宗潮州粉麵)へ。
ここは蔡瀾(チャイラン)おすすめでもあります。

0902HK20093[1]0902HK20092[1]

手打鮮牛肉餅米麺
牛肉を叩いて薄く延ばして団子状にしたものが乗ってます。
これ、ふわふわの団子ではなくどちらかというと肉!って感じなので、
(つなぎが入っていなそうで、だからいいんでしょうけど)
硬いすじ肉食べてるような気持ちになっちゃう食感が、私は好きじゃないかな。。
味は悪くないんですが。
麺はビーフンって感じの極細で、つるつるというよりはちょっとぼそっとする感じがおいしい。
冷たいミルクティーも濃くておいしいです。
“香港女子的裏グルメ”で紹介されたコピーも貼ってありました。
(中環の「餃子園」でも店の外に貼ってあるのを見ましたよ!)すごいなー“女子裏”笑。
香港好きは読んでる人多いんでしょうね。


で今日の締めの前に?
『許留山』いつも激混みのそごう前店にて。

0902HK20094[1]0902HK20097[1]

私はさっぱりと「楊枝甘露」(マンゴーアイスのせ)
相方は、マンゴー色々(よくばり笑)セット。
マンゴー餅がおいしそうだったけど、見た目よりはそうでもなかったらしい。


お腹いっぱいだしさすがに眠いし、ホテルに帰ろう思ったけど、
「もう一軒行こう、もう一軒!!」(←酒は1滴も飲んでいない笑)と言うので、
しぶしぶ付き合う。どうやら、大好きなチャーシュー飯が食べたいらしい。
そういえば、石磨坊の隣の店になんかぶら下がってたな?と思い出し、
でも1時近いしやってないかもしれないけど、いちおう行ってみたらやってた笑。
しかも従業員の皆さん、まかない中。でもメニューを見ても叉焼の文字がない。。
しょうがないので、とりあえず飯と付くものでと“鷄火飯”をオーダー。
こんがりローストされた鷄が乗ってくるのかな♪と思ったら。。

0902HK20101[1]

出てきたのはこれ笑。
“鷄火”という文字だけで、誰がこれを想像できたでしょうか。
は~。まあおいしかったからいいけど。鷄は欠片だったけど。

そうそう、メニューを見たところこの店は潮州系のよう。
店頭にぶら下がってたのは、チャーシューじゃなくて魚?みたいなものでした。
中国料理ってほんとちゃんと区分けされてるというか、叉焼は焼味店とか広東料理店とかにしかなく、
なんでもありますみたいな店ってほとんどない。
当たり前といえば当たり前だけど、そういうことを意外に新鮮に感じたりした。
しかしお腹いっぱい、くるしい~。

2日目に続く。


スポンサーサイト

香港・1日目(一人歩きもまた楽し)
朝9時頃起床。
どんよりとしてても、時間は容赦なく過ぎていくので行動行動。

朝ごはんは、中環にある『羅富記粥麺専家』へ。
ここは私がお粥に開眼した店。一度は行かないと香港に来た気がしません。

0902HK20026[1]魚片粥の生姜がきいてさっぱりしたおいしさも捨てがたいけど、
ピータンが食べたい気分だったので皮蛋鹹痩肉粥。
店員のおやじさんが「油条もいる?」というジェスチャーをしたので、
そういや食べたことなかったなと思いいただく。
お粥に浸して食べてみたけど、、やっぱりいらないかな笑。
どう考えてもドーナツの味だし、もし変化をつけたいならひとかけらだけでいいかも。


で朝の時間には少し遅いのか他に誰もお客さんがいなくて、相変わらずお粥うますぎ。。
と感動しながら一人静かに味わってたら・・・
出たーー!かまいたがりの香港おやじ笑!!
Japanから来たのか?はどこでも言われがちだからいいとして、
やれデジカメの紐がテーブルの下に垂れ下がって引っ掛けそうだから危ないよ。とか、
ニコニコしながら何だかんだと話しかけてくる。
(多分ヒマなんだと思うけど笑。。ここんちは一番最初に行った店でもそうだった)



0902HK20025[1]

