スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌っていいな、芝居っていいなと思った夜
先週末、日比谷のシアタークリエで上演中のミュージカル
『ブラッド・ブラザーズ』を観てまいりました。



まずは事前にキャストと話の流れだけざっと予習して(なるだけ先入観を持って観たくないので)、
まっさらな気持ちで劇場に向かいます。
開演が18:30なので少々ギリギリ。でも途中休憩もあるとのことなので、
日比谷シャンテ前のファーストキッチンで、特撰・海老かつサンドセットを買い持ち込みにしました。
(ここのはタルタルだけじゃなくちゃんとソースもかかっててるのです♪
抹茶プリンとかもなにげにおいしいし、ファーストフードではファーストキッチン結構好きだなー)
ちなみに、近辺の劇場なら(当日)チケットを見せると10%オフです。
でもやっぱり前半はお腹がぐーぐー鳴ってイマイチ集中できませんでしたので^^;
会社帰りに芝居を観に行く時は、お昼をガッツリだな笑。



0908BB20001[1]で『ブラッド・ブラザーズ』
ロンドン・ウエストエンドで、25年もの間ロングランを続けている名作で、日本でもこれまで何度か上演されていて、柴田恭平さんが演じられたのが有名らしい。
今回観るにあたって、特に理由はないんだけどキャッチコピーやキャストから、青春、友情、家族愛?などのよくある感動モノなのかと思ってました・・。





あらすじは、
子沢山で貧しい家に生まれた双子の兄弟が、一方は貧しい家の子のまま、もう一方はお金持ちの家に引き取られる。
(母親の、たった一人でも自分の子供が不自由なくいい環境で育ってくれればとの想いで)
やがて成長した二人はある年、磁石のよう引き寄せ合い惹かれ合い友情を育んでいく。
しかし、社会情勢による貧困、母親同士の軋轢、迷信・・など目に見えないものも含めた抗えない運命の力によって、
悲劇的な結末を迎える。


・・基本的に説明によって進行していく芝居があまり好きではないのだけど、今回は不思議と違和感がなく観れた。
最初から最後まで、ほぼ同じセットで小道具とか照明などで場面が展開するのを、ごく自然な感じで受け入れられたのは、
きっと役者さん達に力量があるのと、作品と演出の軸がしっかりしているからだろうと思う。
さすがに25年も続いているだけあって、安心して観られるし貫禄さえ感じました。。

それからシアタークリエという劇場は初めてで、思いのほかこじんまりとしていて良かった。
(新宿の紀伊国屋ホールよか、多少小さいかな)
作品的にも、このくらいのキャパがベストかと。
役者さん同士の緊張感や感情の動きが真近に感じられ、それが波動のように伝わってきて、
舞台との一体感みたいなものもちょっと味わえた。
どちらかというと、ダンスミュージカルやバレエが好きな私だけど、
素晴らしい歌声&アツイ芝居もなかなかいいもんだな~~としみじみ思いました。



~役者さん達が素敵だった!




Read More →

スポンサーサイト

いよいよ
今週。
8月28日(金)から放送が始まる、
NHK教育『スーパーバレエレッスン<新>ロイヤル・バレエの精華 吉田都

とても楽しみしていたのですが、ふと放送時間を確認したら・・午後0:00~0:25とありました。
てっきり夜0:00だとばかり思っていたけど、午後って・・・まさか・・
昼じゃん!!!!(もー昼なら「12:00」と書いてくださいよーーまぎらわしいよーNHKさん!)
全14回、金曜の深夜毎週TVの前に張り付くつもりでいたのに。。とほほ
まあ今回は先に気付いただけでもエライよ私。。(どんな慰め方や笑)



でもとりあえず、本日発売のテキストだけは買ってきました。

miyako_nhk[1]

パラパラとめくると、幾つかの演目についてのバリエーションレッスンが写真つきで解説されています。
これがもう、初めのほうから膝叩きっぱなし。
なるほど!!アラベスクの時は息を吸うのか~~~~~とか笑。
って、役の解釈以前の話なのが情けないですが^^;
(大体初心者クラスは、先生に「皆、息止まってる!息吸って息!!」
・・て言われることが多い、必死だからね笑)

子供は頭より体でどんどん覚えるのでしょうけど、大人からのバレエは頭で理解しながら進んでいくことが多いといいますので。
だからこういうちょっとしたコツをうまく教えてくれる先生が好きというか、
教わってて楽しいし上達したような気にもなるんですよね。
この本を見る限り、都せんせーは教え方もすごく上手そうです。


再放送はあると思うんだけど、てか夜に放送してくれないと会社員は観れないのよねーー。
(ってNHKさんに要望するつもり!)
前回のマニュエル・ルグリ(2006年12月~3月に放送)のレッスンも観てみたくて、
DVD化の噂もあったので電話して聞いてみたら、2007年くらいに具体的な企画があったらしいけど、
著作権の問題があって今は凍結してるとのこと。
今回は都さんだし(日本人だし)、早めにDVD発売してくれると嬉しいんだけどなー。



