スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『眠れる森の美女』@マリインスキー・バレエ
091204mariin[1]

2009年12月4日(金) 18:30~22:10
『眠れる森の美女』
プロローグとアポテオーズ付き全3幕


オーロラ姫 : アリーナ・ソーモワ
デジレ王子 : レオニード・サラファーノフ
~キャスト表




12月11日のガラをもって、2009年『マリインスキー・バレエ』は終了してしまいました。
最後は行けなかったけど、これでロパートキナを初めとするダンサー達はロシアへ帰ってしまったのね・・
と思うとやっぱりさみしい~。
半年以上前から楽しみにしていたので、これをもって私の2009年度も終了。みたいな感じです。
(あとは、年末ギリギリまで稽古して来年のポワント計画につなげると。。)


で『白鳥・・』は席の失敗でほぼ惨敗に近かったのですが、なんとその後リベンジの機会が!!
バレエ仲間のマダムが(ちょっと体調悪かったこともあるみたいだけど)私のあまりの落胆ぶりを見て、
自分が行くはずだった眠りの招待席チケットを譲ってくれましたのです・・・
まじで有り難すぎてなんて言ったらよいのやら、人の優しさって泣けますね。。


なわけで、『眠れる森の美女』(UP遅すぎ!)
もちろん生は初ですがDVDで鑑賞済みのオペラ座との比較もできるし、めちゃ楽しみーーーと行ってまいりました。
例によってバレエ鑑賞というものに慣れていないため、またまたかなり思いついたままの感想を^^;
そうそう国内でやってるバレエをほどんど鑑賞している方のブログなどを読むと、
書いてるご本人はバレエをやられていない感じなのに、フェッテがどうとか、“パ(ステップ)”を完璧に覚えていて、
そのへんもきっちり書いているのには本当に感心します。
私も一応ほとんどの動きは見たことがあったりはするのですが、
2年近くやっても咄嗟に名前が出てこないのがたくさんあります汗。(それもどうかと思うけど笑)
コアなバレエファンってすごすぎ。




まずは、若手の注目株ソーモワ
彼女はマリインスキー史上初の18歳で白鳥の主役に抜擢されたという経歴の持ち主。
どんな踊りをするのだろうと楽しみでした。
第一印象は、うわ~若い~~でした。細胞のひとつひとつがみずみずしい感じ。
なんでピンクが最強に似合う笑!
(年取ると女性はますますピンクが好きになる説・・ってのがあるけど、やっぱピンクは若い人よねぇ。。ああ切ない笑)
メイクのせいもあるけど写真で見るよりずっと綺麗で可愛かったです。
舞台ばえするし踊りも悪くなかったと思うけど、まだこれからの人ですよねきっと。
可愛いからいいんだけど、踊ったあとの歓喜の表情が多いというか同じに見えたので、
色んな感情を出せるようになったら、もっと素敵になるのでは。。と思いました。
あと1点、ピルエットの時の首の回し方がちょっと変だった・・。


dance201001[1]

そしてなんといっても楽しみだったのが、これまた今後マリインスキーをしょって立つひとりであろう
サラファーノフ
今月のダンスマガジンの表紙にもなってるし、まさに旬な男っ。
出てきた瞬間おぉ~と。お、、、お尻がすてきっ笑!!
あまり大きくない方なので、その分お尻がほんと小さくて形が綺麗。(バレエダンサーの尻はだいたい美しいですけどね)
顔はすごいイケメンってわけじゃないけど、微笑んだ顔に気品があるのと、口元が綺麗!
王子然とした態度も好ましいし、コルスンツェフを0%とした場合笑、サラファーノフはオレ様度も30%くらい感じられて、
いいいいじゃないの~~~~♪
(ソーモワをサポートしながらも、自分の立ち居地もちゃんとわかっている感じだった)
踊りも軽さがあって申し分なく。
ただDVDで観たルグリ様(これでファンになった)があまりに素晴らしくて衝撃的だったので、比べるとどうしてもね。。
でもお得意のジャンプとか、サラファーノフらしさが出るような役でまた観てみたいと思いました。
が、この方ノーブルな雰囲気そのままと思いきや!!
ブログにUPされていた(最終日の様子)豹変ぶりが、なかなか見ものです。変顔も素敵だわ。。笑
しかも童顔系なのですごく若いのかと思ったら、20代後半なんですね。結構苦労もされてる模様。
ついでに。
頭が大きいというかデコが広く見えるのは、あの森田健作ばりの髪型のせいなんでないかと笑。
(今回は王子風?ということで特別なのかしら・・謎だわ)
この写真の髪型のほうが全然いいのに~~~あの7:3分けはぜひともやめて欲しい~笑。