お粥の写真撮ってたら、どれどれ撮ってあげるよとカメラを奪われ。
・・・“お粥と私”。みたいな。

0902HK20029[1]

羅富記粥麺専家は中環に3店舗あるのですが、これで全店舗制覇しました。
1回目は上環寄りの店、2回目はピールストリート近く。
今回は坂を上がった(泰昌餅家の目の前)店。
なにせ旅行者なもんで味が違うかどうかまでは分かりませんが、どの店も素晴らしくおいしいです。


0902HK20030[1]

外へ出て写真撮ってたら、出てきた笑。
さよなら~(また来るね~)と手を振って店をあとにする。
かまいたがりで、でもしつこくはなく、愛嬌たっぷりの香港おやじ。
ほんとお粥と同じくらいいい味出してますよ♪





0902HK20032[1]0902HK20033[1]

お天気はうす曇だけど、時折日差しがある感じ。
(前日までは晴れてたみたいだけど、この日からいまいち。ぶー)
ぷらぷらと次の目的の店へ。しかし、中環の坂はきつい。
ヒルサイドエスカレーターが坂の上のお金持ちのために作られたという説、まんざらウソでもないんでない?
ビル工事の足場に竹が組まれてるのはよく見るけど、実際人が乗ってるのに初めて遭遇。
想像した通りゆさゆさしてます・・でもお兄さんは身軽で全然平気そう。
(見てるとこっちのほうが背中あたりがモゾモゾする~)



0902HK20038[1]

坂の上のほうに、監獄がありました。使われてるのかは不明。(向かいはNYにありそな、おされなカフェだったり)

0902HK20043[1]

0902HK20034[1]0902HK20036[1]

途中トイレに行きたくなりスタバへ飛び込む。

日本だと公衆トイレやコンビニでも用を足せるけど、都会といえどやはり外国。事情が違いますな。
(以前どこかの食べ物屋でもそうだったけど、ここも店員さんに鍵を借りてトイレに入る)
商品ラインナップも日本とはかなり違う感じ。
サンドイッチ剥き出しなんですけど。。いいのかこれで?!
コーヒーも一番小さいのが日本の中サイズくらい。
(ミネラルウォーターもデカイので、いまいち大きさが分かりにくい)



0902HK20044[1]

可愛いリネンの問屋さん春生貿易行
お土産にたくさん買っていこうかと思ってたんだけど、
前日少ししか両替しなかったので持ち合わせが500円ほどしかなく^^;とりあえず刺繍のポシェット3枚購入。
(翌日また。と思ったけど行けなかった涙。だってすごい坂の上のほうなんだもん~~)
ここ乙女な感じの刺繍がツボなんだけど、ものが見やすく綺麗に並べてあるわけじゃないので、
お店の人に、こんなの・・と好みを伝えるのがちょっと面倒。(言葉の壁があるしなかなか難しい)
勝手にあっちこっちから引っ張り出すのもなんだし、そういう雰囲気でもないし・・。
次回はもっと色々買いたいんだけどなー。

でもって明日は相方が一緒なため、
今日中に“相方が付き合いたくないだろう買い物”をしてしまわなければならない笑。
↑のリネンとか、バレエの店とか、調理道具の店(特にこれ)ですね・・
私の場合好きなカテゴリの店に行くと、本気で長いので笑。洋服はまあなんとか付き合えるらしいけど。
相手が退屈そうにしてるとやっぱり気にならないわけではないので、
時間をかけて色々見たい買い物はひとりが一番。



尖沙咀のチョンキンマンションで両替後、油麻地の上海街へ。

0902HK20051[1]

『陳枝記老刀荘』にて。
この子とも再会♪相変わらず、小柄なぺっぴんさんです。よかった元気で。
ここは店内も見やすくて商品も豊富なので(蒸篭や鍋類というより小物が多いかな)必ず覗きます。
ガイドブックで見てずっと欲しいと思ってた、
早晨=おはよう(Good morning)タオルがパックで売られてたので購入。

少し行ったところにある『明生鋼竹蒸籠廠』で蒸篭を買い、
(買い物編はあとでまとめて・・)
行く先先で心ゆくまでキッチングッズを見倒して(至福♪)
またまた香港島へ。