今年の桃は・・
ダルマット名物「桃のパスタ」を食べるのも今年で三回目。
OGGIダルマットのランチ・泡(スパークリングワイン)飲み放題も行きたいと思いながらぜんぜん行けてなく、
今回は楽しみ2つ!ってことで、ナイスなタイミングで予約を取っていただきました。



で泡ですが、事前にSさんから“ウコン飲んでいざ出陣!”とのメールがあり、
私も気合を入れて、途中ヒルズのコンビニに寄ってウコンの力を買い、その場でグビグビと飲み干し
(レジの店員さん、まっ昼間から・・なんだこの人は・・と思ったかしら汗。。ああオヤジですとも!!)
店に着いたら着いたで、Tさんが「ウコンの力顆粒お得用」を箱買いしていらしたので笑、
またまた1袋もらったりなんかして。(なんか足りない気がした笑)準備万端。

0908_daru01[1]う~~ん冷えてておいしいっ^^




0908_daru02[1]

0908_daru03[1]

前菜。
夜は野菜と魚の前菜が別でくるのですが、一緒盛りになっていました。
今回は真ん中上のトマト、左上のピーマンなど、マクロ野菜?といわれるものがちらほら。
これ流行ってるんでしょうか。でも小指の先より小さいくせして食べるちゃんとそのものの味がして、
家じゃさすがに食べないと思うけど、外でこんな世界もあるよというのを体験するのはいいですね。
てか野菜にこだわりがあるダルマットならではの演出かな。ちなみに右の緑のは、きゅうり。
左下の生魚はイサキだったかな。真ん中下のつぶ貝とミソもおいしかった。

合間にほかほかの自家製パン(フォカッチャ風と黒ゴマ入りの2種)と産地が異なる3種のオリーブオイル。
これは毎度おいしい。大好き。

0908_daru04[1]

そうこうしてると、お待ちかねの桃パスタがやってきました♪
皿ちいせ~笑、なんて声も聞こえてきましたが、全体的な味はいつも通りおいしかったです。
が。うむむ・・今年は桃がイマイチでした。
硬い桃を使ってるのはいいのですが、例年のようなジューシーさが足りないんですね。
こんな天候続きだし、こればかりは仕方ないけど。
で塩してるせいか、食感が微妙に蕪っぽかったりして笑。だからフルーツパスタというより、
なんかの野菜の冷製パスタのようで、これはこれで面白いかもしれませんね。
でも味はイチゴとかよりやっぱり桃パスタが好みなので、、もうちょっと盛り多めでひとつ笑。

0908_daru05[1]

メインは、赤座豚(確か・・)のローストと、鴨。
豚は塩こしょうでシンプルに、鴨はバルサミコなどフルーティーな甘さがあるソースってのが
王道というか一番おいしいと思います。
苦味があるルッコラ、ねっとりした長いものソテーやら、肉と付け合せのメリハリもよく考えられていて
よかったです。量もちょうどいいのではないかな。

0908_daru06[1]

温かいパスタは、シェフのお任せです。
でも、今日は何ですか?と聞いたらこれからシェフが考えますって言ってたのが気になった笑。
そんな直前まで白紙の状態で、さて!って時に思いつきで作るのだろうか。。なぞだ。
で、その即興作品がこれ。
豚の“挽肉以上生ソーセージ未満”みたいなの&ブロッコリーのオイル系パスタ。
他全員、桃のパスタと同量でとお願いしてるのに、私だけ倍で^^;;
(3倍でもいけたかもと思う、、炭水可物らぶ♪にしてもどんだけ大食いなんだ汗)


0908_daru07[1]

デザートは、胡桃のアイスクリーム。
胡桃の風味がとても香ばしくておいしかったけど、私はもっとかための食感が好き。
(自家製だとどうしても生クリームを固めたような感じになってしまうのでしょうかね)

これでラストになりますと声がかかってからも新しくついでもらい、最後の1杯まで泡堪能♪
かろうじて酔いの一歩手前で店を出ると・・・なんか明るいんだけど笑(当たり前だ)。
見ると珍しく足の甲まで赤くなってるし。
運動した後だし血行が良くなってたせいもあるけど、いやーー昼の酒は効きますな!!



