スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座で、ごはんと名和晃平「L_B_S」展
ただいま銀座のエルメスギャラリーにて開催中の
**『名和晃平 「L_B_S」展
お誘いいただかなったら多分観てなかったかも、な作品展ですが、
行ってみたらよかったので、ちょっと感想など。

まず、エルメスビル。
銀座に行けば幾度となく前を通ることになりますが、
あの独特な造りですから中はどうなっているのか、外からはよく分かりません。
買えもしないのにひやかしで覗くのもなんだし、、ということで、初潜入です♪
入ったとたん、いい匂いがしました。
香りというのは本人がいい香りと思っても、他人にとっては??というような強烈なものもありますが、
エルメスのは、恐らく誰が嗅いでも不快を感じないような・・
えっとあれです、本物の金持ちがまとうさりげなく品のいい香り。
自己主張は強くなくすぐに忘れてしまうんだけど、のちにどこかで嗅いだときには記憶がふっと蘇るような香り。
ここからもう、うっとりモードに移行。
(中国人とおぼしき客が、中国語でなにやらまくしたててたのは。。見なかったことにします笑)
2、3人乗ればいっぱいという極端に小さいエレベーターにて、8階まで。
銀座という(狭い)土地柄もあると思いますが、、
この箱でさえ、知らない他人同士を大量に詰め込む空間、というものをあらためて知らしめるかのようで、
わたくし、なんだかまたちょっと感動。
そう、確かにエルメスなんだから大きなエレベーターなど全く必要ありませんよね。。
普通であれば“あと1人乗れそう”という隙間に無理やり入ったりしそうですど、
所変わればじゃないけど、“次でいいじゃない”と思う気持ちになるのが不思議。
なるほどエレガンスとは、こういうところから培われるのか・・・。(なんてね)

会場まで上がって行くと、
銀座の喧騒などみじんも感じないような、静けさ。
天井がめちゃくちゃ高いのと、ガラスブロックを通して差込む太陽光が優しく、とても気持ちのいい空間です。

そこに、水晶を含む大小の透明な玉に覆われたシカ(エルクという鹿の仲間だそうで、中はモノホン)
が、でーんと鎮座しておりまして。(立ってるので、座じゃないか^^;)
キラキラと照明の具合によって、その様を変えていくあたりとか非常にゴージャスかつ神秘的でよかったんですけど、
(毛がこげ茶なので、暗くなって照明の光を受けると全身がほんのりゴールドになって一層素敵でした)
私が一番目を奪われたのは、そうまさしく「目」(笑)。
残念ながら片方は見つけられなかったのですが、
大きな水晶を覗くとその奥に、左側の目がありました。
水晶の透明な冷たい輝きはアラスカの大地の厚い氷で、
(あ、アラスカが一年中凍っているわけがないとは思いますが、あくまでもイメージで)
その目は氷の下で永遠に眠り続ける、野生そのもののような。
ただ普通に剥製を見ただけでは、その目から何かを感じることはなかったかもしれません。
こちらが覗き込んだ時にはじめて立ち現れるその目。
ドラマなどで、人が亡くなった時にご臨終ですと言って医者が瞼をそっと下ろす場面がありますが、
この鹿は、もちろん瞼を下ろしてくれる者など誰もいなかったはずで、
生き物というのは、最後までこの美しい世界を見ようとするものなのかと、
なんだか、せつないようないとおしいような気持ちになりました。
もちろん、自然はそのままでも立派なアートとだと思いますが、
こうしてなんらかの意図を加えることによって、また違った世界が生まれるところが素晴らしいですよね。
(作者の想いと観る側の想いが全く違ったりしても、それはそれで笑)

お隣は、元々あった物体に、真っ白な・・なんとかいう樹脂を吹き付けた作品。
ぱっと見て、(ミッキーマウスや、湯船に浮かべるアヒルとか笑、バナナとか)すぐ分かるものもあれば、
うーーん、ナンダナンダ??とつい子供のように夢中で考えてしまうようなものもありました。
これも人それぞれの感があると思いますが、
私は、スティーブン・キングが自ら監督した「シャイニング」の、とある場面を思い浮かべてしまいました。
(何故そんなに印象的かというと、その画面からいきなりキングお得意のB級になる落差がすごい笑)