ところでところで、早くお昼ごはんを食べないとー(既に14時をとっくに回ってます。押してますっ)。
お目当ての店は銅羅湾の駅からすぐのはず・・

あれ、店がないよ?同じ道を何度も行き来してもない。おかしいなー
目星をつけたあたりで工事中が一軒あり、もしかして改装中?と不安になるけど、
やっぱなんかおかしい(おかしいのはおまえだ笑)。
向いの薬屋みたいな店で紙を見せてたずねると、ああそれは前のビルの2階だよ。と自信たっぷりに言うので、
入り口のテナント写真をチェックするも、絶対になさそう。(おやじはなんでああも自信たっぷりなんだ?!)
でもここは今回行きたい店の一つだったので、引き下がるわけには。。(翌日もあるよ)
こうなったら隣の泰昌餅家で聞いてみるしかない。
『あのー、この店ってもしかしてそこの工事してる場所にあったのかしら?』と(ジェスチャーで)たずねると、
店員のおねえさん分かってくれたらしいけど、どうやら隣ではないみたい。。
でもレジは打たなきゃいけないし、変な日本人に道を教えなきゃいけないし、とちょっと困惑顔。
すると!
店内にいた香港姐が、ささっと紙を見るや代わりに説明しだし、、たんだけど、
私がえーーとそれはリーガルホテルの先ですかね??と言ったら、
あーこの人英語からきしね、とすぐさま悟った姐さん。
「OK、エッグタルト買うからちょっと待ってて」と。
お会計を終え店を出ると、「フォローミー!」と言うので、ああ・・はいはいと着いていく。
途中も「この時間からランチなの?」とか、「その店はとってもフェイマスよ」「ほら、あのローズデイルの下あたりだから」
と簡単な英語で話しかけてくれる。
言ってることはなんとなく理解できるのだけど、うんうんとうなずくばかりで会話にならないのって、ほんともどかしいですね。
こんな時は本気で英語がしゃべれたら・・と思うのだけど笑。

しかし。
こんなに遠いとは、書いてなかったぞ。同じ名前の違う店だろうか。。
5分くらい歩いて到着。自分だけだったら間違いなくたどり着けなかったよー。(お腹もすいてたし涙)
「私のマンションこの先だから~じゃ!」と明るく去っていった姐さん。ありがとう!!

※ホテルに戻ってもう一度場所を確認したら、ここで合ってました。他の店と思い違いをしてたもよう。
なんでこんなにアホなのでしょうか、私は。

0902HK20056[1]0902HK20055[1]

食べたかったのがこれ。
“香港女子的裏グルメ”で紹介されてた『彩雲南』の「春城豆花鹵米線」
雲南米線といわれる柔らかい麺の上に、お豆腐、甘辛いそぼろ、ゆば、にら、香菜、もやし、ザーサイ等々
くさい(笑)野菜がたくさん乗っている。まさに私好み♪
で実際は・・想像していたのとちょっぴり違いました^^;おいしいのはおいしいんですけど、、
うむ~上の具も麺も全部温かいのかーー。
麺が思い切り柔らかいので、冷たくしたほうが少しコシがでてよさげな気もするけど。
冷たい麺に温かい具、もしくは温かい麺に冷たい具。のほうがもっと好みかも。
あと本にはにんじんも乗ってるとありましたが、なかったような。
(本と見比べても盛り付けアバウトっぽいし笑、やっぱ撮影は撮影用?!)
ランチタイム(~15時)は、アロエ&マンゴーとか(種類豊富!)の飲み物が付いて38ドル。
私はアロエ&ライチをチョイス。
ここのような雲南料理は香港でも珍しく、キノコ料理などもおいしいそうなので、一度ぜひ夜も訪れてみたいです。

ちなみに、
このときはギリギリでしたけど、本によるとランチピークには女子学生でいっぱいになるそうで♪
確かにすぐ近くに学校がありました。



0902HK20059[1]

