スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHIBUYA bed
yさんに連れられて、
渋谷の隠れ家的バーbedに行ってきました。
バーといっても、おいしいものを食べさせてくれるレストランでもあり
ただしメニューはないので、要望を伝えつつおまかせ。
お酒は、ワインに精通しておられるバーテンダー・宮地氏セレクトのものをいただけるという。

なんか楽しそう!と思いながらも自分には敷居が高そう。
おされなバーなんて、(自腹で)何年も行ってませんことよ笑。
てなわけで。いつものごとくyさんにまる投げ~。。お世話になります^^;

とても素敵なお店でしたので、忘れないうちに、備忘録を。
(エレガントな宮地氏と、お話するとほっとする癒し系シェフ・太郎さん。
お二人の二人三脚でやっておられます)


1012_bed01.jpg
1012_bed02.jpg

全席カウンターですが、ゆったりしていて寛げます。
さりげなく会話をはさむお二人(オープンキッチンなのでシェフも目の前)に
ワインのこと料理のことを聞きながらのお食事。

シャンパーニュのあてに、
サーモン、セミドライトマト、ラディッシュ、柿のピクルスの小皿。
このシャンパーニュは、これまで造り手が大手には卸してこなかったものそうで、
小規模の造り手さんのシャンパーニュってなかなか飲む機会もないし、新鮮。
しかし、モノホンはうまいな笑。(泡飲むっていたら、最近ほぼカヴァだしなー)



1012_bed03.jpg

フォカッチャ生地の自家製パン。
イチジク、レーズン入りなど色々バリエーションがあり、
お皿が空になると次々足してくれるので、炭水化物ラバーとしては、
わんこ蕎麦のように食べてしまいます・・。

1012_bed04.jpg

というのも、、みんな
このバターのせい笑!

ほのかに見える黒い粒々はなんとトリュフ♪むふ。
バターの程よい塩気とトリュフの香りが~~むは~しあわせ。


1012_bed05.jpg

1杯目の赤。ラングドック・ルーション産。
リーデルの大きなグラスで。やっぱ香りが良くわかりますねー。(欲しいっ笑)
アロマっぽいような、とっても穏やかな香りでしかも飲みやすい。

1012_bed08.jpg1012_bed06.jpg

1杯目は、シャトー・デ・トゥール
ローヌ産。

こちらは先ほどのとは全然違って、プラムのような果実の凝縮した甘く華やかな香り。
・・どちらかというとこっちが好き笑。もともとローヌのワインが好きなんです。


1012_bed07.jpg
1012_bed09.jpg

合わせたお料理は二種。

上は、霞ヶ浦産の鶏をルクル鍋で野菜と一緒に蒸し煮にしたもの。
茨城だと久慈の鶏が全国的に有名ですが、霞ヶ浦にもいいのがいたんですね笑。
わりと地元から近いので、日常買えたらいいなあこれ。
野菜は、青大根(ま緑色)と、芽キャベツみたいなのがおいしかったですかね。
スープを吸うのがいいのかも。

パスタは、丹波の猪とプルロット(フランスの平茸)を使ったもの。
猪は頬にかけての脂ののった部位を使っているそう。
プルロットも日本の平茸と違って、キュっとした弾力と香りも良くておいしい!
猪の脂が思ったほどくどくなかったせいか、濃厚な旨みだけが印象に残って・・
本日の一番はこれでした♪
パスタは家でもよく作るので、最近はパスタランチのような家でも作れそうな(笑)ものは
外で食べなくなりましたが、こういうザ・プロのパスタは食べる価値が十二分にあるなと
思いました。
(真似したいけど、おいそれとは出来ないってやつ)

1012_bed10.jpg

デザートは、ガトーショコラ。
今まで食べた中では、濃厚さは中くらい舌触りがなめらかで軽いタイプ。


お料理もワインもおいしかった。
渋谷の喧騒から壁ひとつ隔てた空間がなんだか落ち着けて、居心地がよかったな~。

------------------------------------------------------------------------------------

そして、ありがたややまがた笑
お土産までいただいちゃいました♪


1012_bed13.jpg

yさんから、山形の名産品。
原材料は、米麹、芥子、麻の実、生絞り醤油、三温糖とあります。
ご飯にのせて食べたら、やばかったです・・・
米麹の調味料ってお初でしたが、おいしいです。
甘くて辛くて、麻の実がいい感じにきいてます。
なんだろ。もろみに似てますね、もろみ大好きなんで。。


1012_bed11.jpg1012_bed12.jpg

(表)と(裏)

これは、ご一緒したNY帰りのMさんより♪
トレジョのエコバック、久々にキターーーと思ったのがこれ。
今までも布のやつとか可愛いなと思ったことがあったけど、でもトレジョって西海岸だしなー笑。
と買うまでには至らず。
しかし、これは!!NY好きとしてはツボ以外のなにものでもありません。
なんとしてでも手にいれねば笑。

そんなんで、何かと忙しいMさんに(申し訳ない^^;)頼んでお土産にしていただきました。
ほんとにどうもありがとう~♪
でも、重いもの入れたら切れそうで使えないね。。どうしましょ笑。


