スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHICAGO@赤坂ACTシアター
1006_chigago.jpg


とうとう観てしまいました。。『CHICAGO』日本語版


初回の米倉×和央の時も気にならなかったわけじゃないけど、
わざわざ高いチケット買って、ああやっぱり来なきゃよかったと思うのがイヤで笑。
しかし2回目となる今回はたまたまあるサイトで破格チケットをGETしたのと、
ヴェルマ役がブロードウェイキャストのアムラ フェイ・ライトというので決めました。
(ブロードウェイでは6、7回くらい観ていますが、アムラも見たことある顔だなとは思ったけどおそらく舞台は未見)

で、観終わった結論からいうと、
(私なりに理解している)CHICAGOという作品の素晴らしさが半分も伝わってきませんでした。ううう泣。

私だって本当にフォッシーが表現したかったこと、その美学を完全に理解してるかと言われれば自信はないけれど、
何度考えても、うーーんこれではちょっと・・次回も観たい!とは思えません。
フォッシーはこの世にいないし、フォッシーの愛弟子と呼ばれるダンサー達もお歳を召されて、
もうこの時代、完璧なCHICAGOは観られないのかなという気もするけど、
それならば映画版のようになるだけフォッシーの意図に忠実に従った作品にするとか
(監督のロブマーシャルもそのような発言をされてるし、私もフォッシーの作品として違和感がほとんどない。
まあダンスはさすがに映画バージョンだったりとか、構成上色々仕方がないことはありますが)
あるいはもっとこれぞ日本語版!というような作りにするとか、、。
とにかく今回の日本語版はなんだか全てが中途半端な印象でした。

フォッシーが作る世界はクールでセクシーで、とにかく格好いい!!!
体の線を強調した黒ずくめの衣装、山高帽や編みタイツ・・そしてあの独特の振り付け。
どれもゾクゾクするくらい素敵で、一度観たら忘れられないような強烈な個性。唯一無二。
それがフォッシー・スタイル。
でもこれらの格好良さだけを真似してなぞるだけじゃ、全く意味がないと思うのです。
日本語版はまさにこれに陥っているような気がして、一生懸命作ってるのは分るのだけど。。
やっぱりフォッシー作品は難しいんです。(と再認識)
一見あの格好良さ(歌も含めて)だけで舞台が成り立つんじゃないかと錯覚するけど、
そんな簡単なものじゃなく、裏に、根底に流れている
アイロニー、知性、エレガンス、人間への深い洞察、そして人生への対し方、世界をどう解釈するかまでもが、
作品の中に織り込まれているからこそ感動するのだし、だから格好いいんです。
私はフォッシーの作品から、美しさとはせつなさとは、人間とは?そして本当の格好良さとは何か。
たくさんことを、教えてもらいました。

なもので、一番寂しかったのは、
先日観た『Dreamgirls』でうわ~~っていうカーテンコールの盛り上がりを体感したばかりというのもあって、
自分も含めた客席の熱気が最初と最後であまりにも変わってないように感じられて、
それがとてもとても残念でした。(つーかもう、帰りは落ち込んじゃったくらい・・・)


以下米倉ファンの方は読まないでください^^;;



Read More →

スポンサーサイト

外人さんの器
先日、近所のスーパーで陶芸の催しをやっておりまして、
買い物して帰ろうかと思ったときに、ふとピンクの挿し色がある器が目に入りました。

お、なんか珍しい色・・と思って、
つかつかと近寄り、手に取って見ました。

1006_utsuwa02.jpg

ほ~。ちょうどこのくらいの深さがある器が欲しかったし、アジア系の麺類にとっても合いそう。
ピンクの器って一個も持ってないしな~、このなんとも淡く控えめなピンクが良し・・
と思いながらくるっと回したら、

1006_utsuwa03.jpg

うわわっ・・
猫!! >_<

キターーーそうきましたか笑!!
何故猫なんだ・・・猫は好きだけど・・何故ここに猫??
いや~困ったどうしよう。。としばし考えつつ他を見ると、


1006_utsuwa01.jpg

あら、こちらもいい色。
タイの器にもよく使われる、この緑色好きなんです。

2つを両手に持って、うう~~ん。。。と悩んでいたら、
外人の女の人がニコニコしながら近寄ってきました。
話を聞くと、どうやらこの2つとも彼女の作品のようで、
しかも最終日なので、気に入ってもらえたらのなら両方買って欲しいと言います。
それでも私がうう~~ん。。。と唸っていると、
各500円のところ、2つで800円でいいと言います。
それでも返事をしなかったら、じゃあ700円で・・と。