香港では、低学年の生徒は15時には学校が終わるのかな。
ほとんどの子供が、保護者のお迎えで一緒に下校するようです。
帰宅したら、何をするのかな。

そうそう翌日行った洋服屋の同じビルに、テコンドーの教室があって、
帰りのエレベーターに乗ってたらたまたまドアが開いて中の様子がまる見え。
(小学生くらいの男の子たちが一生懸命練習してた)
どこにでもあるような小さな雑居ビルの中って、何が入ってるんだろうと思ってたけど、
看板をかかげてない習い事の教室とかもいっぱいあるんだろうなあ。
旅をしていて、現地の人の普通の生活を見ることってほとんどないけど、
偶然そういう日常風景に出会えた時って、とても嬉しい。


1日目後半に続く。



香港・1日目前夜(色々ありました・・)
今までの最長4泊5日、香港の旅から帰ってきました。

今回は、せっかくの祝日(11日)だというのに相方が仕事を休めないというので、
1日無駄にするのはもったいないため、先に一人で香港入り。
(ノースウエストだと香港深夜着、早朝発なので、同じ日数で一番長く滞在できるフライト(ANAの香港昼着・午後発とか?)
に比べて、約1日分くらい滞在が短くなる。可能な限り日数を増やすしかない)
でも出発日は朝から休みだし、16時前に空港に着けばいいし、
その日に準備すれば全然間に合うわ~~と構えてたんだけど、これが後々あんなに焦ることになろうとは・・。



出発当日。
朝ゆっくりめに起きコーヒー飲んで、そのままゆったりした気持ちで準備を始めたものの、
途中、ああそうだまだ保険に入ってなかった。とネットを立ち上げて手続き。
⇒プリントと思ったら、数ヶ月間インク切れをだましだまし使ってきたのがとうとう何も出なくなった。(真っ白)
しょーがないので、番号等を手書きメモ。
その間、会社の同僚女子からご相談したいことが・・・と携帯にメッセージが入る。
(新人さんなので)もしかしてセクハラでもされて・・と恐る恐る電話すると、
バレンタインディの配りチョコどうしましょう~?との相談。
なんだ。。(休みに電話くることなんでないから、びっくりしたよー汗)
ひと通り話をして切り、ああそうだ、相方が車で成田に行くので駐車場も予約しなきゃ。
と値上げしたいつものところじゃない、安くて有名な某パーキングにまた電話。
そしたら、予約の最後に「ウチは、遅くとも出発の2時間半前にきてもらわないとダメだから」と言う。
いや、多分無理だと思いますと返事すると、とにかく、乗り遅れても保障しないから!の一点張り。
(誰も保障してくれなんて言ってないのに・・)
2時間半前に来れなかったらもう勝手にその辺のパーキング探してね。みたいなことまで言い出して、
お話にならないというか、ムカムカが最高潮になったので、速攻キャンセル。

このあたりから、いや~~な予感。
なんやかんやで気がついた時には、出発予定時間が迫っている。
一本遅い電車でもギリギリ間に合いそうだけど、焦りたくないので(もう既に焦ってるけど笑)、
予定の時間に乗ろうと急いで荷物の仕上げをし、戸締りの確認をして家を出た。
駅まで歩く途中、ふと“暖房のスイッチ切ったっけ??”と思う。戸締りは二度確認してるので確信有り、
スイッチは早めに切っておこうとパチッっとやった記憶はあるけど、それって昨日のことのような気もする。
コンセントを抜いた記憶はない。
どうしよう。。でも戻ったら間に合わないかもしれない。
それに戻って、やっぱりちゃんと切ってたじゃん!ってことになって、もーー何やってるんだろうって
ますますイライラ・・というのが想像できたので、そのまま足を止めずに電車に乗ってしまった。
だけど、乗ってもう戻れないと思ったらどんどん不安になってきて、
火事になったらどうしよう、でも遠赤外線のパネルヒーターだから、そこまで熱くならない?とか、
自問自答を繰りかえすうちにそのことで頭が一杯になってしまい、とたんに旅行前のウキウキとか開放感が・・
ゼロ!!
(今思うと、気付いた時に戻って確認したほうがよほどよかった。それでストレスフリーになるわけだし)

