スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『白鳥の湖』@マリインスキー・バレエ
0911mariin01[1]


2009年11月27日(金) 18:30~21:30
**『白鳥の湖』3幕4場


オデット/オディール : ウリヤーナ・ロパートキナ
ジークフリート王子 : ダニーラ・コルスンツェフ
王妃 (王子の母) : エレーナ・バジェーノワ
王子の家庭教師 : ソスラン・クラーエフ
道化 : グリゴーリー・ポポフ
悪魔ロットバルト : コンスタンチン・ズヴェレフ



先日書いた『マリインスキー・バレエ日本公演』を観てきました。

・・って直前まではあんなにウキウキしてたのになんでテンション低いのかというと、
想定外の結果だったから。
包み隠さず本音を言えば、失敗でした。もーー大失敗!!
いやもちろんロパートキナは十二分に素晴らしかったのですが、席がね・・・・全然ダメっっ(泣)
つまりいい席を買わなかった自分の自業自得なんですけど、
でも、終わってから一晩色々考えました。



東京文化会館は初めてだったのですが、
結構古い建物で、バレエをよく上演するホールというイメージくらいしかなくて、
事前にネットでリサーチしたところでは、私の席(3階バルコニーの一番舞台に近い手前)は
どうやら舞台が“見切れる”とのことでした。
しかし私の中で“見切れる”というのは、少しでも体の一部が見えている。状態だと思っていましたが、

まるっきり見えませんでした。

1幕では王子が左端で(皆の)踊りを見ている、といったシーンが多いのですが、これは全滅。
王子は今あの辺にいるんだろうな~と想像するしかありません。
(セットなら、なんとなく頭にイメージがあるので想像でもまあ我慢できるけど)
これが2幕、3幕となると、ロパートキナが出てきます。
もちろん中央だけで踊るってことはありませんから、
左端のほうに入ったときには、音楽だけ聞こえて人がいない。って状態が発生するわけです。

・・・なんですかこれは?

性格上、気持ちの切り替えが上手じゃないのと、想定外の事態にとても弱い(笑)ので、
気合を入れてきた分その反動で、集中力が一挙にバラバラ。。
でもね、必死に気持ち立て直して観ました。次はいつ観れるか分からないしね。
今がまさに一期一会。と思って。(笑ってくだせい。。もう)
(おまけに隣のおばさんが口呼吸の人らしく、耳のそばでスースースースー音はするし^^;;
これは何かの修行ですか・・っての笑)

で、問題の東京文化会館の舞台横にせり出してる壁の角度。
当時どんな演目を想定して設計されたのかは分かりませんが、
(演奏者が中心に固定されて動かない音楽会なんかは、問題ないでしょうねきっと)
少なくとも、バレエの上演ってどうなんだろうと思いました。
今すぐにはどうしようもない設計上の問題とか、だったらケチらずに一番いい席を買えばいいとか(次はそうしますが)
色んな意見はあると思うけど、あの席は誰かが座るわけで。
体の一部は見えているのと全く見えないのとでは感じ方も違うし・・
私は全く見えない状態が発生する席は、出来たら売って欲しくないと思う。。
安いから仕方ないとかそういう問題ではない気がするので。
でも世の常として、別にしょうがないんじゃんって思う人のほうが大多数なら、
私の考えは単なるわがままになってしまうのでしょうね。
(自分がわがままじゃないとは言わないけど・・汗)

というわけで。
もちろん、一番いい席を買わなかった自分もダメダメと猛反省。
それは、左端が見えないということだけじゃなくて(まだあったのです。。とほほ)
DVDでこの『白鳥・・』(しかも王子は舞台と同じくコルスンツェフ)をあまりに観すぎていて、
細かいところまで記憶されてしまっていて、DVD観てるようだったこと(爆)
ほんと。。想定外だらけ笑。
オペラグラスで観るロパートキナは、それはそれは美しかったけど、
やっぱりレンズの向こうって感がどうしてもしまって、しかもDVDの映像とかぶるという・・
これが、ダンサーの息遣いや体温まで伝わってくるくらいの距離(そんな近くでなくてもいいけど)だったら、
多分感じ方も全然違ってたと思う。ああ~~大失敗どころか、大失態だ。