あと印象に残ったのが、
リラの精のエカテリーナ・コンダウーロワ
エキゾチックな美人で踊りもうまいし、結構色んな役出来そう。
ヤナ・セーリナは白鳥でもいい役だったし、名前をよく見るのでちょっと注目してみた。
今回は当日役柄変更にて、白い猫。
確かにエカテリーナ同様、目を惹く美人さん(どちらも可愛いというより、大人っぽい感じ)。
で、他の人と比べて足の甲がすごく綺麗だった。
それと印象に残ったというより今ひとつだったのが、
青い鳥のマクシム・ジュージンとフロリナ王女のダリア・ヴァスネツォーワ。
どちらも上手いから抜擢されてるのだろうけど、この役って、主役の次くらいに華があってしかるべきと思うけど・・
ダリア・ヴァスネツォーワは、確か白鳥では“2羽の白鳥”演じてたのかな、
失礼ながら最初観た時、あれ?男子?!と思ったほどかなり個性的なお顔立ちだし^^;;
青い鳥の人もそこそこ踊れてたけど、最後のキメのポーズ(床にかがむ)でぐらついてたし^^;
そういうのはある程度仕方ないけど、やっぱ華がなあ。。
だって、この2人の出番のあとすぐ主役ペアが出てくる場面があって、
出てきた瞬間ふわっと明るく華やかに、空気がいっぺんに変わったもの。
やっぱ主役はこうでなくちゃ。ってこともあるけど、脇役も脇役なりに輝いてこそ舞台だし。
ちょっと残念だった。

あと、全体的には
DVDのオペラ座観た時は、こんな絢爛豪華なバレエ初めてーーと思ったけど、
マリインスキーのはそうでもなかった笑。
色とりどりの衣装とか、それなりに華やかだったけど、なんだろう。箱自体の作りの問題もあるのかな。
オーロラ姫とその周りの人間が眠らされてた部屋も、なんだか狭い感じで、皆横一列に並んでたのが妙な違和感(笑)。
まあ箱が、「オペラ座」対「東京文化会館」じゃ比べるほうが酷だわね笑。


というわけで前回と同じブロック席だったとはいえ、左端の見切れもなく、いい気分で鑑賞することが出来ました^^
やっぱ全部見えるって最高です!!!
(3Fバルコニーでも15番以降~であれば悪くはなさそうです、遠いのは遠いけど)
来年、ボリショイとの合同公演も予定されているそうなので、
どうかまたロパートキナが日本に来てくれますように。




スポンサーサイト

水炊き最高♪@華味鳥
数年前から冬鍋の定番となっている、博多・華味鳥さんのスープを使った水炊き。
先日、友人宅にて(うまいから~ぜひ~と半分強行にて)ふるまいましたところ、ご好評をいただきましたので、
ちょっくらご紹介をば。^^(詳細は友人宅ことMさん、&yさんのブログにて)

レトルトパックに入った鍋の素って便利だけど、いかにも加工品、インスタント的な味が強いものもありますよね。
でもこの華味鳥さんの水炊きスープは、シンプルなのに深い味わいというんですか、
ほんと、家でもちゃんとおいしい水炊きが出来るのです。
コラーゲンもたっぷりでヘルシーなのも、特に妙齢の女子にはぴったりかと笑。
(良質のたんぱく質も取れるので翌日の肌つやも良い感じ♪)
で、単にこのスープに材料をぶち込んでもいいんですけど、もう若干コクがあったほういいかなと思うので、
私は、具材を色々入れる前に、骨付きの鶏と白菜の芯だけを入れて火をかけておきます。
そうするとさらにいいダシが出て、おいしさがもうひとランクアップする気がします。
スープがたっぷりしみた鶏や野菜はさっぱりとポン酢で食べて、最後はそのサラとろのスープにて雑炊をするのが最高です!!
てか、水炊きの楽しみの半分以上がこの雑炊を食べたいがため。かも。
※これについて以前書いたエントリはこちら

09120520011[1]

スーパーやデパートに食品売り場に置いてあるところもあるけど、探すと案外なかったりもするので、、
華味鳥さんの通販ショップでも買えるようです。




おまけ。【麗しのおにぎり(本名・しろ)さま】
以前から会いたい会いたい・・・そのふわふわの腹を撫でさせておくれ~~~
と言い続けていたら、やっとお目にかかれました。Mさん家のご子息にあらせられます笑。

09120520004[1]

カメラのピントを合わせようとしたらちょっと光っちゃったみたいで、眩しそうな顔ですが、
この目がなんとも可愛いのよねーー。あどけなくて。
そして噂に聞いていたとおり、何事にも動じない性格や、賢そうなちょっと哲学的な顔をしたかと思えば、
子供のように無邪気というか(人が)何をしてもされるがままほげ~としてるとことか、も~かわゆし~。
やっぱり、よく言われるように動物って元々の性格+飼い主の性格に似るところもあるんだろうなあ。。
以前家で飼ってたソマリの雌猫は、小さい頃からびっくり屋だったけど、
(一度なんて、私が覗きこんだ瞬間にたまたま何かに驚いて思い切り飛び上がったことがあって、
顔直撃されて鼻が折れそうになったこともあった・・)
年を重ねるごとにどんどん神経質になってしまったのも、私が悪かったこともあるんだろうなと。
かわいそうなことしちゃたなーーと。。
おにぎりさん見ていて、その猫のことを思い出してしまいました涙。

おにぎりさん、いつまでも元気で長生きしてね。

09120520005[1]

この寝姿が特に好きだわーと思って、よく見たらこんな寝方してたんだ・・・
自分の足を抱きまくらのようにして、頭をすっぽり入れて腕と・・おまけにしっぽも巻きつけてますね^^ゲイジュツ的笑。
ほんと、かわゆし~。





| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。