海外旅行でMAX楽しい気分の成田が、最悪の気分
そんなんで、今まで味わったことない全然楽しくない飛行機に乗りました。
そしてお次は、、隣に座った中国人のおばさんのうるさいこと・・
別に一人でしゃべってるわけじゃないんだけど、
がさがさした動き、食べたあと歯を鳴らす音(これ生理的にダメ)、イヤホンから音漏れまくり、
極めつけは、ひっきりなしの咳!
飛行機はどんな人と隣り合わせになるか分からないし、たいていのことはお互い様と思って我慢するけど、
マスク無しでずっと咳をされるとかなわない。たまにテーブルにうつ伏して寝てるし具合悪そう・・
もしかしてインフルとか?精神状態が良くないと悪い方向へしか頭が働かない。
気になりだしたら、もう止らない。イライライライラ。。。
風邪うつされたらイヤだし、頭まですっぽりブランケットで覆い体丸めてほとんど寝てました。
何でこうも嫌なことって重なるんだろう。もーーーマジ最悪!!(頭も痛くなってきた)

というわけで(長い。笑)
バカみたいに(今から考えると)イライラしてたわけですが、
あの遅延が多いと噂される(笑)ノースさんが、通常の時間よりも早いなんと21時30分に!香港に着きました。
それで気持ちが一瞬(だけ)晴れやかに笑。

0902HK20001[1]

機内食。メインは魚。
まながつおっぽかったけど・・。硬くもなく、照り焼きソースも中までしみて真っ黒なんてこともなく。
普通においしかった。ごはんも普通に炊けてた。


心労が続いてたので、多分飲んだら変に酔うだろうなと思ったけど、
やっぱりせっかく飛行機に乗ってるんだから少し飲みたい。
スパークリングワインを頼んだら、ちょっと待っててと言われ、おあずけしてたら
スプライトが来た笑。『違う違う、わ・い・ん!』「ああシャンパン?・・ないよ。」
なんだ、ないのか。じゃあビールで・・(意地でも飲みたい)。
しかしANAだとスペインのフラシネ(黒いボトル)の小瓶が出てくるんだけどなー。
ノースは500円払ってもスパークリングワインはないらしい。。


0902HK20002[1]

上空からの台湾の夜景。
写真だとうまく撮れないけど、肉眼で見るとキラキラしてほんと綺麗。
これが見たいがため、行きは左側の席をチョイス。




0902HK20005[1]

着きました。ガラガラのイミグレを抜け、現金がないのでちょっとだけ両替して、
オクトパスカードをチャージして、バス停へ。
今回のホテルは天后なので、A11系統。10分待つ。
バスの中はあいかわらず激寒で、日本で着てたダウンをそのまま着て乗ってちょうどいいくらい。
震えながらふと夜空を見上げたら、満月でした。
ああ・・そのせいでもあったのか、とちょっと納得。

降り場は駅の入り口側じゃなく、一本裏の道で下ろされました。
約1時間かかったけど、ホテル着が23時20分。(予定より30分以上早い♪やった~!)



ホテルも片言日本語が出来るにーさんがフロントにいて、スムーズにチェックイン。
英語からきしなので一番心配の種だったけど、着いたとたん手元の紙見ながら
「ごにょごにょ・・あーみどりさん?」
と言われ、思い切り脱力しました笑。
『まーみどりさんじゃないけど、似たようなもんです』と心の中でつっこみ。
しかし、やっぱ香港いいですねー。余計なこと聞かないし、色々察するし、仕事速いし。


予想外に早く着いたので、0時までやってる近くの店に行けるぞーーと電気街へGO!

0902HK20006[1]

香港女子的裏グルメ”(今回この本からも色々情報をいただきました)に載ってた
『徳昌の魚皮餃河』
見た目から柔らかいと思ってたんですが、なんだろ初めて食べる食感。。
柔らかい蒲鉾の周りに硬い蒲鉾巻いてあるようなのがあるじゃないですか。あの硬いとこ。
でまさに魚の味。クセになる感じでおいしい。
麺は柔らかい河粉、スープもわりと普通だけど、この魚皮餃がいい♪
そうそう味を変えてみようとテーブルにあったチリ油みたいなのを入れたら、
これがスープの味が分からなくなるほど激辛でした。


0902HK20008[1]

食べ終わったと同時に閉店の時間。客と一緒に、おばちゃん達もお疲れ~と帰って行きます。
(従業員用の裏口なんてありません笑)
そして5分と経たないうちに、ざざーーっとシャッターが閉められました。さすが香港人。早っ!
さて、並びの「晶晶甜品」も終わっちゃったし、どうしよう・・と歩いてたら、
旺角にある「石磨坊」が天后にオープンしたとの看板を見つけ!