しかし、マジでこんな流れになるとは思ってもみなかったし、
読んでくださっている方には、ボヤキばかりで申し訳ないけど、、これがリアルな気持ちで、悔しいけど勉強した。
人生ラッキーばかりならそりゃ嬉しいけど、痛い目にもあって授業料払って学習するってことも大事ですね。





でロパートキナですが、もちろん隙の全くない完璧な踊りでした。
特にアームスは本当~~に美しかった。
バレエを習っていると、まずレッスンでのパ(ステップの形)の順番がなんとなく入ってくるようになるまでに2~3年、
アームスがつけられるようになるのはもっとその先、最後のほうと言われるので、
やっぱりとても難しいんです、アームスは。
(大人からのバレエは、つま先とかターンアウトは多分永遠の壁ですけど。。)
そしてロパートキナの白鳥は、オデット/オディールともに甲乙つけがたいほど素晴らしいのですが、
今回はオディールを何故か楽しそうに踊っていたのが印象的でした。
DVDの映像からは、4年くらい経っているはずですが、体つきもほどんど変わってないように感じました。
当初ちょっと痩せすぎかなと思った上半身も、だんだん気にならなくなったし、
筋肉もつくべきところにはきっちりついてるけど、ギエムのように、後ろ姿はまるで男子?!(笑)ってこともないし。
語り出しそうというのか・・細いけど女らしいニュアンスもあってバレエダンサーの中でも好きな体だな~。
あと、挨拶の時になどに見せる笑顔がなんといっても素敵なの!!
(吉田)都さんもそうだけど、私は、技巧的にも卓越していてなおかつ笑顔と全体の雰囲気が温かい人が好き。
思わずこちらも微笑んでしまうようなね♪
今回ロパートキナを観て一番よかったなと思うのは、生でその笑顔を見られたこと。
踊りはもう私ごときが今さら何も言うことはないので、、とにかく観れば何か分かります。
(いつも最後はこの言葉になってしまうんだけど笑、好みですよね結局は)

コルスンツェフもDVDで観てたのとほぼ一緒で、(その人の踊りだから、そうそう変わるわけないしね^^;)
やっぱりそんなに上手くはないな~と思ったけど、
でも背は高いし、ちょっとマザコンで純粋な王子には合ってるし、
なんといっても、その一生懸命にサポートする姿は誰が観ても好感を持つと思う。
挨拶の時とかも、いつもロパートキナの半歩下がったところで控えめに佇んでるし。。
だからコルスンツェフのことは、そんなに上手くないとか言っちゃってますがなんかあんまし悪くも言いたくない!
って感じ。だってけなげで可愛いんだもん。

それと、
今回道化の方に、ブラボーの声と拍手が結構多かった感じでしたが、
基本的にこの役は、技巧的にものすごく上手い人が当てられるので、このくらいは踊れて普通かなと。
私はDVDの道化役であるアンドレイ・イワーノフがやっぱりいい。
どちらかというときっちり端正な感があるマリインスキーの白鳥の中で、道化くらいはちょっとはじけていたほうが面白いし。
グリゴーリー・ポポフもそこそこ安定した踊りをみせてたけど、
王子とは絶対かぶらないキャラだし、もっと存在感出しても良かったのになーと思った。

ロットバルトももう少しアクが欲しかった気がする。
あんまり印象に残ってないので。。

と、全体的にはそんな感じで。
・・・感想になってない笑?
書いたとおり色々あったのと、好きすぎて観すぎて、なんかあえて言うこともみつからないというか・・・
(多分自分の中で反芻しすぎた結果だと思う)
逆に、観られた方の色んな感想を読むほうが楽しみなんですよね~♪
(もしバレエが好きとかの理由でたまたま読んでいただいた方がいらしたら、なんの参考にもなってなくてすみません。。)


スポンサーサイト

マリインスキー・バレエ開幕
本日22日横浜を皮切りに、
私の今年最大のイベントであるマリインスキー・バレエ日本公演の幕が開きました!
5月の発表から待つこと半年。
ロパートキナが無事来てくれることだけを念じてましたが、やっとその日を迎えることが出来そうです。