ごめんなさいっ~
考えてたのは値段じゃなくて、の絵のほうだったのだけど^^;
彼女の真摯な雰囲気とやっぱりこの優しい色が気に入ったので、買わせていただきました。
「私は陶芸が好きなので頑張って勉強しています♪」って、すごく喜んでくれて、
「綺麗なピンクですよね」と言うと、さらに嬉しそうな顔で「はい、ピンクが好きなんです!」って。
その顔を見たら、でもでも猫はいらないんでは・・とは言えませんでした。

言ってあげたほうがいいのかな(買う立場の意見として)、ほんのちょっと思いましたが、
いや、やはり創作というのは基本その人が創りたいものを作る。てことだから、
きっと彼女が猫はいらないって気付いた時に、人が言わなくてもたぶんそうするだろうし。
でも、こういう絵が入った器が好きって人もいるのだから、、
私がとやかく言うこともないですね、すみません。ってことで。
(器自体は思ったとおり、どちらもアジア麺・飯全般にしっくりくるので買ってよかった)


1006_utsuwa04.jpg

これは、別の方の作品。
(おばさま方がいっぱいいらっしゃったので、たぶんおばさまの笑)
ちょっと高さがありかつ皿の部分は浅いので、刺身とか和のものをちょこんとのせたらいい感じ。
色はサンドベージュ(砂漠色)で、こちらもなかなか素敵な色。

素人さんの作品だから、作家モノのように研ぎ澄まされてはいないけど、
でも、こんな風に色が好みで温かみが感じられる器があると、普段使いにはほーんといいのです。
たまーに、めちゃくちゃ好み!って作家モノに合ったりするけど、
それこそ1枚買うのが精一杯って値段だったりして、
でもどうしても欲しかったら買っちゃいそうだけど、酔っ払って洗い物なんて絶対出来ないだろうし笑。
所詮割れるものだから、こんな感じがほど良いのです。


しかし器の写真ってほんと難しいですねー。
色も実際と微妙に違うし、真ん中の緑のは実物はもっと丸みがあるのだけど・・。
四方八方から撮らないとうまく伝わらない感じがする。
器を上手く撮れるようになったら、写真のセンスあるかも?と自画自賛していいかもですね笑。




Dreamgirls@渋谷東急Bunkamura
先週、ミュージカル『ドリームガールズ』を観てまいりました。
残り1日、明日千秋楽になってしまいましたが^^;遅ればせながら鑑賞記UPです。。


来日が決定した時nさんが行きませんか~と声を掛けてくれたのだけど、
実は、当初は観ようかどうしようか迷っていました。
20年前、観たかった気持ちを果たせなかったこと、でまさか再演があるとは考えてもなく、
まさかまさかNYで上演した後日本に来るとは考えてなかったし。
今さらオリジナルじゃないものを観てもどうなんだろう・・とか
吉田都さんのバレエのチケットも買っちゃったばかりだし・・とか、
ぐるぐるぐる色んなことを考えているうちに、チケットを買いそびれてしまいました。。

でも、やっぱりこの作品の音楽がとても好きなので
いよいよ開幕!って時になると、このまま観ずに終わっていいのか?とウズウズが止らなくなって、
ネットでチケット探したりしていたら、Mさんから「(友人がスタッフで来日しているので)観に行きませんか~」と
絶妙のタイミングでお声が掛かりました。
これこそまさに、鶴の一声笑!しかも当日行ったら、これまたまさかまさかのご招待席で、二度びっくり!!
幸せすぎて怖いくらいです笑・・。
しかし迷った私はアホでした、もちろんオリジナルの歌を聴いてこの作品を観たい!と思ったのは事実だけど、
それにこだわる必要は全然なかった、ってくらいのクォリティでした。

今この時に観れたことに感謝。Mさんに感謝。



1005dg01.jpg

『ドリームガールズ』はすでに85年にクローズしてしまっていたけど、
同じくマイケル・ベネット作の『コーラスライン』を観ようと、1990年にNY初上陸を果たした私。
しかし・・それも行く2週間前に(クローズが決まってからもかなり延長されていた)終わってしまい泣。。
でもその時劇場街で偶然入ったショップで、手にしているオリジナルポスターを見つけたのです。
以来引越しの度に折れたりしないよう、大事に持っていた甲斐がありました。

こんな日が来るなんてね~。人生何があるか分りませんね。


Read More →


| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。