スポンサーサイト

ゲルギエフ指揮・ロンドン交響楽団コンサートへ
1011_Gergiev.jpg

行ってきました。
今年最後の一大イベントです。

思えば、Twitterで友人との会話中、
もしマーラーの5番をゲルギー(ワレリー・ゲルギエフ)が振ることがあるなら私絶対行く!!
と会話したことが始まり。
その時は「ま、いつか日本でそんな機会があったらよいわな」くらいだったのですが、
まさか数週間後言ったとおりの展開になるとは、夢にも思わず。しかも年内って!
ちょうどロシアガラのスペシャルチケットを買ったばかりで、
一秒程うわどうしようっと思ったけど、絶対行くと言った手前(笑)これはなんとしても行かねばなりません。
・・なんて、多分宣言してもしなくても行ったでしょうけど^^;

マーラーの5番4楽章は、映画『ベニスに死す』をなにより愛する私にとって
非常に思い入れがある曲、というよりか4楽章アダージェットはこの映画そのものですから、
くわえてゲルギーが振るとなれば、あんたこれ行かないでいつ行くの?って話です。

しかも(いちおう・・)1年間一生懸命働いてきた自分へのご褒美として♪
大好きなアダージェットを生で聴く。
なんという幸せ。

**2010年11月28日(日)文京シビックホール

シベリウス / ヴァイオリン協奏曲
指揮 ワレリー・ゲルギエフ
ヴァイオリン 諏訪内 晶子

前半は、諏訪内さんのヴァイオリン。
名前を聞いたことがある程度で、シベリウスにいたっては・・だれ?という感じでしたが笑、
でも元々ヴァイオリンの音色は好きなのでそれなりに楽しんで聴きました。
ただ初心者には曲が難解すぎて?(綺麗なんだけどどう解釈してよいやら)
ちょっと睡魔が襲ってきたりなんかして汗。
でもヴァイオリンって不思議な楽器ですよねー。
あの高音、ほんと一ミリ間違えたら背筋がぞわっとしそうなんだけど、
そのぎりぎりのところに至福の音色があるというのが、なんとも面白い。

マーラー/交響曲第5番
指揮 ワレリー・ゲルギエフ
管弦楽 ロンドン交響楽団

楽章ごとに感想を述べられるほど耳が肥えてるわけじゃないのでやめますが笑、
ゲルギーのマーラー5番は想像していたよりずっと叙情的でした。
(生ってのもあると思うけど)
私がずっと耳にしてきた映画なり、カラヤンのCDにしても、
非常にフラットで感情を表に出していない分、逆にこちらの感情を掻き立てるものがあったりしたのですが、
ゲルギーはもう少し感情を出しつつ、でも抑えるところはぐっと抑えて。
なんとなくですが、
クラシックコンサートを初めて生で観て指揮者がどういう意図を持って楽曲を指揮しているのかが
分った気がします。
(聴く前はゲルギーというと爆演かつ速い、などの固定イメージを持っていた)

で待ちに待ったアダージェット。イントロに入った瞬間涙がぽろりこぼれました。
この入りがなんともいいんですよね。
気がついたらどんな隙間にもいつの間にか入りこんでいる砂のような・・
一音一音聞き逃さないよう、全身の細胞に音を染み渡らせるような気持ちで聴きました。
てか、生ってすごいと思ったのはそんなこと思わなくても自然に染みてくるんですね。
音が生きているというか波動というのか。素晴らしかった。

私はどうしても映画の映像とリンクしてしまうのですが、

遠浅のキラキラとした波間が続くベニスの海岸。
そこに立つギリシャ彫刻のような少年の影。
少年の中に追い求めてきた真実の美を見て恋焦がれた末、
その美を前に死にゆく老人。
(老人の名はグスタフ。原作では作家だが映画では作曲家。
ヴィスコンティは明らかにマーラーを意識していると思われる)
人生は全て白昼夢で、こんな風にけだるく晴れでも曇りでもない光の中で、
静かに波間に消えていく。


なので一番注目(耳)したのは、最後の最後。
CDとかでも本当に消え入るような終り方をするのですが、
ゲルギー版は、さらにしつこく(笑)長~い長い余韻を持たせていたのが印象的でした。
(こういうのが生の醍醐味かもしれませんが)

と、ほぼ4楽章目当てでしたが、
5楽章で4楽章と似てる旋律があるのはなんでなのかな?という疑問も残り。。
しかも似てるんだけど5楽章は圧倒的に明るいんですよ。
何か意味があるんですよね、きっと。
でも1~3楽章まではあまりつながりがあるように感じられなく・・
うむ~。(まあクラシックはぱっと聴いてぱっと分るもんでもないか)

でもゲルギーをあんな近くで拝めて笑、最高でした。
マリインスキーバレエのDVDで何度も観ているとおり、
幕間に見せる、口角上げた独特のにっこりスマイル♪も健在。
頭の位置がほとんど変わらず水平にすっーーと歩く後姿も好きで・・
あの野獣な風貌(笑)と裏腹にすんごく綺麗なんです。
(指揮者って手も表情があって素敵だけど、姿勢もいいんですかね)
それもじっくり見れたので、ほんと思い残すことはなにもございません笑。

ご一緒していただいたsさん、nさん。ありがとうございました~^^


| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。