なんですが・・おなじくロパートキナが大好きなバレエ仲間のマダム
(毒舌ぎみだけど素敵なお方で、ロパートキナのパートナーコルスンツェフを“害のない男”(笑)と言い放った経歴もあり)
に、「あら。幕が開くまで分からないわよーーーー」と脅され
(もうここまで来たら安心してもいいでしょ~~と思うけど、確かにおっしゃるとおり・・)
まさに幕が開く瞬間まで気が休まる気がしないわたくしです。。

公式ブログでは、お馴染みの王子の衣装を身に着けて指示を聞くコルスンツェフとか、リハーサルの様子がUPされ、
いやがおうにもテンションがあがってきます。
コルスンツェフは明日出番があるので早々に来日したみたいですけど、、
ロパートキナはいつ来るのかしら・・・・とりあえず成田に降り立った映像求む笑!
で、どうかインフルエンザになどかかりませんように、この一週間寒波など来ませんように。
って、ロシアのほうが日本より全然寒いから大丈夫か^^;
(てか自分も気をつけねば!!)

しかし、公演を目の前にして心残りなのは、
DVDで『白鳥・・』を何十回と観るうち、やっぱりゲルギエフの指揮だったらどんなによかったかということ。
この、ドストエフスキー的な(シャイニングともいおうか笑)濃ゆ~~すぎる風貌に、
どんな繊細な魂が宿っているのかと思うと・・・一度生でじっくり味わってみかったです。
(DVDでも結構楽しめますが、やっぱ生でしょう)
今回のマリインスキー祭りではsさんが観にいかれるというので、レポートを楽しみに待ちたいと思います♪

以下、私のお気に入りの『ゲルギー写真館』笑。
(すみません^^;ネット上で勝手に拾ってみました、、)

GERGIEV04[1]

GERGIEV03[1]GERGIEV01[1]GERGIEV02[1]



『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
6月のある日、突然飛び込んできたマイケル・ジャクソン(MJ)の訃報。
本当にびっくりした。
MJの代表曲が次々生まれた80年代は、私にとっても青春真っ只中だった。
(学生でもなくちゃんとした社会人でもなく、、芝居やダンスに明け暮れていた頃)
なんでヒットした曲はほぼ知ってるし(って知らない人のほうが貴重か)
特別ファンというわけではなかったけど、何故突然亡くなってしまったのか理由が知りたかった。
でもこういうスーパースターは理由以前にやっぱり夭折してしまう(そういうもの)のか、とも思ったり、
子供が生まれてからの奇行の数々や、整形を繰り返したことで崩れた顔など、
メディアが面白おかしく取り上げるせいかもしれないけど、
ああいうちょっと精神状態がおかしくなった果てに訪れた、必然的な死なのか・・とも。

そして、
死の数日前まで行われていたロンドンでのコンサート・リハーサルを収録した、ドキュメンタリー映画
THIS IS ITが公開された。
監督は、予定されてたロンドン公演での振付と演出を担当したケニー・オルテガ。
MJの長年の友人でもあるという。

で、私はそんなに過度な期待もしていなくて、
20世紀最大のスーパースターのひとりでありキング・オブ・ポップと呼ばれたMJの最後の姿を見ておきたい
くらいの気持ちで行ったのですが。。
観終わった後は(気持ち的に)立ち上がれなかったです。
私はいったい今まで何をしてきたのでしょう、ていうか、なんでMJをもっと観ておかなかったのか。
関心を向けなかったのか。
たぶん、曲はかっこいいんだけどそこまで好みじゃなかったからだろうな。
あとなんとなくイメージでMJってこんなだろう・・とわかってた気になってたのかもしれない。
本当にゴメンなさい。(誰に謝ってるのか汗)
一時期の、白塗りの顔に口裂け女みたいな真っ赤な口紅の顔を、お化けみたい・・と思ったりもしたし。

でもこの最後の映像で観たMJはそんな面影など全くなく、(aさんの言葉を借りれば)ほんと神がかっていて、
なにを今さら。だけど・・それは本物のアーティストの顔でした。
そしてなにより50歳のMJは、観客(ファン)に一ミリの失望もさせなかった。
すごいことです。
かっこよかったーーー。素敵な夢をありがとうマイケル!!