0902HK20010[1]0902HK20011[1]

平日だからか、ガラガラでした。
巨大なかき氷とか有名?らしいけど、、温かい『芝麻餬+合桃餬』(ゴマと胡桃のおしるこ)をオーダー。
実は4回目の香港にして、初めて食べます。
甘すぎず、黒い餬はちゃんとゴマの味がして、胡桃もしかり。なめらかな食感、そしてしみじみおいしい。
けど、これはデザートというより飲み物だな笑。
味が単調といえば単調なのでお腹が空いてないと食べきれない。(残した)
で、可愛いイメージキャラクターとか、石磨坊も佐敦の松記と同じく若者に受けがよさそうな感じ。

0902HK20014[1]

な~んて、
おいしい、おいしいと言いながら、まだ心の半分以上が”暖房のスイッチ切ってこなかったかも”
に占領されてて、このなんとも重苦しい気分が明日も続くのです。(あーやだやだ)


【追記】
Sさんから、結局スイッチは??というコメントをいただいたので先に白状します。
おかげさまでちゃんと切ってました^^;
しかも、コンセントまで抜けてたっ汗。(でもやっぱりこっちは全く記憶なし)
でも、あらためて人間の想像力というか、妄想力ってすごいと思いました。
現実には何も起こらない(起こってない)のに、あそこまで苦しめるんですから笑。
犯罪を犯してしまうのも半分以上はこの力なのかも、と思ったり。
は~~でも良かった。





カメラテスト&いよいよ香港!
LUMIX DMC-LX3を買ってから、全然いじれてないのに気付いて
旅行前なのにさすがにまずいかもと思い、試し撮りしてみました。


前のカメラでは暗くてお話にならなかった、家での夜ごはん。
いつも通りの照明で、まあなんとか見られる程度に写りました。
シーンモードも何も設定せず、買ったままの状態で電源入れて(フラッシュのみOFF)撮っただけ。

ところで・・・何故ワイドかって??

このカメラ普通のデジカメのサイズと、フィルムサイズ、パノラマと、縦横の比が選べるのですが、
デフォルトがパノラマになってたらしい(これも何故?)。
PCに取り込んでから気付きました汗。。。わはははは
テストしないで、いきなり本番(香港)だったら、あとで見て「あちゃ~~~」だったでしょう笑。
ふぅ・・あぶないあぶない。



09021020004[1]

ちなみにこの日のごはんは、
ちらし寿司(といってもお酢を入れないまぜご飯に、焼玉子、蓮根のピクルス、菜の花などをのせた)と
鯛のおすまし。鯛のきれっぱしを大量に入れたらいいダシがでました♪
ほうれん草のゴマ和え、などなど。
近所の農家さんでゴマを栽培しているところがあって、今や国産のゴマは貴重なので買ってみました。
(ゴマはとても手間がかかるらしい)
生なので炒ってから使うごとに擂ります。少々面倒だけどものすごく香ばしくておいしいです。


それから、外でもいちおう撮っておかなくてはと(口実。笑)
仕事帰りに、大好きな「近江屋洋菓子店」さんへ。
テイクアウトは何度かしているけど、イートインは初です。


09021020006[1]09021020007[1]
09021020008[1]09021020012[1]

飲み物は、ジュースバーのもの全て飲み放題で500円(くらい)。
まずはキウイジュース。生なので甘みがたりなければ、ガムシロップも用意されてます。
ケーキの前に、名物のボルシチもいただきました。
あっさりしておいしいです。お肉もちゃんと一口サイズのが入ってました。
(でもこれ皆すごいおかわりしてるので、補充されたら速攻取りに行かないと段々具が少なくなります笑)