別の部屋に移動すると、
床に2つの箱が並んで置いてあります。
これは箱の中にシリコン樹脂を流し、無数の穴の下から空気送ると表面がぽこぽこと泡が立ったように見える、
というもの。なかなか面白かったです。
というのも、じっと見ているとその神経に直接作用してきそうなそのぽこぽこもよかったんですが、
(耳をすますと、泡の継ぎ目継ぎ目でちゃんと“ぽこ”って音がするのです!)
何故2つのパターンを用意したのかなと考えた時に、
一つ目の「一列づつきちんと縦横に並んでいる形」のほうは、なんとなく生命の(何か無からの)誕生のようで、
「ランダムな(というか斜め?)に並んでいる形」のは、単純に水玉模様のような可愛いものに見えるのです。
なんで、生命というのはランダムではなくて本当はこんな風に秩序立ったものなのかな・・
などとぼんやり思いました。

現代アートはとっつきにくいというか、分からないものが多いと思ってましたが、
(他が分かる、という意味ではありません^^;)
名和晃平さんの作品は、なんとなく肌にしっくりくるような感じで面白かったです。
でもこの日は、sさんという素晴らしい指南役がいたので、きっとこんなに楽しめたのだろうな。
(初めての)素敵なお二人にもお会いできたし^^(ってちょい私信)ありがとうございました♪

美術鑑賞の後は、泰明小学校近くのポルトガル料理の店で会食。
(銀座ごはんといいつつ、写真は撮らずじまい。。汗)
食事のあとは、オーバカナルが満席だったため帝国ホテルのティーラウンジへ移動です。

090719_teikoku[1]

(お茶だけにしときゃいいものを・・・・)頼まずにいられなかった『チョコレートサンデー』
だってホテルラウンジなんて久々だし~^^;
しかし、意外に普通であった笑。しかも見た目どーりにすごく甘かった。
で、ここで知ったのだけど帝国ホテルとハレクラニって提携したそうですね。
その関係でハレクラニレシピのデザートもあり、その中でもめちゃうまらしいココナッツケーキを、
喜びいさんで頼んだ○さん(いちおう伏字で笑)でしたが、
品切れと聞いてガク~~っと思い切りうなだれてた姿が妙に可愛いかった笑。

ああ~~楽しかった。
(またよろしくお願いいたします♪>皆さま)

スポンサーサイト

スパムコメントがやってきて、いなくなった
ああ、平穏笑。。。

色々スパム対策をやってみた結果、
「MT-Keystrokes」は何故か動作しなかったけど
(このプラグインは、投稿ボタンを押さないコメントは受け付けないというものでよさげだった)
NotJapaneseLookupがうまく動いてくれて、
あれだけの集中攻撃が治まったのだから、今のところ効いているのでしょう。
こちらは、MTの解説本もたくさん書いているシックス・アパートの藤本氏が作られたものなので安心、
かつ、変なエラーも出ずに無事設置完了。(最初からこれにすればよかった)


MT-Keystrokesは、いちおう指定通りに置いてるつもりなんだけど、MTの管理画面からは見えないし
(他のプラグインは見えているのに・・これは認識されてないということか)
おまけにコメントボタンを押すと「このコメントは保留状態になっています。管理者が認証するまで・・」
というような画面が出るのだけど、実際はそのコメントは宇宙の彼方に飛んでいて行方知れず笑。
プログラムは一文字違っても動かないし、ましてやエラーの原因をつきとめようとなると、
これまたエライ苦労だし。。(シャレじゃないす笑)
最近そんな根性は全くないので(暑いし!!)、さっさと別の(NotJapaneseLookup)に変更。
とりあえず、“日本語を含まないコメントやトラックバックはスパム”と認識されてるようです。

と、私がこんな不毛な戦い(とほほ。。)をしている間に!
世間は夏休みに突入。この週末ETCで高速が1,000円ってこともあって、渋滞50kmとか。
お盆でもなのにありえないことになってますな。
でもねーー、夏はことさらにどこかに行きたくなりますね。
子供の頃、夏休みは妙に楽しかった。そのせいかな。
海でも、山でも、ド田舎のだだっぴろい座敷と縁側があるような家で、蚊帳をつって虫の声を聞きながら寝る
だけでもいいな。(イヤサレタイ・・・笑)

で、唐突に、今日のごはんなど。

090720_reimen[1]

甘くておいしいとうもろこし2本。
ゆで豚とネギをゴマ油で和えたものと、
牛肉とマッシュルームのサワークリーム煮(2日前の残り)
メインは、冷麺。
岩手にあるアオキというメーカーの冷麺。ちょっと太めで、スープは甘め。モチモチ度はまあまあ。
そういえば。本場盛岡には、そこでしか食べられない絶品冷麺の店があるそうな。
というのも、麺が当日しか日持ちしないとかで持ち帰りNGのシロモノらしく・・
銀座にも盛岡の有名店が出店してるけど、その店ではないらしい・・(って、全然オチがない^^;)