0908_cold[1]

もわ~~とした暑さの中、ふらふらほわほわと歩いて
ヒルズのコールドストーンへ。(まだ食うか笑)
私はこってり系アイスは、のーさんきゅー(パスタ食べすぎ)ということで、マンゴーアイスがのったヨーグルトシェイクを・・。
その晩は、さすがに何も食べたくなくて横になったら即爆睡でした。
(必死になって踊ってて気付かないけど、やっぱ疲れてるのねぇ。。)
でもこんな女友達との夏のひとときって、妙に楽しいもんです。
いつもありがとーー。またよろしくお願いします^^





真夏の映画鑑賞
不況の影響で“ひきこもり”(“巣ごもり”ってのもあったな。こっちはなかなか可愛ゆくてよい笑)
が流行ってるそうで。
普段から家でひきこもってるのが好きな私としては、いつもとあまり変わらないんだけど(あ、出かけるもの好き・・ってどっちだ^^;)
そういえば、映画館でしばらく映画を観ていないことに気付く。
しかも最後に観たのが何だったか。まっっったく思い出せず・・・でも今年の正月からは多分何も観てない。
会社からいただいた「おくりびと」のチケットも、いつまにか終わってたし汗。
アカデミー獲ってロングランしてたにもかかわらず。。だ。(だ、じゃないよね笑)

でもひきこもりですから、家のTVでDVD鑑賞は大好き♪

先日は、
『ダークナイト』と『キャバレー』を。
ていうか、ダークナイトは昨年9月に映画館で観て、DVD出たら絶対買おう!と思ってたんですが^^;;
ようやくレンタルにて2度目の鑑賞。

感想は1度目とほぼ一緒なのだけど、
ひとつだけ新たな発見というか、ああ~~と思ったのが、ヒース演じるジョーカーの「立ち振る舞い」の綺麗さ。
もちろん背が高くて体つきそのものが綺麗とか若さゆえの汚れてない感じとか、いろんな要素があってのことと思うけど、
それだけじゃない、なんかヒース・レジャー自身が持つ品の良さみたいなものからふんだんに醸し出されてる気がした。
ジョーカーはあの通りの顔で、悪人だけれども、顔の美醜も行いの善悪とも関係のないところで、
成立している美しさ。これってなんだろうね~~。
私はなぜかその、ジョーカーの立ち振る舞いの写真でいったら写せるか写せないかの瀬戸際の瞬間
にグッときてしまいました。(どちらかというと目の端で捕らえる感じ)
1度目も無意識でそう思ってたのかもしれないけど、
あらためて、ここまでヒースのジョーカーが絶賛されている理由も、もしかしたらこの品よさもあるのかなと。
だっていくら素晴らしい怪演したって、品がないのはイヤだー。(多分、何がと言えないけど不快になると思う)
そして最後はエンドロールが流れるのをぼんやり観つつ(やっぱこれ観ると脱力~)
ほんとヒースがいなくて2が作れるのだろうかと、、それだけを思いました。





これはフォッシー作品だというのにちゃんと観たことがなく・・(フォッシー(ブロードウェイ・キャスト版) には出てくるけど)
やっと機会が巡ってきました♪(突如近所のレンタル屋にラインナップされてた!!)

キャバレー [DVD]キャバレー
監督: ボブ・フォッシー
出演: ライザ・ミネリ
マイケル・ヨーク・ヘルムート・グリーム・ジョエル・グレイ


1930年頃、ナチスの台頭が始まりつつあったベルリンが舞台です。
ものすごーーく大雑把に誤解を恐れずにいうと、物語の大きな流れは、同じく古い映画の名作『追憶』みたいだなーと思ったけど、
男と女によって繰り返し行われてきたであろう、この“別れのひとつの形”って、妙に好きだったりします。(苦笑)
自分には真似できないからかな。

で、ナチスヒトラーの、
男・ヒステリック・狂信、暴力・・・といったあの卍そのもののイメージ(硬く強固な感じ)
と、フォッシーならではの“人生とはひとつのショーである”というメッセージ
(これはオールザットジャズでもシカゴでも同じで、フォッシーが好きだったという
Life Is Just a Bowl of Cherries(人生は一籠のサクランボ)」という曲もまたしかり)
との対比の落差が、映画の雰囲気にもなっていて非常に面白かった。

ダンスは極端に少ないけど、冒頭の有名な(たくさんの椅子が置かれた)ダンスシーンなどは、
もろフォッシー振りなので、ウズウズきます笑。
しかし今さらいうことでもないけど、ライザ・ミネリはすごい。
筋肉質のダンサー体型ではないのに、ちょっと動いただけでキレがあるのは分かるし、
歌の上手いのはもちろん、、エンターティナーという言葉がぴったりはまりすぎ。
演じたキャバレー歌手サリーが、気性の激しいそれでいて可愛くちょっと風変わりな女の人なので、
パーツパーツが大きい一度見たら忘れない顔も、子供みたいな表情も、かえって自然に見えます。
最後に別れを決めて、
いっぱいの涙を湛えた大きな目で、まっすぐ相手を見据えて
「あなたのことは愛しているの」と言ったシーンは本当に素敵でした。

よかった~~~。





そしたら、なんとこれ観たすぐ後に、
来年行われるブロードウェイミュージカル「キャバレー」 の情報を見つけたので、
いちおう予約してみました。

シカゴ(@米倉&和央)は見送ったんですが、やっぱりあとでちょっと観とけばよかったかなとも思ったし、
フォッシー好きとしてはウダウダ言わずに(笑)一度くらい関連作品を観ておこうかな、とか。
(キャスト的には、あまり惹かれないのですが。。)
↑って、すでにウダウダ言ってますな笑!!