本日は一番小さいショートケーキ(210円)。
コーヒーは機械のやつなんですが、味は悪くないです。(煮詰まるより全然まし)
最後にグレープフルーツジュース(ちょっと泡立ってておいしい!!)飲んで、ごちそうさま。


09021020010[1]

魅惑のジュースバー。
(このへんはパノラマでもいけますかね笑)

09021020011[1]

会社帰りの人が集中する時間なのか結構混んでいて、ショートケーキ類も一旦売り切れたのですが、
少し補充されてました。
でも今日はいつもに比べて種類が少なかったな。(やっぱり夕方前に行くのがいいですね)



カメラテストのはずが、ただの食べ日記になってしまいました。笑
近江屋さんは、ちょっとケーキ工場っぽい雰囲気もある店なので(そこが良い)、照明は、若干暗めの蛍光灯。
といっても採光としては十分なので、まあまあ思ったとおりの感じで撮れたかも。
あと一つ気付いたのが、このカメラ液晶画面が超明るい。
あまりになので、えーーちょっと明るすぎではと思ってPCに落として見ると、
普通にこんなもんだろうなという感じで撮れてる。その差にとまどう。これは慣れるしかないのかなー。
いつもながら準備万端とはいかないのが、私らしいですが・・

というわけで、明日から香港に行ってきます!


『J.CREW』が撤退
よく行くショッピングセンターに『J.CREW』が入っていて、
何度か見てるうちに、あらっ♪なんか好きかもーーと思い始めて(名前は知っていたけど、買ったことはなかった)、
次のバーゲン時には買ちゃおうかな~と楽しみしていた今冬。(プロパーではなかなか^^;)
で、行ってみるとなんだか妙・・
このあたりのブランドになるとそうそう値引きしないよねと考えるのが普通だけど、かなりうはうは^^な感じ。。
それにNew Arrivalのコーナーもないし。。
おかしいなーと思ってサイト見たら、2月末に日本から撤退するそう。
なんだ、そういうことだったのね!・・と、久々にたんまり買い込みました。

あと、調べてて知ったんだけどNYが発祥なのですねー。
1989年、South Street Seaportに初の路面店が出来たんだそうです。
アメリカンカジュアルってものすごく好きってわけでもないけど、
『J.CREW』のようなシンプルで大人っぽい香りがするアメカジはOK。
ここの服は、着たら品よく見えそう~って感じと笑、大人のラブリーさがある服もあったりするとこも好き。

アバクロなんかは着られる年じゃないし、着られる年だとしてもあんまりかな~~って感じだけど、
アバクロお姉さんブランドの「RUEHL No.925」は大好きっ!!
RUEHLは、NYという街がコンセプトなので(“NYC”という文字もよく入る)それが好きってこともあるけど。

で、オバマ大統領の就任式の時に、娘さんが着てたのも『J.CREW』だそう。
と思ったら、娘さんだけじゃなく、母でありファーストレディでもあるミシェル・オバマさんも着られてるようで、
TV出演の時にはいていたスカートは即時完売とのこと。
ブランドでも一桁違うようなものを着ていると思いきや、意外と庶民的~♪

090207J-CREW[1]

んなわけで。
今回一番のお気に入りがこれ。
ダウンを着だしてから、もーその軽さ暖かさにはまって冬はほぼダウン着ているわたくしですが、(中は薄着でいられるのがなによりいいですね。着膨れするのはイヤだし、かといって寒いのはもっとイヤ笑)
こういう袖なしのが1着欲しかったんです。

ピンクしか残ってなかったってこともあるけど、
ピンクLOVEなので問題なし笑♪
店のおねーさんが着てた紺なんかは他の服に合わせやすいけど、きっと早々売り切れたんだろうし。
裏側がボアになっていて、暖かさ2割UP!ってな感じもよいです。

ちなみに、昨年末から順次閉店していたもようで、
残すは、横浜ランドマーク、アクアシティお台場、ららぽーと豊洲、ららぽーと柏の葉
の4店舗となっているようです(2月22日終了)。

今後日本で買えないのは残念だけど、海外に行った時に“必ず覗く店”が増えたので楽しみ!

| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。