以下書き散らしですが、心に残った場面など。




Read More →


ジビエ~@AUX AMIS(ブラッスリーオザミ)
てなわけで(昨日からのつづき)、コンタクトがないと仕事にもならないので、
(歩くのはまだいいんだけど、片目だけ入れてPC見るとクラクラしちゃって1分ともたないのね。
で、裸眼だと画面まで10cm近く寄らないと見えないという、なかなか笑える絵図らなんだけど笑、
いつもの10倍は疲れる。。)
仕方なくお休みいただいて(うへへ♪)、雨の丸の内へ。

久々のオザミランチ。



0911ozami20001[1]まず、前菜。今日もキッシュは売り切れでした。
どうも12時前に行かないとありつけない気がしてきましたよ。
キッシュの代わりはパテ、スープはじゃがいものポタージュだったので、自家製ツナサラダを。
フレンチドレッシングも入ってるみたいなとこが、ブラッスリー風かな。胡椒もちょっときいてる。
ついてくるパン(白じゃなくて粉の香りがしておいしいの~)にのせて食べた。うまし。




メインは、
店に入った瞬間運んでるのが見えて、おお!これはおいしそう!と思った
新潟産メジマグロの網焼き・フレッシュトマトソースに決めたっ。
ら、タッチの差で売り切れた。。
(厚みといい、綺麗な焼目といい、その上にこんもり盛られたカットトマト・・
こんなのランチではなかなか出すとこないです)


0911ozami20004[1]なんで、北海道産エゾ鹿の煮込み
お初の“鹿”です。つーか鹿ってジビエに入るの??
クセはそんなにないですよーとのことだったけど、ほんの少しレバーっぽい香りがした(このくらいなら大丈夫)。
玉ねぎの入ったソースもおいしい。
これかなり赤ワイン飲みたくなりました。ランチなんでご飯がついてくるのもいいですね。

あ、そうそう食べてる途中で夏に観た名和晃平さんのエルクを思い出してしまいました。
思い出したくないのに~~なんで~笑、うわ~ん涙。



0911ozami20007[1]デザートは210円にて追加できます。
本日はチョコレートのタルト。
いつも思うけど、カット面がシャープで綺麗よねー。
なんか酸味があるなと思ったら、下にラズベリーソースがしいてありました。こういうとこも好き。
ちゃんと冷たくしてあるし、味もいうことないです。




雨の日は、前菜とコーヒーが両方ついて(普段はどちからひとつ)1,050円。
デザート頼んでも、1,260円ですよ~。煮詰まったコーヒー出てくることもないし・・
ほんとにCP良すぎです。夜の分を昼に還元してるのかなーとも思うけど(←まだしつこく言ってる笑)
素晴らしい企業努力ですよね。
今回も大満足でした。(fさん、今回はタバコの人はあまりいなかったです。女性が大半だったからかな)


で。その後『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を観てきました。
平日のまっ昼間しかも雨だというのに、大入り満員。
(レディースデイだからか、女性多し。サラリーマンもちらほら)
これが・・・思っていた数倍・・いや数十倍素晴らしくて。。わたし久々に打ちのめされました。
またゆっくり書きたいと思います。



秋の味覚~お芋と椎茸
ヒマです(爆)。

なんてね。実は先週の金曜くらいから、コンタクトがごろごろするなーと思ってて、
そのうち直るかなと放っておいて駅伝出たり、レッスンに行ったりしてたら、
どんどん痛くなってきたので、やっと昨日目医者に行ったら、どうやら黒目に傷がついてるらしい。
とにかくコンタクトはつけちゃダメ。悪くなると目を取る(へ?目玉を??ひえー)ことにもなりかねないからね~~
と脅されて、しぶしぶ裸眼になったはいいけど、、持ってる眼鏡は20年前に買ったやつで
(丸井のローンで買ったカルバンクライン笑、フチもおされとは言いがたい変な青色だし)
外になんて恥ずかしくて掛けていけない。さて困った・・。
で、
やっと給付金がもらえて(って自分の手続きが遅いだけだけど)何買おうかなー♪と思ってたとこでもあったので、
やっぱそろそろ買えってこと?とか思って・・・20年ぶりに新調しました眼鏡。
明日には出来上がってくるのだけど、フレームが記憶形状合金とかいうやつですごい軽いので
結構楽しみだったりして。
ソフトコンタクトヘビーユーザーだけど、長く使い続けるには少し目を休ませる時間も必要ですよね。
1日中PCを眺めて酷使してるわけだし。(せめて帰宅したらすぐに外すとか)
ほんと、年取るにつれて目と歯のメンテナンスは大事だよなーとつくづく思いましたよ。