お酒はビール(大)一本と、梅酒一杯。
ワインは、控えました・・・。(ますます食べちゃうし)
なんで食べ物は、(これでも笑)いつもよりだいぶ少なめ。
というのも、
3月の香港から春にかけて増えた約○Kgが、全然落ちません。はーー(ためいき)
でも、どんだけ暑くても「食欲がない」って日がないもんな。痩せられるわけがないわ笑。

メンテナンス中
コメント等反映されない不具合発生中のため、
ただいまメンテナンスをおこなっております。。 m(_ _)m


22:30
フィルターをすり抜けて投稿されてしまったスパムコメントが、今日一日で300件もあって、
(ひゃ~こんな集中攻撃は初めてだ涙)
削除するそばから次々やられるので、、なんとかせにゃと思いスパム対策プラグインを入れたら、
今度はコメントが保留(保留どころか消えている笑!)仕様になってしまいました。
そっちはなんとか直った模様だけど、スパムコメントはダメみたいです。
疲れた~も~笑。

7/14追記
本日は200件ほど。ちょっと減ったか。
しかし、リンク先なんて絶対クリックしないし、即座に捨てられるだけなのに
なんでスパムコメント送りつけてくるかな・・・アホじゃない?

7/15追記
スパム撃退のために色々やったけど、効果がないので
(元々ブログ全部の再構築も出来ない状態だから・・プラグインは無理だよねそもそも)
てなわけで、強攻策として一時コメント受付不可にして様子見します。
何か対策を打たねば、だけどちかれた。。





万惣フルーツパーラー・初夏@神田本店
昨日は夜までモウレツな暑さでしたね。。
かき氷をガツガツとかき込んでもいいくらいでしたけど、
とあるリベンジを果たさなければいけませんでしたので。

神田の万惣へ。

というのも、5月の終わり、ある気持ちいいお天気の休日に
頭がパフェパフェパフェといっぱいになって、そうだ念願の万惣のフルーツパフェを食べよう!!
と乗り込んだのですが、
ふと、季節限定のパフェに心奪われて(現物写真がなかったけどまあいいかと)頼んだこれ。

0905_mansou[1]

注文後ちょっとトイレに行き、戻ってくると私のテーブルにお皿が・・・(しばらく固まる)
えーーーーーさ、皿って!?
だってパフェっていったら、
あの縦長のグラスじゃないのぉ~~?
ていうか私の中ではグラスに入ったパフェ以外は想定外なんですけど。号泣(完全にやられた。。)
まあまあおいしかった、いや普通だったか、、あまりに動揺が激しくてよく覚えてません。
名前はなんだっけな、トロピカルなんちゃらとか(←全然違うかも)・・パパイア、パイン、
柑橘系フルーツ、ココナッツアイスなど夏先取りのデザート。てか盛り合わせ笑。
(ソースはマンゴーだったかな)

けで、早いとこリベンジ戦せにゃ~~と思いつづけ。
昨日。

0907_mansou2001[1]

定番と迷ったけどやっぱり季節限定で笑、『白桃のフレッシュパフェ』

今回は、ちゃんとテーブルの上に写真入りのメニューPOPがあったので、間違いないだろうと思いつつ、
「これって、この写真のままですよね^^」(まさかのまさかで皿ってことは・・・)と
「はい、ソースはフランボワーズで、中にカットした桃も入ってますよ」と店員さん。
(小さい自分が恥ずかしい・・)
桃は甘く水分たっぷりでさすがにおいしかったです。
生クリームは懐かしいミルキーな感じ。一番下はシャーベットとのことでしたが、
暑さのせいか?スムージーみたくなってたのがちょっと残念。
ちなみに、1、2週間前はマンゴーパフェだったのにな。。(マンゴーづくしでおいしそうだった)
メニューの替わりが意外と早いのか。

0907_mansou2002[1]

連れのホットケーキ。
初めてなのでものすごく期待してたらしい笑。
ここのは特に奇をてらったものでもなく、昔ながらの味だからなー。私はたまに食べたくなるけど。
でもそういえば・・
以前食べた時より若干厚みがないかも。あと焼色も少し薄いか・・と思って、
その時のエントリを見てみると。。