まあいちおう楽しみ♪(まだ言うか笑)



暑中お見舞い申し上げます
ぱっとしないお天気が続いてますけど、8月になりましたね。

ブログの更新もかなり間があいております汗。。
とは言ってもそれなりに、少し前に読んだ『ホロヴィッツの夕べ』がすごく面白かったので記録に残しておきたいとか、
書きたいネタがないこともないのですが、(いや、あまりないほうか笑)
なんかねー、夏はダメですね。ぼーーっとしちゃいます。

そんな時でも本だけは常に何か読んでまして、
久々にコテコテの長編を・・と思い、三島由紀夫の『暁の寺』を再読なんかしてみたり。
金色に輝くタイと、この世とあの世の境のような混沌のガンジスと、これまた過剰きわまりない三島の文章に、
クラクラとしながらも、するすると完読。
夏にチゲ鍋じゃないけど、暑いときにさらにもっと!暑くなれるものを食べたり(読んだり)するのも、
なかなかオツです。(M度が高い笑?)
しかしウン十年前に読んだときは、つっかえつっかえでところどころ意味も分からなかった気がするけど、
今回はなんかすっと入ってきたなあ。
(この本の主題のひとつで、あの決起に向かうきっかけ(のひとつ)になったとされる“阿頼耶識”という思想だけは、
難しすぎて分からないけど、、でもこんな思想にはまったら抜けれないかも。というのだけはなんとなく分かる)
三島は、心が今よりもっとスポンジみたいだった20代前半の頃に出会ったのだけど、
やっぱり今でも非常に面白く、しっくりと馴染むこの感覚って・・
本当に好きなもの自分の根底に流れているものは一生変わらないものなのだなーと思う。

ついでにこの勢いで、
何度も行きつ戻りつしたあげく放っぽりぱなしになっていた
カラマーゾフの兄弟』@亀山 郁夫も一気に読んでしまうのだ!!と取りかかったのですが・・
やっぱり挫折しそうな予感。(あの調子が5巻も続くと思うと・・ああ怖ろしや笑)
世界文学の最高峰とされるこの本を読み切れないというのは、すごく損をしているような気持ちになるんだけど、
どうしても波に乗れないのよね~。何故だろう。。
齋藤 孝(著)『ドストエフスキーの人間力』も読んだし、予習はばっちりなのに笑。

で本以外になんかネタないかな~~と笑、思っていたらありました。
(ていうか、yさんのとこで可愛い手作りの草履を見て触発されただけだったり)

ネタというほどのもんでもないですね・・・^^;;

もっか激しく愛用中のぞーり(草履)
福島県の磐梯山方面に遊びに行ったときに、買いました。
あの辺は・・会津とか、いい温泉もたくさんあるし。ほんといいとこなんですよね。
(折りをみて書きたいと思ってるのですが。。)
んで田舎に行くと、農家さんがやってる無人野菜売り場を見かけたりしますが、
(台の上に野菜が並べてあって、勝手に置いてある箱にお金を入れて商品を持ち帰る)
これもそういう野菜達と一緒に売られてました。

090802_zouri[1]

たまたま店主のおばさんが居たので話をすると、この草履はおばあちゃん(おばさんの母か、義母)が
ノラ仕事の傍ら趣味で作っておられるのだそうで、「私も習ってはいるのだけど、
こんな風になかなかきっちりと作れないのよね~」と。

300円程度だったし、この手の風合いのものが好きなのでもち買ってみました。
最初はちょっと足の裏がごつごつしてたけど(健康サンダル大好きな私には無問題♪)
履いていくうちに足に馴染んできて、多分おにぎりを包んだりするのにも使う竹の皮だと思うけど、
これが汗をかいても常にサラサラな感じで、気持ちがいい。
しかも、おばさんがおっしゃってた通り、よくここまで硬くきっちり編みこめるなーってくらい型崩れもしないし、
履いているうちに徐々にそのよさを実感中。
鼻緒も何かの古布を再利用したものだと思うし、こういうのっていいなあ。
突然編んでみろと言われても出来るもんじゃないし、作り方を人から人へ伝えるというのもいいですね。


この気持ちよさを知っちゃうと、もー(夏の間は)スリッパが履けないわ~~。(←単なる野生児笑)


| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。