だってね、風邪引かないように!足とか怪我しないよーに!とか気をつけてきたけど、
コンタクトが着けれないだけで、バレエのレッスンが出来ないんなんてーーぬおおおーー。
灯台下暗しじゃないけど、こんな肝心なことに気が回ってなかったなんて。。
眼鏡じゃとても踊れないし涙。とほほ・・です。
でもレッスンに行けないなら、それなりにやることはいっぱいある(たまってるとも言う笑)のに、
なんか自分のアホさ加減に、放心状態のわたくし。

でもまあすぐに直らないものは直らないんで!!(開き直り)
少し前に神戸のmさんから送っていただいた、素晴らしく立派なお芋(金時さつまいも)をほくほくと食べて、秋満喫中♪

0911omimo01[1]

とりあえずカットして、蒸篭で一気に蒸してみました。
(これだと結構早い)
半分は、みそ汁やクリームシチューに入れたりして、、
でもなんといっても一番おいしいのはこれ。

0911oimo02[1]

蒸したのをさらに網で香ばしく焼いて、少々のオリーブオイルと自然塩でいただきます。
甘みが増すのと、ちょっとねっとりする食感がたまりません。(金時ってそういう種なのかな)
あと、育てていらっしゃるとこの土が(温泉の影響か)ミネラルが多いのかもとか、
もちろん気候とかも関係するだろうし、なんでこんなにおいしく出来るのかなー。
さつまいもの天ぷらとかも好きなので、このお芋だったらばっちりな感じ。
ほんと、たくさんありがとうございました!おいしくいただいてますっ。

それと、
近所の八百屋に、やっと待ちに待った絶品椎茸が並びました!
一昨年くらいに初めて食べて、焼くとナッツのような香りがするのと味が濃いというか本当においしいので、
毎年楽しみにしているのです。
こちらも網でこんがり焼きながら途中オリーブオイルをたらりとかけて、最後は塩のみ。
これだけで十分なので、へたにレモンとかもかけず。
ただ今年は目印であるシールが貼られてなかったので、もしかしたらいつもの生産者さんのではないかもしれない。
(食べたら、あの感動の味とちょっと違ってるような)
まあ普通においしいからいいんだけど、なんでこんなにも味が違うのかが不思議。
一番差が激しく分かるものの代表としてトマトがそうだと思うけど、本気でおいしい野菜を食べると、
作物ってほんとに奥が深いと思ってしまう。
(肉はだいたい値段相応というか見た目でもおいしさが分かりやすいじゃないですか、サシが綺麗に入ってるとか)

shiitakepasta[1]

その絶品椎茸が手に入った時に作るパスタ。
基本のペペロンチーノに、上と同じように網で焼いた椎茸を絡めて(水が出るので一緒に炒めない)
おろしたパルミジャーノチーズをたっぷりかけるだけ。
シンプルだけど、めっぽううまい。(椎茸がおいしいことが絶対条件だけど)

で、おいしい椎茸の見分け方だけど、
この近所のものに関していえば、「原木、1個がかなりデカイ、肉厚である、形が揃っていない」
・・・と、かなりどこにでもある感じ^^;;
やっぱ難しいですね~野菜は。食べてみなくちゃ分からないってのがほんとのとこかも。
でもこれは!!というのに出会ったら、私は同じ生産者から買いつづける。
だいたいハズレないから、やっぱりその味はまぐれではなくて、何か秘密というかちゃんとした理由があるんだろうな。
いつかそれを知りたい。



| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。