うそ・・・笑。明らかに厚さが違うやん^^;;(定点観測じゃないから分かりづらいけど。いいのか笑)
これはちょっと笑った。
ちなみに前回と違うのは、
・中2階が終了したのでその上の2階で食べた。
・週末前とあって、結構混んでいて客の半分以上がホットケーキを食べていた。
の2点。
(かなりどうでもいい話笑)

さて、次こそ定番フルーツパフェを食べるぞ♪


最強デイリーワインと、ワイングラス
最近のお気に入り。

0907_wine[1]

なるだけデイリーにワインを飲みたいとすると、やっぱりボーダーラインは1,000円、
いや出来ればそれ以下に抑えたいと思うのが庶民の偽らざる事情笑、ということで、
その中でもおいしいワインを探して、これまで色々と手当たり次第に飲んできました。

ボーダーラインを少し超えると、選択肢も結構あるし妥当もしくはこれはコスパがいい!
というのもありますが、問題はボーダーライン以下のワイン。
選択肢も少ないし、以前飲んだイタリアの安ワインはシャバシャバで水か?と思うようなひどさのものもあって、
さすがに捨ててしまったこともありました。(さすがにそこまでのはめったにないけど)
あといくらデイリーワインでも、コルクじゃなくてキャップになってるのはイヤだし
(あのコルクを開ける時の喜びは捨てられない・・)
はたまたキャップじゃなくてもたまに蝋っぽいゴムみたいなやつだったりすると、一気にテンション下がります。
ていうか、そういうのでおいしいワインに当ったことがないんだけど。。気分の問題かな?!
好きだったロバートモンタヴィのウッドブリッジも、今やキャップになってしまい、、
ほんとーーーに悲しいです。(メルシャンさん、たのんますよっ!)
95’年くらいの時が一番良かったかも。
当時、新宿パークハイアットのピークラウンジのハウスワインも、ウッドブリッジ使ってたし、
ラベル(エチケットと言ってください笑)もシンプルで好みだった。

そして、やっと見つけたというかたまたま買ったら大当たり!のこれ。
**マルキドボーラン メルロー2007

と言ってもあくまでも「1,000円以下限定」での話です^^;
でもこのレベルに達してるのってかなり貴重です。(私の周りでは、こんな安ワイン飲む人もいなそうだけど・・・)
香りはさほどでもないですが、しっかり渋みもあるし、すごく軽いってわけでもなくバランスがよく飲みやすい。
(白はかなり辛口というかちょっとすっきりしすぎかな・・という感じでした)
調べてみたら、このラインは新橋のワイン屋『カーヴドリラックス』さんが、
南フランスの生産者協同組合フォンカリューで委託生産をしているものなんだそうです。
なるほど、ワイン屋さん自ら品質とかをちゃんと管理してるからおいしいんでしょうね。
ちなみにウチの近所では835円です♪
とりあえず、私はデイリーワインもうこれでいいわ~。安ワインを探す旅は終了笑。

ワイングラスは、先日新三郷のIKEAにて見つけたもの。

以前、NYのMoMAにあるCafe『Terrace5』に行った時、
ここのワインが足のないワイングラス(MoMAですから、それはそれはクールでおされだった・・)
で提供されてるのを見て、いいなー欲しいなーと思って。たけどいつの間にか忘れてました。
で、これ見た瞬間、ああ~~と思い出し(確かちょうどこんな感じだった、、はず笑)
やったやった♪とお買い上げ。
一つ一つ手作りだそうで、微妙に形が異なりますと書いてありました。
見比べると、言われてみれば吹きの具合によって真ん中の膨らんでる部分が、
いやに鋭角に見えるものもあって結構違う。
私はなるべく丸みがあって、優しい感じのを選んでみました。
思ったとおり、軽くて薄くて、とってもいいです!(大・小あり、これは大のほうです)
氷をたくさん入れて、梅酒なんかもいいです。
お気に入りのグラスだとなんとなく1割くらいおいしさがアップする気がしますよね。
酔っ払って洗い物をして、過って割ってしまっても痛くないお値段なのもナイス笑。

で新三郷といえば、のびのびになっていた『コストコ@新三郷』が昨日7/7にオープンしたみたいです!
どこかのブログ読んだら、「入店するのに1時間半並び、お会計に30分・・」ですと。しばらくは混むだろうな~
でも家からだと幕張に行くより断然近いし、ほんとに駅の目の前なので
(地元でもローカル色の強い武蔵野線だけど^^;)便利になりました♪





| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。